English Español 韓国語
  • ヤシエル・プイグが東京日野リーグに野球指導

    2019.12.15 11:14 Sunday

     メジャーリーグベースボール ジャパン(代表:川上 紗実、所在地:東京都港区)は、小学4年生・5年生を対象とした少年野球の全国大会「AIGプレゼンツ MLB Cup 2019」の優勝チームである東京都の東京日野リーグの選手14名を招待し、現役MLBプレイヤー ヤシエル・プイグ選手によるベースボールクリニックを2019年12月14日(土)、明治神宮外苑 室内球技場にて開催しました。

     今年7月に開催された「MLB Cup 2019」で全国174 チームの頂点に輝いた東京都の東京日野リーグの子どもたちは、MLBプレイヤーの登場に大きな盛り上がりを見せました。プイグ選手は、子どもたちの中に飛び込み、細かなアドバイスをひとりひとりに送るなど、熱心なバッティング指導を行ったほか、「コーチの指導をよく聞いて、日々の練習・努力を続けていけば、必ず素晴らしい選手になれる」と、野球に対する熱い想いを伝えました。終了後には、子どもたちとの記念撮影やサインのリクエストにも気さくに応じ、その明るい人柄にも子どもたちは魅了されていました。

     最後に記念撮影を終えたプイグ選手は、「今回このように、子どもたちと直接触れ合う機会を貰えたことをとてもうれしく思う。アメリカでもこうした大会があるので、いつか日本のチャンピオンと戦う日が来たら素晴らしいのではないか」と、今回の野球教室の感想を語りました。



    ゲストプロフィール:ヤシエル・プイグ(Yasiel Puig)

     1990年12月7日生まれ。強肩で知られるキューバ出身の外野手。2012年6月、前田健太投手も所属するロサンゼルス・ドジャースにドラフト外で入団。2014年にはMLBオールスターゲームに選出されたほか、日本で開催された日米野球のために来日を果たしている。ドジャースでの6年間のプレーを経て、2018年12月にシンシナティ・レッズへのトレード移籍が決定。その後2019年7月にクリーブランド・インディアンスへのトレード移籍が決まり、インディアンスの一員としてシーズンを終え、現在はFA。

    MLB Cupについて

     AIGプレゼンツMLB Cupは、次世代を担う野球少年・少女に夢を与え、野球人口拡大に繋がる普及プログラムを創ることを目的に、メジャーリーグベースボール ジャパンが日本リトルリーグ協会の協力のもと2016年に創設した、小学4年生・5年生を対象としたトーナメントです。4回目を迎えた2019年は、全国174 チームが参加し、東京都の東京日野リーグが優勝を果たしました。

  • 軟式の日本一決まる

    2019.12.9 10:29 Monday

     日本最大の軟式野球オープン大会「MLB ドリームカップ 2019 supported by XEBIO Group」の決勝戦が現地12月7日(土)にサンディエゴ、ペトコパークで行われた。タイブレーク形式に突入した8回に試合を制したのは新潟ブロック代表の小千谷名球会だった。

     小雨の中始まった決勝戦は、2回にSouth Beansが1点先制、5回に小千谷名球会が1点取り返し、試合時間2時間を超えた時点でスコア1-1の同点で7回が終了。小千谷名球会は得点に繋がりそうな飛田野のフェンス際レフトフライを2連続で放ったが、5回まで1安打で抑えられていた。しかし、タイブレーク形式(一死満塁)でスタートした8回表のトップバッター井上のランナー一掃のタイムリースリーベースヒットで4-1となった。3点差を埋めなければいけないSouth Beansは、同じ一死満塁の条件で、監督兼選手を務める面手を代打で出すが、おしくもライトフライ。ツーアウトから、打席に立った村田が同点に戻すかと思われる外野手の頭上を越える長打が放つが、ワンバウンドスタンド入りのエンタイトルツーベースで2得点。残りのランナーは2塁・3塁ストップとなった。二死二三塁、1点取れば同点、2点取ればサヨナラ勝ちとドラマチックな展開となるが、最後はセンターフライに打ち取られ、4-3で試合が終わった。

     ローリングスのゴールドグラブMVP賞は、8回の決勝打を放った井上が受賞した。

     試合のハイライト映像含む、決勝戦のまとめ動画は、大会特派員のトクサンTVのチャンネルにてご覧いただけます。

     大会公式ホームページ:https://www.xebiodreamcup.com/

     大会公式Instagram: https://www.instagram.com/mlbdreamcup/

     大会公式Facebook: https://www.facebook.com/mlbdreamcup/

  • 〜MLB ドリームカップ 2019〜 軟式野球の日本一が決まる!!

    2019.12.5 18:05 Thursday

     日本最大の軟式野球オープン大会「MLB ドリームカップ 2019 supported by XEBIO Group」の決勝戦が、米国時間12月7日土曜日午前10時に行われる。今年の決勝戦に進出したのは、設立27年目を迎えた新潟県の「小千谷名球会」と、高校の同級生同士ではじまった岡山県の「South Beans」。小千谷名球会は新潟ブロック予選二回戦以降、全試合で相手チームを1失点以下に抑えて勝ち進んできた。西日本代表決定戦の2試合を無失点で勝ち進んだSouth Beansの投手陣も充実しているが、今大会毎試合平均5.7得点を叩き出している打線も、ロースコアになりやすい軟式野球では輝く数字だ。

     両チームの選手は本日の夕方に成田空港より、決勝大会の舞台となる米国カリフォルニア州サンディエゴへ向かった。現地5日木曜日にサンディエゴ国際空港に到着する選手は中一日の調整を経て、現地時間12月7日土曜日10時からMLB球団サンディエゴ・パドレスが本拠地とする「ペトコパーク」で決戦に臨む。両チームとも東日本・西日本地区代表決定戦から着用しているMLB球団の公式ユニフォーム・キャップなどを使用してプレーする。

     この試合を現地で見届けるのは、始球式も務める元MLB投手の斎藤隆氏。

     試合・練習以外では、会社員、スポーツ指導者、桃農家など様々な経歴で生活を送る選手達。今週末はMLB球場という「夢の舞台」、サンディエゴという日本から1万キロ近く離れた地で、650チーム以上の頂点、軟式野球の日本一を目指す。