English Español 韓国語
  • 好調・モスがライト線を破るサヨナラタイムリー!

    2017.7.24 17:46 Monday

     三者連続本塁打で派手に先制しながらも直後に逆転され、追う展開となったロイヤルズ。終盤までもつれた試合を決めたのは、開幕から打率1割台の大不振に喘いでいた新戦力の一打だった。

     3-4と1点ビハインドの8回裏、ロイヤルズはウィット・メリーフィールドがこの日2本目となる10号ソロを放ち、ようやく同点に追い付く。そして9回裏。先頭のマイク・ムスターカスがレフトへのヒット、続くアルシデス・エスコバーが死球で出塁すると、ホワイトソックスはヤンキースから加入したばかりのタイラー・クリッパードが新天地で2度目のマウンドへ。ここで打席には7月に入って打率.326、OPS1.023と好調のブランドン・モス。ロイヤルズに加入した今季は7月中旬まで打率2割未満という大不振に喘いでいたが、ここにきてようやく復調し、この打席ではカウント1-2からの6球目を思い切り引っ張ってチームを勝利に導いた。


     関連ニュース


     関連動画

  • ロイヤルズ 1番からの三者連続弾で3点を先制!

    2017.7.24 17:31 Monday

     日本時間7月24日のホワイトソックス戦で、ロイヤルズ打線が4回裏に三者連続本塁打を記録して3点を先制。三者連続本塁打は球団では2006年5月25日以来11年ぶりの快挙となった。

     ホワイトソックス先発のデレク・ホランドに3回までノーヒット、打者9人で抑えられていたロイヤルズ打線だったが、4回裏に突如爆発。この回先頭の1番ウィット・メリーフィールドが左中間へ9号先制ソロを放つと、続く2番ホルヘ・ボニファシオも左中間へ13号ソロを叩き込み、さらに3番エリック・ホズマーがライトスタンドへ15号ソロを突き刺した。1番からの三者連続本塁打という鮮やかな先制劇。ロイヤルズでは2006年5月25日にトニー・グラファニーノ、アンヘル・ベローア、ダグ・ミントケイビッチの3人が連続で本塁打を放って以来、実に11年ぶりとなる快挙だった。


     関連ニュース


     関連動画

  • クルーバー14K 10試合連続8奪三振以上は球団新記録

    2017.7.24 17:21 Monday

     6月以降好投を続けるコリー・クルーバー(インディアンス)が日本時間7月24日のブルージェイズ戦で今季自己最多となる14奪三振の快投。同じく今季自己最多の120球を投げる力投で、今季8勝目(3敗)をマークした。

     この日のクルーバーは2回表に三者連続三振を奪うと、3回から8回まで1三振に終わった6回表を除いていずれも2三振を奪い、8回表二死からジョシュ・ドナルドソンに四球を与えて降板するまで120球、14奪三振、1失点という素晴らしいピッチングを見せた。クルーバーは直近10先発で108奪三振。連続した10先発で計108奪三振は球団記録を更新する数字であり、また一つ、クルーバーが球団史に名を刻んだ瞬間となった。なお、この10先発のうち8試合で2桁奪三振を記録。残りの2試合も8三振を奪っており、10試合連続8奪三振以上も球団新記録となっている。


     関連ニュース

  • カルロス・ゴメス 体勢を崩しながらも決勝アーチ

    2017.7.24 17:08 Monday

     6-5でレンジャーズが競り勝った日本時間7月24日のレイズ戦。試合を決めたのは体勢を崩しながらも豪快にレフトスタンドへ運んだカルロス・ゴメスの一発だった。

     2回表にルーグネッド・オドーアの18号ソロなどで2点を先行しながらも、直後の2回裏に追い付かれ、5回裏にはマレックス・スミスのタイムリー二塁打などで3失点。2-5と3点を追う展開となったレンジャーズだが、5回表にジョーイ・ギャロの23号ソロで1点を返すと、8回表にはオドーアにこの日2本目となる19号ツーランが出て5-5の同点に追い付く。さらに続くゴメスがチームメイトのエイドリアン・ベルトレイの「片膝ホームラン」を彷彿とさせる二者連続の13号ソロを放ち、レンジャーズが勝ち越しに成功した。8回裏はジェイソン・グリーリ、9回裏はホゼ・レクラークが無失点に抑えて試合終了。7回裏を無失点に抑えたマット・ブッシュに3勝目(4敗)が記録されている。


     関連ニュース


     関連動画

  • ダルビッシュの12奪三振を12秒で振り返る

    2017.7.23 13:29 Sunday

     日本時間7月22日のレイズ戦に登板したダルビッシュ有。この日は8回3失点で勝敗はつかなかったが、圧巻の12奪三振を記録して勝利への粘投をみせた。

     日本時間6月13日を最後に勝てていないダルビッシュ。それでも6回3失点以下の投球をした証となるクオリティスタート(QS)は最後の勝利後から4度達成しており、先発としての役割を果たしている。もちろんこの試合でもQSを達成した。だが、最近ではトレード話が絶えないこともあり、この登板がレンジャーズでの最後の投球になるかもしれない。もしそうだとしてもこの12奪三振は多くのレンジャーズファンの心に残るに違いない。


     関連ニュース

  • フローレスの自身2度目のサヨナラ弾でメッツが劇的勝利

    2017.7.23 13:09 Sunday

     彼が見せた復調の兆しにはチームも安心することだろう。メッツがウィルマー・フローレスのサヨナラ弾でアスレチックスを下し、価値ある1勝をした。

     5月の打率が.379と好調だったフローレスだったが、直近2ヶ月は打率2割台と元気がない。それでも最近では2試合連続安打を放つなど少しずつ本来の打撃を取り戻しつつある。迎えたアスレチックス戦では4番打者として出場し、最終回に5対5の場面で打席に立った。これまで4打数1安打と連続試合安打を「3」に伸ばしており、ファンはここで試合を決める一発を願った。その願いが通じたのか打球は左翼スタンドへあっという間に吸い込まれ多くのメッツファンが熱狂した。


     関連ニュース


     関連動画

  • 今季初登板の投手にハーパーがメジャーの洗礼

    2017.7.23 12:49 Sunday

     これぞ、メジャーで活躍する先輩からのきつい挨拶となる一発だ。ブライス・ハーパーの一発は今後に向けて価値ある本塁打となったことだろう。

     7月に入り打率.463と絶好調のハーパー。5月、6月は不振に苦しんでいたが復調し再び打線をけん引している。D・バックスとの5回戦を迎えたナショナルズに立ちはだかるのはこの日、メジャー初昇格・初登板のアンソニー・バンダ。初回、2死の場面で打席に立ったハーパーは右翼スタンドへ大きな一発を放ち、先制点をチームにもたらした。この一発はバンダにとっても価値ある被弾となったことだろう。


     関連ニュース


     関連動画

  • 後半戦待望の一発 ジャッジが今季31号本塁打

    2017.7.22 13:51 Saturday

     後半戦不振に苦しんでいたアーロン・ジャッジが待望の後半戦初本塁打を放った。敵地であるセーフコ・フィールドの左翼スタンドへ高々と飛んで行った打球はその行方を見失ってしまうような大きな一発だった。

     去るホームランダービーでは飛距離156mの超特大弾を放ち、ファンや関係者を熱狂させたジャッジだったが、後半戦に入ってからは8試合で打率.138と不振に苦しんでいた。もちろん本塁打はゼロでこれは相手チームに徹底的に研究されている証でもあった。一体、いつまで不振が続いてしまうのか…多くファンが心配したが、セーフコ・フィールドでのマリナーズ戦で5回 1死一・三塁の場面で打席に立つと相手先発のアンドリュー・ムーアから特大の一発を打ちその心配を一掃させた。


     関連ニュース


     関連動画

  • 移籍のラザフォード メジャー昇格目指し修行中

    2017.7.22 13:27 Saturday

     3対4のトレードでホワイトソックスに移籍したブレイク・ラザフォード。約1年で新チームへの移籍となったがこれは昇格の大チャンスと言えるだろう。

     弱冠20歳のラザフォードは昨年のドラフトでヤンキースから1巡目を受けた逸材だった。ルーキーリーグでは2チームに所属して打率.351という好成績を残し、大きな期待がされていた。そして今年はフルシーズンAからのスタートで71試合で打率.281 2本塁打 30打点と順調に力をつけてきた。先日のトレードでホワイトソックス移籍となり、同レベルのチームに所属。デビュー戦ではさっそく安打を放つなどいきなり魅せてくれた。


     関連ニュース


     関連動画

  • ホワイトソックス移籍のクラーキン 新天地での活躍を期待

    2017.7.22 13:08 Saturday

     先日、ヤンキースとのトレードでホワイトソックス移籍が決まったイアン・クラーキン。トレード後の気持ちは晴れやかだ。これからは初のメジャー昇格を目指していく。

     22歳の先発左腕であるクラーキンは今季は主にアドバンスドAに所属し4勝5敗 防御率2.62と負け越してはいるが安定感を持った有望株だ。直近の試合では7回を投げて2失点の活躍を見せて勝利投手となった。1ヶ月以上、勝ち星から遠ざかっていただけに久々の勝利は格別だったことだろう。そしてこれからという時にトレードがきまった。これは彼にとって大きなチャンスかもしれない。新天地ではチーム内の有望株ランキングで18位に入るなど首脳陣からの期待も大きい。


     関連ニュース


     関連動画

  • モンカダの今季初安打は満塁からの適時三塁打

    2017.7.22 12:47 Saturday

     ついにメジャー全体有望株ランキング1位の男に待望の今季初安打が飛び出した! それは満塁の場面で走者一掃となる適時三塁打であり、今後の活躍を予感させる一振りだった。

     先日、ホワイトソックスがヤンキースと行った3対4の大型トレードにより球界全体で1番の期待がされているヨアン・モンカダが日本時間7月20日に昇格を果たした。昨年はレッドソックスで既にメジャーデビューはしているものの、移籍後では初めてだった。初試合では2打数無安打だったが、迎えたロイヤルズ戦の3回には2死満塁の場面で打席に立った。2対1とリードしている場面でも相手先発のイアン・ケネディのカーブを捉え、これが走者一掃の三塁打となった。前の打席では内野ゴロの間で打点を挙げているため、この日は4打点の大活躍だ。


     関連ニュース


  • カマルゴの好捕で試合終了 ドジャース連勝ストップ

    2017.7.21 17:04 Friday

     ドジャースの11連勝を止めたのはブレーブスだった。9回裏、本塁打が出れば同点という場面で二塁手のヨハン・カマルゴが背走しながら好捕し、ドジャースの追撃を許さなかった。

     4回までに6点を奪ったブレーブスは、6回裏にヤスマニ・グランダルに13号ツーランを浴びて3点差に迫られたものの、6-3と3点リードで最終回に突入。クローザーのジム・ジョンソンがマウンドに上がったが、二塁打と四球に暴投などが絡み、二死二、三塁のピンチを背負ってしまう。ここで代打のトレイス・トンプソンの当たりはセンター、ライト、セカンドの間に落ちそうな難しい打球。落ちれば1点差となり、同点・逆転のピンチに繋がるところだったが、二塁カマルゴが必死に背走し、倒れこみながらも見事にキャッチ!試合を締めくくる見事なプレイで、ドジャースの連勝をストップさせた。


     関連ニュース


     関連動画

  • 鉄壁の守備 マリナーズ外野陣が好守を連発

    2017.7.21 15:18 Friday

     俊足好守のプレイヤーが揃うマリナーズ外野陣。広大な守備範囲と強肩で投手陣を大いに助けているが、日本時間7月21日のヤンキース戦でもその外野陣が素晴らしいプレイを連発した。

     5回表、この回先頭のディディ・グレゴリウスの打球をセンターのジャロッド・ダイソンが「五つ星」のランニングキャッチ(捕球可能性21%)。二死後、ジャコビー・エルズベリーの打球を今度はレフトのベン・ギャメルが「四つ星」のランニングキャッチでしっかり捕球し、先発のフェリックス・ヘルナンデスを喜ばせた(捕球可能性41%)。前日までにマリナーズ外野陣が記録したDRS(守備防御点)+25はレッドソックスの+30に次いでメジャー2位の数字。メジャートップクラスの外野守備はチームの大きな強みとなっている。


     関連ニュース


     関連動画

  • 名手ゴードン 2日ぶりの「五つ星」キャッチ!

    2017.7.21 15:00 Friday

     日本時間7月19日のタイガース戦で「五つ星」の好プレイを披露したアレックス・ゴードン(ロイヤルズ)が、日本時間7月21日の同カードでも再び素晴らしいプレイを見せてくれた。

     12-4と8点リードで迎えた8回表のタイガースの攻撃。この回から登板したアル・アルバカーキが四球と安打で無死一、二塁のピンチを背負い、打席にはマイキー・マートゥックを迎えた。マートゥックが初球のスライダーを捉えた打球は、レフトのゴードンを襲うヒット性のライナーとなったが、これをゴードンがダイビングキャッチで見事に捕球。この打球が抜けていれば試合の流れはわからなくなっていただけに、勝利を手繰り寄せる大きなプレイとなった。Statcastの計測によると捕球可能性12%の「五つ星」キャッチ。ゴールドグラブ4度の好守はまだまだ健在だ。


     関連ニュース


     関連動画

  • ライトで初スタメンの便利屋が「四つ星」の好プレイ

    2017.7.21 14:43 Friday

     強打者J.D.マルティネスを放出したタイガース。日本時間7月21日のロイヤルズ戦では「便利屋」のアンドリュー・ロマインがライトで初のスタメン出場を果たし、好プレイを披露した。

     今季は内外野の全7ポジションをこなし、ライトを除く6ポジションで先発出場していたロマイン。この試合がキャリア初のライトでのスタメン出場となった。2回裏、この回先頭のアレックス・ゴードンがライトへ痛烈なライナーを放ったが、ロマインが落下点に一直線に入り、見事にランニングキャッチ。ロマインの本職は遊撃ないし三塁だが、急造外野手とは思えぬ素晴らしいプレイを披露した。Statcastの計測によると捕球可能性は35%。「四つ星」のプレイと評価されている。

  • 避けたバットにボールが… ゴインズが不運な凡退

    2017.7.21 14:27 Friday

     日本時間7月21日に行われたブルージェイズ対レッドソックスの一戦。5回表のライアン・ゴインズの打席で「珍しい」というよりは「不運な」内野ゴロが成立した。

     5回表二死一塁の場面で打席にゴインズ、投手は左腕フェルナンド・アバッド。初球は内角高めへ大きく外れ、ゴインズの頭部付近へ向かっていった。ゴインズはこの投球を必死に避けたものの、跳ね返ったボールが投手の前に転がり、アバッドはこれを拾って一塁へ。一塁手のハンリー・ラミレスは驚いた表情を見せたが、一塁ベースを踏み、塁審はアウトを宣告。実はゴインズが避けた際に投球はバットに当たり、インプレーの打球となっていたのだ。打席で仰向けに倒れていたゴインズは何が起こったかわからないといった様子だったが、記録上はただの投手ゴロ。ゴインズにとっては不運な打席となってしまった。


     関連ニュース

  • 悠々セーフと思いきや… 足が届かず牽制アウト

    2017.7.21 13:01 Friday

     すっかりお馴染みとなったチャレンジによるビデオ判定の光景。日本時間7月21日のタイガース対ロイヤルズの一戦でも、チャレンジによって判定が覆る一幕があった。

     4-0とロイヤルズが4点をリードした2回表一死二塁の場面。タイガースはマイキー・マートゥックを二塁に置いて、ビクター・マルティネスが打席に立っていた。ロイヤルズ先発のダニー・ダフィーはここで二塁へ牽制球を送る。タイミング的にはセーフに見えたものの、ロイヤルズベンチはチャレンジを要求。長いビデオ判定の結果、二塁手のウィット・メリーフィールドの足が二塁ベースとマートゥックの足の間に入り込み、マートゥックの足が二塁ベースに届くより先にメリーフィールドが走者にタッチしていることが確認された。おそらくメリーフィールドの意図的なプレイではなく、マートゥックにとっては不運な結果となった。


     関連ニュース


     関連動画

  • 99マイルも無問題 Dバックスが剛速球を見事に捉える

    2017.7.21 12:53 Friday

     日本時間7月21日のレッズ戦でダイヤモンドバックスが9回表に6点を奪い、12-2で快勝。打線はこの試合4本塁打を放ったが、なかでも9回表に放った2本塁打は時速99マイル台の剛速球を捉えた見事な一発だった。

     9回表、レッズのブライアン・プライス監督は今季9試合で防御率1.88を記録していた速球派右腕アリエル・ヘルナンデスをマウンドへ送った。ところが、一死二塁のチャンスでケテル・マーテイが時速99.7マイル(約160.5km/h)の速球を捉えてライトへ2号ツーランを放つと、A.J.ポロックのタイムリー二塁打で1点を追加した後、さらにジェイク・ラムが二死二、三塁から時速99.1マイル(約159.5km/h)の速球を捉えて逆方向へ22号スリーランを叩き込んだ。ヘルナンデスは1回6失点の大炎上で防御率は1.88から5.28へ悪化。「速いだけでは通用しない」を改めて印象付けられたイニングとなった。


     関連ニュース


     関連動画

  • カージナルス痛恨のミス レイエスのサヨナラ内野安打

    2017.7.21 12:24 Friday

     今季のカージナルスは何かがおかしい。日本時間7月21日のメッツ戦、2-2の同点で迎えた9回裏に登板したトレバー・ローゼンタールが一塁のベースカバーを怠り、メッツにサヨナラ内野安打を献上してしまった。

     9回裏二死一、三塁というサヨナラのピンチ。ローゼンタールはホゼ・レイエスを一塁ゴロに打ち取り、事なきを得たかに思われたものの、ゴロを捕球したマット・カーペンターがトスをしようとした一塁ベース上にローゼンタールがいない。延長戦突入となるはずが、ローゼンタールのベースカバーが遅れ、一塁はセーフ。カージナルスは極めて初歩的なミスにより、痛恨のサヨナラ負けを喫することになってしまった。カブスとパイレーツが調子を上げている中での痛い1敗。カージナルスのポストシーズン進出には赤に近い黄信号が灯っている。


     関連ニュース



     関連動画


  • ドジャース「35試合31勝」の軌跡を振り返る

    2017.7.21 10:00 Friday

     日本時間7月20日のホワイトソックス戦に快勝して今季最長の11連勝となったドジャース。「35試合で31勝」という今世紀初(118年ぶり)の快挙も達成し、その勢いは全く陰りを見せない。

     この35試合の中には2度の2桁連勝が含まれているが、1シーズンに10連勝以上を2度記録したのは21世紀に入ってから4チーム目。また、開幕95試合で66勝以上をマークしたのはナ・リーグでは1970年のレッズ以来47年ぶりという、まさに歴史的な快進撃となっている。先発投手陣はクレイトン・カーショウとアレックス・ウッドの二本柱を中心に安定し、抑えはケンリー・ジャンセンで万全。打線もコリー・シーガー、コディ・ベリンジャーといった若手選手が活躍する一方、ジャスティン・ターナーも高打率を維持し、どこからでも点が取れる状況だ。110勝を上回るペースで白星を積み重ねるドジャースの快進撃がどこまで続くか注目したい。


     関連ニュース


     関連動画

« Previous PageNext Page »