English Español 韓国語
  • ウィンフィールドが二刀流の可能性について語る

    2018.1.9 13:00 Tuesday

     大学時代に二刀流で活躍しながらもプロ入り時に打者専念を決断し、通算3110安打、465本塁打を記録して殿堂入りを果たしたデーブ・ウィンフィールドが、大谷翔平(エンゼルス)のメジャー挑戦により注目を浴びている二刀流について自身の見解を語った。

     ウィンフィールドは「(投手と野手の)両方をやるのは肉体的にも、精神的にも、とても難しい」とし、メジャーの舞台で二刀流を継続するのは困難であるとの見解を示した。その一方で、「私は彼が二刀流をやり遂げることを期待している。高いレベルで二刀流が本格的にやり遂げられたことはないから見てみたいんだ」と大谷がメジャーの舞台で二刀流を実現させることに期待を寄せた。FanGraphsでは投手として24試合に先発し、11勝7敗、防御率3.48、打者として67試合に出場し、打率.257、11本塁打、OPS.789をマークすると予想されている大谷は、どのようなルーキーイヤーを過ごすことになるのだろうか。


     関連ニュース

  • レッドソックスも狙うJ.D.マルティネスの獲得

    2018.1.8 20:00 Monday

     アレックス・コーラ新監督を迎えシーズンに備えているレッドソックス。リーグ優勝、ワールドシリーズ進出に向けて補強を狙う。その候補の1人としてJ.D.マルティネスの名前がある。

     昨季は地区優勝こそ果たしたが、地区シリーズでアストロズに敗れたレッドソックス。レギュラーシーズンはア・リーグ最小のチーム本塁打数168本だったこともあり、長打力をもつ選手の補強は必要だ。その候補として左キラーとして知られるマルティネスが注目されている。昨季の後半戦は打率.306 31本塁打72打点と大活躍をみせた。他球団も獲得を狙っている中、もしレッドソックス入団となれば心強い選手の1人となるはずだ。


     関連ニュース


     関連動画

  • ブルージェイズがトレードでY.ソラーテを獲得

    2018.1.7 19:30 Sunday

     昨季のア・リーグ東地区4位からの巻き返しを目指すブルージェイズ。日本時間1月7日、パドレスのヤンハービス・ソラーテをトレードで獲得したと発表した。

     昨季、ブルージェイズが地区4位だった原因の1つとしてチーム打率.240(ア・リーグ最下位)だった打線の不調が挙げられる。改善のために打線のテコ入れが早急な課題となっており、白羽の矢が立ったのがソラーテだった。彼は昨年、パドレスでは128試合に出場して打率.255 18本塁打 64打点を記録。二塁手であり両打ちでもあることから起用法も増えることだろう。チームはソラーテを獲得した見返りとしてエドワード・オリバレスとジャレッド・カーカフの有望選手2人を放出した。


     関連ニュース


     関連動画

  • ブレグマンは笑顔でトレーニング中

    2018.1.6 10:15 Saturday

     昨年、球団初の世界一に輝いたアストロズ。ジョージ・スプリンガーやホゼ・アルトゥーベ、カルロス・コレアなどが目立ったが、この男のことも忘れてはならない。背番号2のアレックス・ブレグマンだ。

     ドジャースとのワールドシリーズでは打率.233に終わったものの、第1戦ではクレイトン・カーショウから本塁打を放つなど5試合連続打点を記録して打線に活気を与えていた。栄光を勝ち取ったとしてもブレグマンは鍛錬を続け、既に新たなシーズンに向けて準備をしている。トレーニングは大変なものではあるが、彼の表情は穏やかで笑顔だ。果たして今季はどのような活躍をみせてくれるのか今から楽しみだ。


     関連ニュース


     関連動画

  • 速球派右腕・キャップスが調停回避で1年契約

    2018.1.5 13:00 Friday

     MLBネットワークのジョン・ヘイマンによると、パドレスはリリーフ右腕のカーター・キャップスとの年俸調停を回避して年俸106万ドルの1年契約で合意に至ったようだ。変則投法で一世を風靡した速球派右腕にとって、今季は復活を期すシーズンとなる。

     飛び跳ねるように軸足を移動させる「スライドスキップ投法」でブレイクし、2015年に30試合で防御率1.16、奪三振率16.84の好成績をマークしたキャップスだが、2016年はトミー・ジョン手術で全休。昨年8月に戦列復帰を果たしたものの、11試合で防御率6.57、奪三振率5.11と本来のピッチングを見せることはできなかった。故障なくシーズンを過ごし、実力を発揮することができればクローザーも務まるレベルの投手であり、今季こそはフルシーズンの活躍を期待したいところである。


     関連ニュース


     関連動画

  • 指名打者の不振が目立った2017年

    2018.1.4 13:00 Thursday

     「守備に不安があるものの打撃は一流の選手」が起用されるイメージが強い指名打者だが、昨季はポジション別OPSが.737に終わり、ポジション別OPS8位の遊撃手(.735)と変わらない水準まで落ち込んだ。その原因を探ってみる。

     2016年の指名打者のOPSは.775で、一塁手の.791、三塁手の.777に次いでポジション別では3位の数字だった。しかし、今季は一塁手の.833に大差をつけられただけでなく、三塁手、外野3ポジション、二塁手にも及ばず、ポジション別7位。「強打者が居座るポジション」という印象は薄れつつある。

     指名打者として最多打席を記録したネルソン・クルーズ(マリナーズ)は打率.293、38本塁打、114打点、OPS.933の好成績をマークしたが、アルバート・プーホルス(エンゼルス)は23本塁打、100打点ながらOPSは.678止まり。マーク・トランボ(オリオールズ)はOPS.635、カルロス・ベルトラン(アストロズ)はOPS.670、ビクトル・マルティネス(タイガース)はOPS.694と100試合以上で指名打者を務めた強打者が軒並み低調だった。

     指名打者として250打席以上を記録した13選手のうち、OPSが.800を超えたのはクルーズとエドウィン・エンカーナシオン(インディアンス:OPS.873)だけ。2016年に打率.319、38本塁打、126打点、OPS1.033をマークしたデービッド・オルティス(当時レッドソックス)の引退が影響したことも間違いない。

     主力選手に休養を与えるためのポジションという印象も強くなっている指名打者だが、ここに強打者を配置できることがアドバンテージとなる時代を迎えていることがデータからは読み取れる。

  • 2017年TOP100プレイ 【4位~1位】

    2018.1.3 10:00 Wednesday

     MLBネットワークでは今季飛び出した数々の好プレイのなかから100個を選び出し、ランク付けしてTOP100を発表している。ここではTOP100のなかから4位~1位のTOP4を見てみよう。

     TOP4には外野手によるファインプレイが3つランクインした。ジャッキー・ブラッドリーJr.(レッドソックス)は7月16日のヤンキース戦でアーロン・ジャッジが放った本塁打性の打球を好捕。これにはマウンド上のデービッド・プライスも大喜びだった【4位】。スーパーキャッチ常連のケビン・ピラー(ブルージェイズ)は5月8日のインディアンス戦でホゼ・ラミレスの大飛球を背走しながらのダイビングキャッチで好捕。念願のゴールドグラブ受賞は叶わなかったが、今季もスーパーキャッチを連発し、メジャー屈指の名手であることを改めて印象付けた【3位】。オースティン・ジャクソン(インディアンス)は8月1日のレッドソックス戦でハンリー・ラミレスが放った本塁打性の打球をブルペンに転げ落ちながらも見事にキャッチ。執念で本塁打を阻止したこのスーパーキャッチが今季のNo.1プレイに選出された【1位】。


     関連動画

  • 2017年TOP100プレイ 【9位~5位】

    2018.1.2 10:00 Tuesday

     MLBネットワークでは今季飛び出した数々の好プレイのなかから100個を選び出し、ランク付けしてTOP100を発表している。ここではTOP100のなかから9位~5位の5プレイを見てみよう。

     9月4日のドジャース戦でJ.D.マルティネス(ダイヤモンドバックス)が史上18人目となる1試合4本塁打を記録。マルティネスは7月18日にタイガースからダイヤモンドバックスへトレードされ、移籍後の62試合で29本塁打、OPS1.107をマークする大活躍を見せた【9位】。6月3日のツインズ戦ではアルバート・プーホルス(エンゼルス)がアービン・サンタナから左翼ポール際へ満塁本塁打を叩き込み、史上9人目となる通算600本塁打を達成【7位】。9月25日のロイヤルズ戦ではアーロン・ジャッジ(ヤンキース)が49号&50号本塁打を放ち、メジャー史上初めてシーズン50本塁打を達成したルーキーとなった【5位】。


     関連動画

  • 2017年TOP100プレイ 【14位~10位】

    2018.1.1 10:00 Monday

     MLBネットワークでは今季飛び出した数々の好プレイのなかから100個を選び出し、ランク付けしてTOP100を発表している。ここではTOP100のなかから14位~10位の5プレイを見てみよう。

     9月14日のロイヤルズ戦、インディアンスは1点ビハインドの9回裏二死一塁、カウント2-2という「敗北まであと1球」の場面でフランシスコ・リンドーアが起死回生の同点タイムリー二塁打を放ち、試合は延長戦に突入。続く延長10回裏、インディアンスは先頭のホゼ・ラミレスの二塁打などで無死一、二塁のチャンスを作ると、ここでジェイ・ブルースがライト線へのタイムリー二塁打を放ち、劇的なサヨナラ勝利でア・リーグ記録を更新中の連勝を22に伸ばした【12位】。10月15日に行われたカブスとのリーグ優勝決定シリーズ第2戦ではジャスティン・ターナー(ドジャース)が9回裏にサヨナラスリーラン。1988年のワールドシリーズ第1戦でカーク・ギブソンが代打サヨナラ逆転ツーランを放ってから丸29年となる日に生まれた劇的な一発だった【14位】。


     関連動画

  • 2017年TOP100プレイ 【20位~15位】

    2017.12.31 10:00 Sunday

     MLBネットワークでは今季飛び出した数々の好プレイのなかから100個を選び出し、ランク付けしてTOP100を発表している。ここではTOP100のなかから20位~15位の6プレイを見てみよう。

     6月6日のカージナルス戦で意外な男が快挙を成し遂げた。その男の名はスクーター・ジェネット(レッズ)。昨季までの4シーズンで通算35本塁打、今季開幕直前にウエーバーでブリュワーズからレッズへ移籍した二塁手だ。今季は準レギュラーとして起用されながら代打などで結果を残し、徐々に出場機会が増加。この試合には「5番・レフト」で先発出場した。第1打席でレフトへの先制タイムリーを放つと、第2打席で4号グランドスラム、第3打席で5号ツーラン、第4打席で6号ソロ、第5打席で7号ツーランと4打席連続本塁打を記録し、5打数5安打10打点の大暴れ。1試合4本塁打は史上17人目の快挙であり、レッズの選手としては史上初の快挙となった【19位】。


     関連動画

  • 2017年TOP100プレイ 【28位~21位】

    2017.12.30 10:00 Saturday

     MLBネットワークでは今季飛び出した数々の好プレイのなかから100個を選び出し、ランク付けしてTOP100を発表している。ここではTOP100のなかから28位~21位の8プレイを見てみよう。

     今季のメジャーリーグでは新たな歴史が生まれた。7月30日のオリオールズ戦の第2打席でエイドリアン・ベルトレイ(レンジャーズ)が三塁線を破る二塁打を放ち、史上31人目となる通算3000安打を達成。ドミニカ共和国出身の選手としては史上初の快挙となった【25位】。9月28日のカージナルス戦ではレオニス・マーティン(カブス)がポール・デヨングの同点本塁打かという大飛球を好捕し、試合終了。カージナルスはこの敗戦により、ポストシーズン進出の可能性が完全に消滅した【27位】。


     関連動画

  • 2017年TOP100プレイ 【39位~29位】

    2017.12.29 10:00 Friday

     MLBネットワークでは今季飛び出した数々の好プレイのなかから100個を選び出し、ランク付けしてTOP100を発表している。ここではTOP100のなかから39位~29位の11プレイを見てみよう。

     ここ数年のメジャーリーグでは20代前半~中盤の若きスター選手の活躍が目立っている。8月18日のエンゼルス戦でマニー・マチャド(オリオールズ)が1試合3本塁打の大暴れ。3回裏に1点差に追い上げる24号ツーラン、5回裏に2点差に詰め寄る25号ソロを放ち、最後は2点ビハインドの9回裏にキーナン・ミドルトンから逆転サヨナラ満塁本塁打を放ってチームを劇的な勝利に導いた【31位】。9月29日のマリナーズ戦ではマイク・トラウト(エンゼルス)が2本塁打を放ち、この試合1本目の本塁打で通算200本塁打を達成した【39位】。


     関連動画

  • 2017年TOP100プレイ 【49位~40位】

    2017.12.28 16:00 Thursday

     MLBネットワークでは今季飛び出した数々の好プレイのなかから100個を選び出し、ランク付けしてTOP100を発表している。ここではTOP100のなかから49位~40位の10プレイを見てみよう。

     4月30日のメッツ戦に23対5で快勝したナショナルズだが、この試合でアンソニー・レンドンが3本塁打を含む6打数6安打10打点の大暴れ。前日まで打率.226、OPS.566と元気がなかったレンドンだが、この試合をきっかけに復調し、最終的にキャリアハイのシーズンを過ごした【42位】。守備面ではア・リーグの若手センターが好守を連発。特にバイロン・バクストン(ツインズ)とブラッドリー・ジマー(インディアンス)の両選手はここでランクインしたプレイ以外にも好守を連発し、今季の好プレイ集の常連となっていた【44位&47位】。


     関連動画

  • 2017年TOP100プレイ 【57位~50位】

    2017.12.28 15:30 Thursday

     MLBネットワークでは今季飛び出した数々の好プレイのなかから100個を選び出し、ランク付けしてTOP100を発表している。ここではTOP100のなかから57位~50位の8プレイを見てみよう。

     時速104マイルのストライク返球で走者をアウトにする。身長6フィート7インチ(201cm)&体重280ポンド(127kg)の巨体が見事なダイビングキャッチで長打を阻止する。どちらもなかなか想像しにくいシーンだが、2017年シーズンはこれらが現実となった。9月13日のパイレーツ戦でブレット・フィリップス(ブリュワーズ)が自慢の強肩から時速104マイルの好返球を繰り出し、三塁走者の生還を阻止【53位】。5月21日のレイズ戦ではメジャー有数の巨体を誇るアーロン・ジャッジ(ヤンキース)がエバン・ロンゴリアの右中間への打球を好捕し、ダブルプレイを完成させた【57位】。


     関連動画

  • 2017年TOP100プレイ 【69位~58位】

    2017.12.28 15:00 Thursday

     MLBネットワークでは今季飛び出した数々の好プレイのなかから100個を選び出し、ランク付けしてTOP100を発表している。ここではTOP100のなかから69位~58位の12プレイを見てみよう。

     今季のトリプルプレイは77位のタイガース、76位のレッドソックスの2つだけではない。6月1日のエンゼルス戦でツインズ(ミゲル・サノー、ブライアン・ドージャー、ジョー・マウアー)が、8月3日のタイガース戦ではオリオールズ(マニー・マチャド、ジョナサン・スコープ、クリス・デービス)が「5-4-3」のトリプルプレイを完成させた【68位&66位】。8月9日のカージナルス対ロイヤルズの一戦ではグラウンドに猫が乱入。プレイ再開直後の初球をヤディアー・モリーナが叩くと、打球はレフトスタンドに吸い込まれる逆転グランドスラムに。カージナルスはこの試合の前後に8連勝を飾り、同率地区首位に浮上。この猫は「ラリー・キャット」と呼ばれ、幸運の象徴となった【62位】。


     関連動画

  • 2017年TOP100プレイ 【79位~70位】

    2017.12.28 14:30 Thursday

     MLBネットワークでは今季飛び出した数々の好プレイのなかから100個を選び出し、ランク付けしてTOP100を発表している。ここではTOP100のなかから79位~70位の10プレイを見てみよう。

     タイガースは9月8日のブルージェイズ戦の6回裏、無死一、二塁のピンチでケビン・ピラーの打球を好捕したジャイマー・キャンデラリオからイアン・キンズラー、エフレン・ナバーロへとボールが渡り、トリプルプレイを完成させた【77位】。レッドソックスは8月15日のカージナルス戦の4回表に無死一、二塁のピンチを背負ったものの、ヤディアー・モリーナをトリプルプレイに打ち取った【76位】。5月17日のインディアンス戦ではケビン・キアマイアー(レイズ)がジェイソン・キプニスの本塁打性の打球をジャンプ一番、見事にキャッチ。最高のプレイでチームの勝利を締め括った【79位】。


     関連動画

  • 2017年TOP100プレイ 【89位~80位】

    2017.12.28 14:00 Thursday

     MLBネットワークでは今季飛び出した数々の好プレイのなかから100個を選び出し、ランク付けしてTOP100を発表している。ここではTOP100のなかから89位~80位の10プレイを見てみよう。

     8月25日、「プレイヤーズ・ウィークエンド」の期間中に行われたロイヤルズ戦でインディアンスのフランシスコ・リンドーア、ホゼ・ラミレスの二遊間コンビは見事な併殺を完成させた【82位】。また、4月19日のマリナーズ戦ではクリスチャン・イェリッチ(マーリンズ)が好捕を披露。ジャロッド・ダイソンが放ったセンター後方への大飛球を最短ルートで追い、最後は完全にフェンスの方を向いてフェンスにぶつかりながらも、掴んだボールを離さなかった【83位】。


     関連動画

  • 2017年TOP100プレイ 【100位~90位】

    2017.12.28 13:00 Thursday

     MLBネットワークでは今季飛び出した数々の好プレイのなかから100個を選び出し、ランク付けしてTOP100を発表している。ここではTOP100のなかから100位~90位の11プレイを見てみよう。

     2000年代を代表する名二塁手として活躍してきたチェイス・アトリー(ドジャース)だが、彼が一塁手として好プレイを見せるシーンを目にしてきた人はそれほど多くないだろう。アトリーは5月10日のパイレーツ戦で一塁ベースに直撃した打球を素早い反応で処理し、見事にアウトにしてみせた【92位】。ナ・リーグMVPに輝いた強打者、ジャンカルロ・スタントン(マーリンズ)は8月2日のナショナルズ戦でブライアン・グッドウィンの本塁打性の打球を好捕。チームの快勝劇を締め括った【99位】。

  • ルーキーの活躍が目立った2017年シーズン

    2017.12.27 13:00 Wednesday

     2017年はアーロン・ジャッジ(ヤンキース)、コディ・ベリンジャー(ドジャース)と両リーグで満票の新人王が誕生したが、この2人以外にもルーキーの活躍が目立った一年だった。2017年シーズンのルーキーたちの活躍を振り返ってみよう。

     ジャッジはア・リーグ最多の52本塁打を放って本塁打王に輝いただけでなく、マーク・マグワイアの新人本塁打記録(1987年:49本)を30年ぶりに更新。ベリンジャーはナ・リーグ2位となる39本塁打を放ち、ナ・リーグの新人本塁打記録を塗り替えた。アンドリュー・ベニンテンディ(レッドソックス)は攻守両面で実力を発揮し、ジャッジさえいなければ間違いなく新人王という好成績をマーク。日本球界を経てメジャー入りしたユリ・グリエル(アストロズ)は強力打線の正一塁手として恥ずかしくない成績を残した。リーズ・ホスキンス(フィリーズ)はデビューからの34試合で18本塁打を量産する大暴れ。マット・オルソン(アスレチックス)は9月に5試合連続を含む13本塁打を放つなど、ホスキンスに負けないインパクトを残した。

  • 今季ブレイク 来季さらなる活躍を期待されるファム

    2017.12.26 13:04 Tuesday

     メジャーリーグでは毎年、予想外の活躍を見せる選手が現れる。今季のトミー・ファム(カージナルス)もその一人だ。来季は「3番・センター」を担うと予想する声もあり、打線の軸&外野守備の要として今季以上に重要な役割を担うことになりそうだ。

     開幕ロースター争いに敗れ、開幕をAAA級で迎えたファムは開幕から1ヶ月が経過した5月上旬にメジャー昇格。今季初出場からの3試合で3本塁打を放つ活躍を見せてマイク・マシーニー監督のハートを掴むと、そのままレギュラーに定着し、採取的には128試合に出場して打率.306、23本塁打、73打点、25盗塁、OPS.931の好成績をマークした。「打率3割&20本塁打&20盗塁」をマークしたのはなんと球団史上初の快挙。「20本塁打&20盗塁」も2004年のレジー・サンダース以来13年ぶり、球団史上6人目の快挙だった。走攻守三拍子揃ったファムは今やカージナルスに不可欠な戦力となっている。


     関連ニュース

      12月22日 カージナルスの三塁手補強はどうなる?

      12月15日 カージナルスがピスコッティ放出を正式発表 若手2選手を獲得

      12月14日 カージナルスが有望株4人を放出し強打のオズーナを獲得!

      12月13日 オズーナ争奪戦 フロントランナーはカージナルス

      12月11日 モリーナがプエルトリコでチャリティ・イベントを開催

      12月11日 カージナルスがベテラン右腕・グレガーソンと2年契約

      12月6日 セ・リーグ奪三振王のマイコラスがカージナルスと2年契約

      12月5日 スタントンの決断を待つカージナルス 念願の主砲獲得なるか

      12月4日 カージナルスがロンゴリア獲得に興味か

      12月1日 成長を遂げたトゥイバイララ 来季はブルペンのキーマンか


     関連動画

« Previous PageNext Page »