English Español 韓国語
  • ヘリクソンが6回までパーフェクトの快投で今季初勝利

    2018.5.9 19:00 Wednesday

    【ナショナルズ4-0パドレス】@ペトコ・パーク

     4月中旬にメジャー昇格を果たして先発ローテーションに加わったジェレミー・ヘリクソン(ナショナルズ)が日本時間5月9日のパドレス戦で見事なピッチングを披露し、今季初勝利をマークした。この日のヘリクソンは速球とチェンジアップのコンビネーションを中心にストライクゾーンを支配し、6回まで毎回奪三振&打者18人を完璧に抑える快投。7回裏先頭のトラビス・ジャンコウスキーにヒットを浴びて完全試合達成の夢は潰え、二死からフランチー・コルデロにヒットを許してピンチが広がったところで降板となったものの、7回途中まで91球を投げ、被安打2、奪三振8、無四球、無失点という素晴らしいピッチングで今季初勝利を挙げるとともにチームを3連勝に導いた。

     5回表にマット・アダムスのタイムリー二塁打とペドロ・セベリーノのタイムリーで2点を先制したナショナルズは、7回表にヘリクソンが自らタイムリー二塁打を放って3点目。これがその後の投球に影響を及ぼしたのかどうかは定かではないが、完全試合の可能性はともかく、チームが勝利する可能性をグッと高める一打となったことは間違いない。ヘリクソンは試合後、「みんな完全試合やノーヒッターを意識しないと言うけれど、5回や6回まで可能性が残っていれば、意識せずにはいられないよね」と本音をポロリ。しかし、「でも、マウンドに行けばそんなことは忘れて自分のピッチングに集中できたよ」と語った通りの見事なピッチングだった。

  • ドジャースが土壇場で追い付くもDバックスが延長戦制す

    2018.5.9 18:30 Wednesday

    【ダイヤモンドバックス8-5ドジャース(延長12回)】@ドジャー・スタジアム

     1点リードの9回裏、ダイヤモンドバックスはクローザーのブラッド・ボックスバーガーがエンリケ・ヘルナンデスに5号同点ソロを浴びて今季初のセーブ失敗を喫したものの、延長12回表にダニエル・デズカルソがこの試合チーム4本目となる一発を放ち、3点を勝ち越し。前の回から登板していたT.J.マクファーランドが延長12回裏のドジャースの攻撃を三者凡退に抑え、延長戦にもつれ込んだ熱戦をモノにした。リーグ最多の24勝目を挙げたダイヤモンドバックスは3連勝となり、3連敗のドジャースとのゲーム差を9とした。

     この試合の全得点を本塁打で叩き出したダイヤモンドバックスは、デズカルソが放った4号スリーランがチームに勝利をもたらす一発となった。初回にA.J.ポロックの11号ツーランで先制し、3回表にはクリス・オーウィングスが2号ソロ。4回表にはジョン・ライアン・マーフィーの3号ツーランでリードを3点に広げたものの、先発のザック・ゴッドリーが6回途中4失点と粘れず、ボックスバーガーも痛恨の被弾でリードを守れなかった。しかし、延長戦に突入してからは平野佳寿、シルビーノ・ブラッチョ、マクファーランドがドジャース打線を無得点に封じ、延長12回表にデズカルソが試合を決める一発。「試合が長くなるような気がしていたけど、幸運にも大きな一打を打つことができたよ」とデズカルソは嬉しそうに自身の一発を振り返っていた。

  • ロッキーズ先発陣が9試合連続QS達成 チームは6連勝

    2018.5.9 17:30 Wednesday

    【エンゼルス2-4ロッキーズ】@クアーズ・フィールド

     高地に位置するクアーズ・フィールドを本拠地とするため、毎年のように投壊に苦しんできたロッキーズだが、その姿は過去のものとなったのかもしれない。日本時間5月9日のエンゼルス戦に先発したジョン・グレイは7回99球を投げ、被安打4、奪三振8、与四球1、無失点の快投を披露して今季4勝目をマーク。グレイがクオリティ・スタートを達成したことにより、ロッキーズ先発投手陣は9試合連続クオリティ・スタートの球団新記録を樹立した。期間中の先発投手陣は平均6.8イニングを投げて防御率1.92。今季の先発防御率3.71はリーグ6位に位置している。

     ロッキーズ先発投手陣の快記録は日本時間4月29日のマーリンズ戦から始まった。この試合で先発したヘルマン・マルケスが6回3失点(自責点1)と力投し、そこからチャド・ベティスが7回2失点、カイル・フリーランドが7回3失点、グレイが7回1失点、タイラー・アンダーソンが7回2失点、マルケスが6回2失点、ベティスが7回無失点、フリーランドが7回2失点で球団タイ記録。この8試合はいずれもアウェイでの試合だったが、本拠地クアーズ・フィールドに戻った今日の試合でもグレイが7回無失点と好投し、新記録樹立となった。「無駄な四球を出さず、積極的に打者を攻めていることが好投に繋がっていると思う」とグレイは先発投手陣を代表して好投の秘訣を口にしていた。

  • 2回までに5得点のタイガースが逃げ切り 連敗ストップ

    2018.5.9 16:30 Wednesday

    【タイガース7-4レンジャーズ】@グローブライフ・パーク・イン・アーリントン

     レンジャーズ先発のマイク・マイナーに最初の2イニングで3本塁打を浴びせて5点を奪ったタイガースが、試合の主導権を一度もレンジャーズに渡さず、7対4で逃げ切って連敗を2でストップさせた。タイガースは初回にジャイマー・キャンデラリオが5号ソロ、ビクトル・マルティネスが3号ツーランを放って3点を先制し、2回表にはホゼ・イグレシアスが1号ツーラン。投げては先発のマイク・ファイアーズが6回途中2失点と力投し、3点差に迫られた8回裏には二死からクローザーのシェーン・グリーンが登板して4アウトセーブで今季7セーブ目をマークした。

     この試合での勝利により借金を5に減らしたタイガース。地区首位のインディアンスは借金1とまだ本来の力を発揮しておらず、3位のタイガースとの差は2ゲームしか開いていない。そうした状況もあり、タイガースのロン・ガーデンハイアー監督は「我々は戦い続けるよ。選手たちには(ポストシーズン進出の可能性を捨てることなく)戦い続けてほしいんだ」と言葉に力を込める。グリーンを8回裏から投入して逃げ切った今日の試合は、ガーデンハイアーの勝利への執念が現れた試合であると言えるだろう。一方のレンジャーズは、エイドリアン・ベルトレイが3安打2打点をマークするなど試合終盤に追い上げたものの、マイナーが序盤に喫した5失点が最後まで重くのしかかった。

  • スーターが投・攻・守にわたる活躍でクルーバーを撃破

    2018.5.9 16:00 Wednesday

    【インディアンス2-3ブリュワーズ】@ミラー・パーク

     先発のウェイド・マイリーが故障により打者3人に投げたところで降板したブリュワーズだったが、2番手として緊急登板したブレント・スーターが投・攻・守にわたる見事な活躍でチームを勝利に導いた。2回表一死一、二塁のピンチではコリー・クルーバーの送りバントが小フライになったところをダイビングキャッチで好捕し、併殺でピンチを脱出。3回裏には先頭打者として打席に入り、クルーバーからメジャー初本塁打となる一発をセンターへ叩き込んだ。投げては4回2/3を2失点に抑え、今季2勝目をマーク。「僕は野球をしただけだよ」とスーターは涼しげな表情で自身の活躍を振り返っていた。

     「クルーバーのピッチングは必見だから、いつもテレビで見ているんだ」と語ったスーターだが、クルーバーのピッチングをいつも見ていたことが貴重な本塁打に繋がったのかもしれない。2対1と1点リードで迎えた3回裏、先頭打者として打席に入ったスーターが高めに浮いた初球のシンカーを捉えると、打球は大きな放物線を描き、中堅フェンスの向こう側へ吸い込まれていった。スーターに被弾したクルーバーは「彼には脱帽だね。良いスイングをしてホームランを打ったんだから」と語り、悔しそうな表情を浮かべながらもスーターの活躍を称えていた。

  • ニューカム6回零封&アクーニャ決勝弾でブレーブス勝利

    2018.5.9 15:30 Wednesday

    【ブレーブス1-0レイズ】@トロピカーナ・フィールド

     今季最長の3連敗中だったブレーブスが、投打の若手選手の活躍で接戦を制し、連敗をストップさせた。前回登板で7回無失点の快投を見せた先発のショーン・ニューカムは、レイズ打線をわずか2安打に抑え、6回無失点の好投。「2番・レフト」で先発出場したロナルド・アクーニャJr.は3回表の第2打席で3号ソロを放ち、チーム唯一の得点を叩き出した。7回以降は4投手を繋いで1点のリードを守り抜き、1対0で辛勝。ブレーブスは連敗を3で止め、ナ・リーグ東部地区の首位をキープした。

     ブレーブスのブライアン・スニッカー監督は2試合連続で好投したニューカムについて「自信を持ってピッチングをしている。全ての球種に対して自信を持っているね。だから不利なカウントになってもパニックにならないんだ」と評価。今季のニューカムは7先発で3勝1敗、防御率2.88、奪三振率10.62をマークしており、若きエースの誕生を予感させる活躍を続けている。先発のブレイク・スネルをはじめとするレイズ投手陣の前にわずか4安打に終わったブレーブス打線だが、そのなかでアクーニャJr.が貴重な決勝弾。「彼は打席に立てば、いつだって強い打球を打つことができるんだ。彼のような素晴らしい選手が打線に加わったのはありがたいよ」とニューカムは20歳の有望株の活躍を頼もしそうに見つめていた。

  • カナダ出身・パクストンがトロントでノーヒッター達成!

    2018.5.9 15:00 Wednesday

    【マリナーズ5-0ブルージェイズ】@ロジャース・センター

     カナダ出身のジェームス・パクストン(マリナーズ)が母国で行われた5月9日のブルージェイズ戦で球団史上6度目となるノーヒッターを達成した。前回登板で16奪三振という圧巻のパフォーマンスを見せたパクストンは、前回登板と比べるとややおとなしめのピッチングだったものの、3回裏に2四球で招いたピンチを凌いだあとは全く危なげのないピッチングを展開。4回裏一死からジャスティン・スモークに四球を与えたあとは打者16人をパーフェクトに抑え、メジャーではショーン・マネイア(アスレチックス)とドジャースの継投ノーヒッターに次ぐ今季3度目のノーヒッターを完結させた。

     球場にいた誰もがノーヒッターの達成を確信したのは7回裏二死からケビン・ピラーが三塁ゴロに倒れたシーンだろう。三塁線を襲った打球を三塁手のカイル・シーガーが横っ飛びで好捕し、立ち上がるやいなやワンバウンドで一塁へストライク送球。あわや二塁打という打球をアウトに変え、パクストンのノーヒッターを後押しした見事なプレイだった。マリナーズでのノーヒッターはランディ・ジョンソン(1990年)、クリス・ボジオ(1993年)、フェリックス・ヘルナンデス(2012年:完全試合)、岩隈久志(2015年)に続いて球団史上5人目。2012年の継投ノーヒッターを含めると球団史上6度目の快挙である。また、カナダ出身の選手としては1945年にノーヒッターを達成したディック・ファウラー(アスレチックス)に次いで史上2人目の快挙となった。

  • ロイヤルズが初回4発10得点の猛攻で打撃戦を制す

    2018.5.9 14:30 Wednesday

    【ロイヤルズ15-7オリオールズ】@オリオール・パーク・アット・カムデンヤーズ

     ロイヤルズ打線が初回からオリオールズ先発のディラン・バンディに襲い掛かり、一死も取られず4本塁打を浴びせる猛攻で瞬く間にバンディをノックアウト。2番手のマイク・ライトJr.にも連打を浴びせたロイヤルズは初回だけで9安打を放ち、1イニング10得点をマークした。ロイヤルズは試合中盤にもマイク・ムスターカスの10号ツーランなどで5点を追加し、20安打と15得点はいずれも今季最多。先制弾を放ったホルヘ・ソレアーは3安打3打点、2本塁打を放ったムスターカスは3安打5打点、故障者リストからの復帰後、好調を維持しているアレックス・ゴードンは4安打3打点の活躍を見せ、打線の援護に恵まれたダニー・ダフィーは6回途中1失点の好投で今季初勝利をマークした。

     初回のロイヤルズの攻撃は圧巻だった。先頭のジョン・ジェイがヒットで出塁すると、ソレアー、ムスターカス、サルバドール・ペレスが三者連続本塁打を放って4得点。ルーカス・デューダとウィット・メリーフィールドが四球を選んだあと、ゴードンが3号スリーランを放ち、打者7人で7得点をあげてバンディを文字通り「瞬殺」した。2番手のライトJr.からも3安打で一死満塁のチャンスを作り、ムスターカスの2点タイムリーとペレスの犠牲フライで一挙10得点の超ビッグイニングが完成。初回4本塁打はメジャータイ記録であり、初回10得点は球団では12年ぶりのことだった。一方、オリオールズ先発のバンディは一死も取れずに4被弾でノックアウト。一死も取れず4本塁打を浴びたのはMLB史上初の屈辱となった。

  • 序盤の3点差を跳ね返したカブスが接戦を制し連勝

    2018.5.9 14:00 Wednesday

    【マーリンズ3-4カブス】@リグリー・フィールド

     ローテーション通りならば日本時間5月9日のカブスの先発はダルビッシュ有だったが、本人がDL入りしたために代わりとして台湾人右腕のツェン・ジェンホが今季初昇格、マーリンズ戦に臨んだ。しかし、初回から被弾するなど立ち上がり3失点と苦しんだが味方打線が援護し後半には逆転に成功して4対3で勝利した。

    序盤から3点を取られたカブスだったが、2回の攻撃で2死一・三塁から代打、デービッド・ボートのツーベースで2点を返す。その後のカブスは細かな継投でマーリンズ打線を寄せ付けない。一方のマーリンズ先発、ホゼ・ウーレイナは2回の失点後は5回までカブスに点を与えない。マーリンズは5回まで3対2とリードしていたが、6回に無死一・三塁からビクター・カラティーニの併殺崩れの間に同点とされると8回にはフィルダースチョイスで勝ち越しを許した。

     最終回はカブスの守護神、ブランドン・モローが締めて試合終了。序盤の劣勢を7人が登板する投手継投と打線がチャンスをモノにした結果が勝利につなががり、チームは連勝となった。一方のマーリンズは初回の3点を最後まで守り切ることができず連敗となった。

  • ノラが自己最多12奪三振 エース好投でフィリーズ快勝

    2018.5.9 12:30 Wednesday

    【ジャイアンツ2-4フィリーズ】@シチズンズバンク・パーク

     リーグを代表する好投手へ成長を遂げつつあるアーロン・ノラ(フィリーズ)が日本時間5月9日のジャイアンツ戦で見事なピッチングを見せた。あらゆる球種を抜群の制球力で巧みに使い分け、7回109球を投げて奪った空振りは26度(自己最多)。四球を1つも与えなかった一方、自己最多となる12奪三振を記録し、7回1失点の好投を披露した。打線は3本のソロ本塁打などでノラを援護し、8回以降は3投手の継投でジャイアンツの反撃を凌ぎ、4対2で勝利。地区首位のブレーブスとの0.5ゲーム差をキープした。

     フィリーズは1点を先制された直後の2回裏にアーロン・アルテールの4号ソロで同点とし、3回裏にはホルヘ・アルファーロの4号ソロとオドゥベル・ヘレーラのタイムリーで2点を勝ち越し。6回裏にはカルロス・サンタナの2試合連発となる5号ソロが飛び出し、リードを3点に広げた。8回表に2番手のエドゥブレイ・ラモスが代打のパブロ・サンドバルに被弾して1点を返されたものの、ラモスからトミー・ハンター、ヘクター・ネリスと繋ぐリレーでリードを守り抜き、4対2で試合終了。フィリーズは今季20勝に到達し、ノラは5勝目、ネリスは7セーブ目をマークした。

  • 好調アダムスが7戦7発 ターナーはペトコ初戦初アーチ

    2018.5.8 18:30 Tuesday

    【ナショナルズ8-5パドレス】@ペトコ・パーク

     マット・アダムス(ナショナルズ)の勢いが止まらない。日本時間5月8日のパドレス戦に「4番・一塁」で先発出場したアダムスは、6回表にタイソン・ロスから9号ツーランを放つと、7回表にはマット・ストラームから試合を決める10号スリーラン。今月2度目となる1試合2本塁打の活躍で5打点を叩き出し、チームの勝利に大きく貢献した。対右腕用のプラトーン要員として起用されているアダムスは、左腕との対戦がほとんどなく、ストラームから放った一発が左腕からの今季初アーチ。5月に入ってからは7試合に出場して打率.400、7本塁打、13打点、OPS1.756と絶好調で、直近9試合で8勝と好調なチームを牽引する存在となっている。

     また、2014年のドラフトでパドレスから1巡目(全体13位)指名を受けながら、メジャー昇格前にレイズを絡めた三角トレードでナショナルズへ放出されたトレイ・ターナーは、この日がパドレスの本拠地ペトコ・パークでのデビュー戦。ペトコ・パークに詰めかけたパドレス・ファンの前で、初回の第1打席に挨拶代わりの3号先制ソロをセンター左へ叩き込んだ。ターナーはパドレスに対して通算で.346の高打率をマーク。パドレスはターナーをドラフト指名した2014年以降、毎年のように正遊撃手が変わり、レギュラーを固定できない状況が続いており、メジャーの舞台で着実に成長を続けるターナーの活躍を見て、球団首脳は何を思っただろうか。

  • アストロズ16得点で大勝 スプリンガーは1試合6安打

    2018.5.8 17:30 Tuesday

    【アストロズ16-2アスレチックス】@オークランド・コロシアム

     スティーブン・ピスコッティ(アスレチックス)の母・グレッチェンが筋萎縮性側索硬化症で亡くなり、試合開始前に黙祷が捧げられたアストロズ対アスレチックスの一戦は、アストロズ打線がアスレチックス投手陣に容赦ない攻撃を浴びせ、20安打16得点の猛攻で大勝した。なかでもリードオフマンのジョージ・スプリンガーはプレイボール直後の2球目を弾き返した二塁打を皮切りに、8号スリーランを含む6打数6安打の大暴れ。アストロズの選手が1試合6安打を記録したのは1965年のジョー・モーガン以来2人目だが、モーガンは延長12回の試合で6安打を放っており、スプリンガーは9回で終了した試合で6安打を放った球団史上初の選手となった。

     試合後、スプリンガーは「なんて説明すればいいかわからないよ」と喜びを表現した。「1週間で6安打を打てるだけでも満足なのに、1試合で6本もヒットを打てるなんてね。正直に言って、本当に言葉が見つからないよ」とスプリンガー。試合開始前の時点で.264だった打率は、今日の試合を経て.292へ急上昇した。アストロズは6安打3打点のスプリンガー、3安打5打点のマーウィン・ゴンザレスを筆頭に先発全員安打となる20安打16得点の猛攻。先発のダラス・カイケルは今季のベストピッチングと言える8回1失点の好投を見せ、アスレチックスを投打で圧倒して16対2の大勝となった。

  • 4本塁打&エフリン好投のフィリーズが11得点で完勝

    2018.5.8 15:00 Tuesday

    【ジャイアンツ0-11フィリーズ】@シチズンズバンク・パーク

     本拠地シチズンズバンク・パークにジャイアンツを迎えたフィリーズは、4連戦の初戦にザック・エフリンを送り込んだ。今季初登板初先発となった前回登板で6回1失点の好投を見せたエフリンは、この試合でも7回途中無失点の見事なピッチング。そのエフリンを打線もしっかり援護し、オドゥベル・ヘレーラの4号スリーランと5号ツーラン、セザー・ヘルナンデスの4号ツーラン、カルロス・サンタナの4号スリーランで6回までに大量10点のリードを奪った。打線の援護にも恵まれたエフリンは、昨年8月以来となる白星をマーク。フィリーズはエフリンからザック・カーティス、セランソニー・ドミンゲス、ヤクセル・リオスと繋ぎ、ジャイアンツ打線を6安打に封じて完封リレーを完成させた。

     エフリンは好投の要因として「下半身を上手く使い、打者に近いところでボールをリリースできるようになったこと」を挙げる。この点についてはゲーブ・キャプラー監督の見解も一致しており、「彼のストライド幅は本当に良くなった。打者から見ると、以前よりもボールに威力があるはずだよ」と語っている。下半身を上手く使えるようになったことは球速にも好影響を与えており、キャプラーは「以前は速球のスピードのバラツキが大きかった。でも今は91、92マイルから95、96マイルの間で安定するようになっている。これは大きなことだよ」と指摘する。これで今季は2試合に先発して防御率0.71、被打率.159。アーロン・ノラとジェイク・アリエタの両右腕が安定したパフォーマンスを続けているだけに、彼らに続く「三本目の柱」の出現は、フィリーズにとって極めて明るい材料と言えそうだ。

  • カブスも4本塁打で今月初勝利 ハップが両打席本塁打

    2018.5.8 14:00 Tuesday

    【マーリンズ2-14カブス】@リグリー・フィールド

     宿敵・カージナルス3連戦で被スイープを喫するなど、今月に入って5戦全敗だったカブスは、本拠地に戻って今日からマーリンズとの3連戦。その初戦では、初回から終盤まで打線がコンスタントに得点を重ね、終わってみれば14対2の大勝となった。1回裏にクリス・ブライアントが5号ツーラン、3回裏にハビアー・バイエズが10号スリーランを放って序盤で5点のリードを奪うと、イアン・ハップは4回裏に右打席から4号ツーラン、7回裏に左打席から5号スリーランを放ち、球団では2013年のディオナー・ナバーロ以来となる両打席本塁打を達成。先発のカイル・ヘンドリックスは8回2失点の好投を見せ、投打にマーリンズを圧倒したカブスが連敗を5で止めた。

     マーリンズの先発はナ・リーグ防御率1位のジャーリン・ガルシアだったが、5月に入って5試合で14点しか奪えていなかったカブス打線が溜めていたエネルギーを一気に放出するかのようにガルシアに襲い掛かった。カブスのジョー・マドン監督はガルシアを「とても才能のある選手だ」と高く評価したものの、カブス打線はガルシアに3本塁打を浴びせ、4回7失点でノックアウト。「今日はチェンジアップが高かったように思う。だから我々は打てたんじゃないかな」とマドンは分析した。なお、マーリンズの3番手として8回裏の途中から登板した田澤純一は、ウィルソン・コントレラスにタイムリーを浴びて前の投手が残した走者の生還を許したものの、続く3人をしっかり抑えて1回無失点。今季の防御率を7.31とした。

  • 4本塁打を放ったメッツが逃げ切り ようやく5月初勝利

    2018.5.8 12:30 Tuesday

    【メッツ7-6レッズ】@グレートアメリカン・ボールパーク

     今月まだ白星がなく6連敗中のメッツは、今日から敵地グレートアメリカン・ボールパークでのレッズ3連戦を迎えた。本塁打が出やすく打者有利と言われるこの球場で、メッツ打線はマイケル・コンフォートの先頭打者本塁打を皮切りに4本塁打を放ち、5回までに7得点。この試合がメジャーデビュー戦となった先発のP.J.コンロンは4イニングを投げ切ることができず、コンロンをリリーフしたポール・シーウォルドとロバート・グセルマンも失点を重ねたが、守護神のジューリス・ファミリアが1点のリードを守り抜いて逃げ切り。メッツは今月初勝利をマークし、連敗を6で止めた。

     今月初勝利をマークしたメッツのミッキー・キャラウェイ監督は「今日のような日が増えるといいね」とホッとした表情を浮かべるとともに、「ここは打者に有利な球場で本塁打が出やすい。今日は攻撃陣がよく頑張ってくれたね」と打線の頑張りを勝利の要因に挙げた。初回にコンフォートが先頭打者アーチを放ち、2点リードの3回表にはジェイ・ブルースとエイドリアン・ゴンザレスの一発で3得点。ゴンザレスは5回表にも5号ソロを放ち、2016年8月以来の1試合複数本塁打を記録した。「今日はみんなよくバットが振れていた。良い打席が多かったね」と試合を振り返ったのは先頭打者アーチを放ったコンフォート。「ああいう形で試合を始められたのは良かったよ」と自身の一発を自画自賛していた。

  • 第6週の週間MVPにリンドーアとポロックが選出!

    2018.5.8 11:30 Tuesday

     日本時間5月8日、2018年レギュラーシーズン第6週(現地時間4月30日~5月6日が対象)の週間MVPが発表され、アメリカン・リーグはフランシスコ・リンドーア(インディアンス)、ナショナル・リーグはA.J.ポロック(ダイヤモンドバックス)が選出された。

     リンドーアは打率.425(40打数17安打)、4本塁打、10打点、OPS1.264の好成績をマーク。期間中の8試合でチームは3勝5敗と負け越してしまったが、そのなかで6試合連続マルチ安打を記録し、全8試合でヒットを放つなど、リードオフマンとして大活躍を見せた。2015年9月に月間最優秀新人に選出されているリンドーアだが、週間MVPはメジャー4年目にして初めての受賞となった。

     一方のポロックは打率.423(26打数11安打)、4本塁打、8打点、OPS1.448の好成績をマーク。先週終了時点では打率.276どまりだったものの、日本時間5月1日のドジャース戦で3本塁打を放つなど一気に調子を上げて打率を3割に乗せ、長打率.669とOPS1.032でリーグトップ、29打点でリーグトップタイに立っている。今季終了後にフリーエージェントとなるため、この活躍を今後も続けていけば、フリーエージェント市場では注目株の一人となりそうだ。なお、ポロックの週間MVP受賞は2015年8月以来4度目である。

  • 開幕第6週の最優秀ブルペンはレッドソックス!

    2018.5.8 11:00 Tuesday

     日本時間5月7日、MLB公式サイトではレギュラーシーズン第6週(対象期間は現地時間4月30日~5月6日)の最優秀ブルペンにレッドソックスを選出した。開幕第6週のレッドソックス救援陣はリーグ2位の26回1/3を投げ、防御率2.73、奪三振37、与四球3の安定したパフォーマンス。期間中5勝2敗をマークしたチームの戦いを支えていた。

     最優秀ブルペンを算出する際のポイントの計算方法は至ってシンプル。以下のルールに従って加減していくだけである(合計100ポイントで優秀だと考えられている)。

    ・1アウト=+1.5ポイント
    ・1奪三振=+1.5ポイント
    ・1セーブ=+5ポイント
    ・1被安打=-2ポイント
    ・1自責点=-4ポイント
    ・1非自責点=-2ポイント
    ・1与四球=-1ポイント
    ・1セーブ失敗=-5ポイント

     開幕第5週のレッドソックス救援陣は92ポイントを記録した。ジョー・ケリーが2回2/3を無失点に抑え、対戦した9人の打者から5三振を奪ったほか、クローザーのクレイグ・キンブレルは2セーブを記録し、通算300セーブに到達。通算セーブ機会330での通算300セーブ達成はメジャー史上最速記録となった。また、マーカス・ウォルデンは日本時間5月5日のレンジャーズ戦に3番手として登板し、3回2/3を1失点(自責点0)に抑える力投。なお、獲得ポイント数の2位はカージナルス(84.5ポイント)、3位はツインズ(76ポイント)だった。

  • カージナルスが2試合連続延長サヨナラ弾で宿敵スイープ

    2018.5.7 18:00 Monday

    【カブス3-4xカージナルス(延長14回)】@ブッシュ・スタジアム

     コルテン・ウォンの劇的なサヨナラ本塁打から一夜明け、ライバル・カブスとの3連戦の最終戦を迎えたカージナルス。6回裏にウォンのタイムリー三塁打で追い付いたあとは膠着状態が続き、試合は延長14回に突入したが、延長14回表にカブスのハビアー・バイエズに9号勝ち越しソロが飛び出し、試合は決したかに思われた。ところが延長14回裏、カージナルスは二死からハリソン・ベイダーが内野安打で出塁して逆転勝利への望みをつなぎ、続くデクスター・ファウラーが右翼ポール際に飛び込む5号逆転サヨナラツーラン。2試合連続延長サヨナラ本塁打という奇跡的な勝利で、宿敵との3連戦をスイープした。

     ファウルチップによる負傷のため手術を受け、1ヶ月近く戦列を離れることになった正捕手のヤディアー・モリーナは、自身の代役を務めるフランシスコ・ペーニャに「試合に勝て。そして試合を楽しめ」とテキストメッセージを送ったという。試合後、ペーニャは「その通りになった。とても楽しい試合だったよ」と語ったが、ファウラーの打球がジェイソン・ヘイワードのグラブのわずかに上を通過してスタンドインした瞬間、4万5000人を超える大観衆が詰めかけたブッシュ・スタジアムは大歓声に包まれた。ちなみに「2試合連続延長サヨナラ本塁打」は2011年6月にカージナルスがカブス相手に記録して以来、メジャー7年ぶりの出来事。この年のカージナルスはワイルドカードでポストシーズンへ進出し、ワールドシリーズ制覇を成し遂げている。シーズン前には苦戦を予想する声も聞こえたが、リーグ2位の勝率で地区首位を走っているカージナルス。「2試合連続延長サヨナラ本塁打」は7年ぶりのワールドシリーズ制覇に向けての吉兆なのかもしれない。

  • パドレスの投打のエリックが活躍 メキシコ3連戦終了

    2018.5.7 17:00 Monday

    【ドジャース0-3パドレス】@エスタディオ・デ・ベイスボル・モンテレイ

     ドジャースとパドレスによるメキシコ3連戦の最終戦は、投打の「エリック」の活躍によりパドレスが3対0で完封勝利。対戦成績を2勝1敗とし、ホームゲーム扱いのメキシコ3連戦を勝ち越しで終えた。「投のエリック」ことエリック・ラウアーは、ドジャース打線に7安打を浴びながらも要所を抑えて6回無失点の好投。そのラウアーを「打のエリック」ことエリック・ホズマーが5号ツーランで援護した。7回裏にはフランチー・コルデロのタイムリーでリードを3点に広げ、ラウアー降板後はクレイグ・スタメン、カービー・イエーツ、ブラッド・ハンドが無失点リレー。メキシコのモンテレイに集った2万1000人を超える野球ファンの前で完封リレーを完成させた。

     決勝点となる先制アーチを放ったホズマーは「僕たちはこのシリーズが特別なものになるだろうと思っていた。メキシコのファンの前でいい試合をしたかったんだ。勝ち越すことができて良かったよ」とメキシコでの3連戦を振り返った。4月はわずか2本塁打2打点に終わったホズマーだが、5月に入って5試合で早くも3本塁打8打点。この数字を見るだけでもわかるように5月に入って状態を上げており、今後はさらなる活躍が期待できそうだ。一方のラウアーは、メジャー3度目の先発登板にして記念すべきメジャー初勝利をマーク。最初の5イニングはいずれも得点圏に走者を背負ったものの、新人らしからぬ落ち着いたピッチングでドジャース打線に得点を許さなかった。球場ではパドレスのファンが集まって「バモス・パドレス」の大合唱が始まるなど、メキシコらしい陽気な雰囲気で大盛り上がり。パドレス主催のメキシコ3連戦は大成功に終わったと言えそうだ。

  • エンゼルス・大谷が7回途中まで2失点の力投で3勝目

    2018.5.7 16:30 Monday

    【エンゼルス8-2マリナーズ】@セーフコ・フィールド

     日本時間4月25日以来となった今季5度目の先発登板で、大谷翔平(エンゼルス)がチームを勝利に導くピッチングを見せた。立ち上がりを三者凡退に抑えると、2回裏にはネルソン・クルーズとミッチ・ハニガーを空振り三振に斬って取るなど、速球、スライダー、スプリッターのコンビネーションが冴えわたり、6回までマリナーズ打線をシャットアウト。球数が100球に近付いてきた7回裏にライオン・ヒーリーに5号ツーランを浴び、マイク・ズニーノを歩かせたところで降板となったものの、6回0/3を投げて被安打6、奪三振6、与四球2、失点2という安定したピッチングで今季3勝目をマークした。

     エンゼルスのマイク・ソーシア監督は「今日の大谷は良い球を投げていたね。しばらく登板していなかったけれど、コマンドが非常にシャープになっていた。7回は疲れていたのだろう。それ以外は本当に素晴らしかったよ」と大谷のピッチングを評価。打線はザック・コザートが4号ソロ、クリス・ヤングが2号ソロ、マイク・トラウトが12号スリーランを放つなど、6回までに6点を奪い、大谷を援護した。「思っていたよりも普通の感覚で投げられた」と久しぶりの登板を振り返った大谷の好投により、エンゼルスは敵地でのマリナーズ3連戦を2勝1敗で勝ち越し。2位・アストロズとの差を1ゲーム、3位・マリナーズとの差を1.5ゲームに広げ、ア・リーグ西部地区で単独首位に立っている。

« Previous PageNext Page »