English Español 韓国語
  • アメリカ50州・カナダ・プエルトリコの「最高のドラフト指名選手」

    2020.5.30 14:30 Saturday

     日本時間5月30日、メジャーリーグ公式サイトのマイク・ローゼンバームはアメリカ50州(とワシントンD.C.)、カナダ、プエルトリコの「最高のドラフト指名選手」を特集する記事を公開した。選手の出身地ではなく「どの州の学校からドラフト指名されたか」が基準となっており、アラスカ州のみ該当者なしとなっている。WARはデータサイト「Baseball-Reference」が算出している値を使用。ローゼンバームが選出した52人は以下の通り。

    アラバマ州
    フランク・トーマス(一塁手・WAR73.8)
    打率.301 521本塁打 1704打点 32盗塁 OPS.974

    アラスカ州
    該当者なし

    アリゾナ州
    バリー・ボンズ(外野手・WAR162.8)
    打率.298 762本塁打 1996打点 514盗塁 OPS1.051

    アーカンソー州
    トリー・ハンター(外野手・WAR50.7)
    打率.277 353本塁打 1391打点 195盗塁 OPS.793

    カリフォルニア州
    リッキー・ヘンダーソン(外野手・WAR111.2)
    打率.279 297本塁打 1115打点 1406盗塁 OPS.820

    カナダ
    ジョーイ・ボットー(一塁手・WAR62.0)
    打率.307 284本塁打 944打点 79盗塁 OPS.941

    コロラド州
    ロイ・ハラデイ(右腕・WAR64.2)
    203勝105敗1セーブ 防御率3.38 2117奪三振

    コネチカット州
    ジェフ・バグウェル(一塁手・WAR79.9)
    打率.297 449本塁打 1529打点 202盗塁 OPS.948

    ワシントンD.C.
    ジョン・フラハティ(捕手・WAR1.6)
    打率.252 80本塁打 395打点 10盗塁 OPS.667

    デラウェア州
    デライノ・デシールズ(二塁手/外野手・WAR24.4)
    打率.268 80本塁打 561打点 463盗塁 OPS.729

    フロリダ州
    アレックス・ロドリゲス(遊撃手/三塁手・WAR117.5)
    打率.295 696本塁打 2086打点 329盗塁 OPS.930

    ジョージア州
    ケビン・ブラウン(右腕・WAR67.8)
    211勝144敗0セーブ 防御率3.28 2397奪三振

    ハワイ州
    シド・フェルナンデス(左腕・WAR32.8)
    114勝96敗1セーブ 防御率3.36 1743奪三振

    アイダホ州
    キース・フォーク(右腕・WAR20.7)
    41勝37敗191セーブ 防御率3.33 718奪三振

    イリノイ州
    ジム・トーメイ(一塁手/指名打者・WAR72.9)
    打率.276 612本塁打 1699打点 19盗塁 OPS.956

    インディアナ州
    スコット・ローレン(三塁手・WAR70.1)
    打率.281 316本塁打 1287打点 118盗塁 OPS.855

    アイオワ州
    ジム・サンドバーグ(捕手・WAR40.5)
    打率.248 95本塁打 624打点 20盗塁 OPS.674

    カンザス州
    デイビー・ロープス(二塁手/外野手・WAR42.4)
    打率.263 155本塁打 614打点 557盗塁 OPS.737

    ケンタッキー州
    デービッド・ジャスティス(外野手・WAR40.6)
    打率.279 305本塁打 1017打点 53盗塁 OPS.878

    ルイジアナ州
    チャック・フィンリー(左腕・WAR57.9)
    200勝173敗0セーブ 防御率3.85 2610奪三振

    メイン州
    ビル・スウィフト(右腕・WAR20.7)
    94勝78敗27セーブ 防御率3.95 767奪三振

    メリーランド州
    カル・リプケンJr.(遊撃手・WAR95.9)
    打率.276 431本塁打 1695打点 36盗塁 OPS.788

    マサチューセッツ州
    トム・グラビン(左腕・WAR80.7)
    305勝203敗0セーブ 防御率3.54 2607奪三振

    ミシガン州
    デレク・ジーター(遊撃手・WAR71.3)
    打率.310 260本塁打 1311打点 358盗塁 OPS.817

    ミネソタ州
    ポール・モリター(三塁手/二塁手・WAR75.7)
    打率.306 234本塁打 1307打点 504盗塁 OPS.817

    ミシシッピ州
    ラファエル・パルメイロ(一塁手・WAR71.9)
    打率.288 569本塁打 1835打点 97盗塁 OPS.885

    ミズーリ州
    アルバート・プーホルス(一塁手・WAR100.8)
    打率.300 656本塁打 2075打点 114盗塁 OPS.927

    モンタナ州
    ケイレブ・フレア(左腕・WAR-0.1)
    0勝1敗0セーブ 防御率6.52 12奪三振

    ネブラスカ州
    アレックス・ゴードン(三塁手/外野手・WAR35.0)
    打率.258 186本塁打 738打点 113盗塁 OPS.752

    ネバダ州
    グレッグ・マダックス(右腕・WAR106.6)
    355勝227敗0セーブ 防御率3.16 3371奪三振

    ニューハンプシャー州
    カールトン・フィスク(捕手・WAR68.4)
    打率.269 376本塁打 1330打点 128盗塁 OPS.797

    ニュージャージー州
    マイク・トラウト(外野手・WAR72.8)
    打率.305 285本塁打 752打点 200盗塁 OPS1.000

    ニューメキシコ州
    トニー・フィリップス(内野手/外野手・WAR50.9)
    打率.266 160本塁打 819打点 177盗塁 OPS.763

    ニューヨーク州
    マニー・ラミレス(外野手・WAR69.3)
    打率.312 555本塁打 1831打点 38盗塁 OPS.996

    ノースカロライナ州
    マディソン・バムガーナー(左腕・WAR36.8)
    119勝92敗0セーブ 防御率3.13 1794奪三振

    ノースダコタ州
    ニール・ワグナー(右腕・WAR-0.4)
    2勝4敗0セーブ 防御率4.92 43奪三振

    オハイオ州
    マイク・シュミット(三塁手・WAR106.9)
    打率.267 548本塁打 1595打点 174盗塁 OPS.908

    オクラホマ州
    ジョニー・ベンチ(捕手・WAR75.2)
    打率.267 389本塁打 1376打点 68盗塁 OPS.817

    オレゴン州
    デール・マーフィー(外野手・WAR46.5)
    打率.265 398本塁打 1266打点 161盗塁 OPS.815

    ペンシルベニア州
    ジェイミー・モイヤー(左腕・WAR49.8)
    269勝209敗0セーブ 防御率4.25 2441奪三振

    プエルトリコ
    カルロス・ベルトラン(外野手・WAR70.1)
    打率.279 435本塁打 1587打点 312盗塁 OPS.837

    ロードアイランド州
    ジェリー・レミー(二塁手・WAR14.6)
    打率.275 7本塁打 329打点 208盗塁 OPS.656

    サウスカロライナ州
    ジミー・キー(左腕・WAR48.9)
    186勝117敗10セーブ 防御率3.51 1538奪三振

    サウスダコタ州
    ブレイク・トライネン(右腕・WAR8.2)
    26勝22敗71セーブ 防御率2.97 391奪三振

    テネシー州
    トッド・ヘルトン(一塁手・WAR61.8)
    打率.316 369本塁打 1406打点 37盗塁 OPS.953

    テキサス州
    ロジャー・クレメンス(右腕・WAR139.2)
    354勝184敗0セーブ 防御率3.12 4672奪三振

    ユタ州
    ジャック・モリス(右腕・WAR43.5)
    254勝186敗0セーブ 防御率3.90 2478奪三振

    バーモント州
    カーク・マカスキル(右腕・WAR14.3)
    106勝108敗7セーブ 防御率4.12 1003奪三振

    バージニア州
    ルー・ウィテカー(二塁手・WAR75.1)
    打率.276 244本塁打 1084打点 143盗塁 OPS.789

    ワシントン州
    ライン・サンドバーグ(二塁手・WAR68.0)
    打率.285 282本塁打 1061打点 344盗塁 OPS.795

    ウエストバージニア州
    ジョー・ニークロ(右腕・WAR29.7)
    221勝204敗16セーブ 防御率3.59 1747奪三振

    ウィスコンシン州
    ジャロッド・ウォシュバーン(左腕・WAR28.1)
    107勝109敗1セーブ 防御率4.10 1103奪三振

    ワイオミング州
    グレッグ・ブロック(一塁手・WAR10.0)
    打率.248 110本塁打 462打点 41盗塁 OPS.737

  • マイナー選手の解雇なし ロイヤルズ・ムーアGMに称賛の声

    2020.5.30 12:00 Saturday

     日本時間5月30日、ロイヤルズのデイトン・ムーアGMは、球団に在籍しているすべてのマイナーリーガーにマイナーリーグのシーズン終了まで給与を支払い続けることを発表した。ここ数日、各球団が多くのマイナーリーガーを解雇したことが報じられているが、ロイヤルズはマイナーリーガーを1人も解雇せず、給与を支払い続けるという。ムーアはZOOMによる会見のなかでマイナーリーガーの重要性を強調し、選手を含む球界関係者から多くの称賛を集めている。

     ムーアは球団オーナーのジョン・シャーマンと話し合いの場を設けたうえで、球団と被雇用者にとって正しいことをするという「ロイヤル・ウェイ(Royal Way)」を貫く決断をしたことを明らかにした。

     「マイナーリーガーたちは、みなさんが知らない選手かもしれないし、ルーキーリーグ以上の階級でプレーしたことがない選手かもしれない。でも、メジャーで10~15年プレーしているベテラン選手と同じように球界にとって重要な存在なんだ」とムーア。ZOOMを通してスカウトや監督・コーチのみならず、多くもマイナーリーガーとも連絡を取り合っているという。

     ムーアは「ジョン・シャーマンをはじめとするすべての投資家のみなさんを我々の組織の一員として迎えることができたことは非常に幸運である」と語り、マイナーリーガーを解雇せず、給与を支払い続けることに理解を示した球団フロント陣への感謝を述べた。その一方で、ムーアの今回の決断を称賛する声も非常に多い。

     ロイヤルズの一員として2015年のワールドシリーズ制覇に貢献し、現在はパドレスでプレーするエリック・ホズマーは「デイトンの下でプレーできたことを誇りに思う」とツイート。2016年から2年間ロイヤルズに在籍したピーター・モイランは「僕はデイトン・ムーアが大好きだ」とムーアの決断を称えた。MLBネットワークのジョン・ヘイマンも「素晴らしい考え方。デイトン・ムーアは称賛に値する人物だ」と手放しで称賛している。

  • MLB機構がドラフト日程発表 日本時間6月11~12日に開催

    2020.5.30 11:30 Saturday

     日本時間5月30日、メジャーリーグ機構は2020年のドラフトが日本時間6月11~12日に開催される予定であることを正式に発表した。2020年のドラフトは5巡目まで指名が行われ、2日間ともMLBネットワークとESPNで生中継される。1日目は1巡目と戦力均衡ラウンドAの合計37人が指名され、2巡目から5巡目の指名は2日目に行われる。

     例年、ドラフトは40巡目まで指名が行われるが、2020年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により5巡目までに縮小された。2つの戦力均衡ラウンドとフリーエージェント選手の移籍による補償指名権を含め、1巡目から5巡目までのあいだに合計160人の選手が指名される予定だ。

     基本的に各球団が持つ指名権は5つだが、ジャイアンツはマディソン・バムガーナー(ダイヤモンドバックス)とウィル・スミス(ブレーブス)がフリーエージェントで移籍したため、2つの補償指名権を獲得して合計7つ。カージナルスも戦力均衡ラウンドBの指名権とマーセル・オズーナ(ブレーブス)のフリーエージェント移籍による補償指名権を含む7つの指名権を持っている。

     一方、ヤンキースはフリーエージェントでゲリット・コールを獲得して2巡目と5巡目の指名権を喪失したため、全30球団のなかで最少となる3人しか指名できない。アストロズはサイン盗みのペナルティにより1巡目と2巡目の指名権を剥奪されたが、コールの移籍により補償指名権を獲得したため、持っている指名権は4つ。同じくサイン盗みのペナルティで2巡目の指名権を剥奪されたレッドソックスも指名権は4つとなっている。

     ドラフトで指名されなかった選手はドラフト外でのプロ入りも可能だが、契約金は最大2万ドルに制限されている。そのため、指名漏れとなった高校生の大半は大学へ進学、大学3年生の大半は進級する可能性が高く、ドラフト外でプロ入りする選手のほとんどが大学4年生になると見られている。

  • 選手会は「より多くの試合」と「完全な日割り給与」を要求へ

    2020.5.29 13:45 Friday

     ESPNのジェフ・パッサンによると、メジャーリーグ選手会はメジャーリーグ機構に対して「レギュラーシーズンを100試合以上の規模で開催すること」と「開催された試合数に応じた日割りの給与を完全に保証すること」を求めるようだ。メジャーリーグ機構から年俸削減についてのプランを提示された選手会は電話会議を行い、メジャーリーグ機構から提示されたプランを無視する方針を固めたという。2020年シーズンの開幕に向けて、交渉の行方が注目される。

     メジャーリーグ選手会の8人の役員のうちの1人であるマックス・シャーザー(ナショナルズ)は、メジャーリーグ機構から提示されたプランについて「他の選手たちと最新の動向について話し合ったが、さらなる年俸削減についてメジャーリーグ機構と交渉する必要はない」と自身のTwitterで発信。選手会は3月の時点で、開催された試合数に応じた日割りの給与を得ることで合意しており、これ以上の年俸削減に応じる必要はないというスタンスを貫いている。

     一方、メジャーリーグ機構は無観客でのシーズン開催となれば、各球団の大幅な収入減は避けられないため、選手会にさらなる年俸削減を求めている。選手会が100試合以上のシーズンを望んでいるのに対し、82試合制でのシーズン開催を提案しているのも、より高額な放映権収入が期待できるポストシーズンを無事に開催するために、長期間のシーズン中に新型コロナウイルスの感染が拡大してシーズンが中断ないし中止されてしまうリスクを減らす狙いがあると見られている。

     メジャーリーグ機構も選手会も2020年シーズンを開幕させたいという点では一致しているものの、特に金銭面の意見には大きな隔たりがある。選手会が100試合以上のシーズンを望んでいるのは、交渉のカードとするためという見方もある(譲歩して82試合制の開催にする代わりに完全な日割りの給与を得る)。金銭面の問題ばかりが取り上げられ、感染防止策などに関する議論が進んでいない点は気掛かりだが、メジャーリーグの2020年シーズンは無事に開幕を迎えることができるのだろうか。

  • 相次ぐマイナー選手の大量解雇 1000人を超える可能性も

    2020.5.29 12:30 Friday

     日本時間5月29日、複数の球団で多くのマイナーリーガーが解雇され、数百人という規模の野球選手が職を失う事態となっている。ESPNによると、マイナーリーグの2020年シーズンは開催されない可能性が高く、まだマイナーリーガーの大量解雇を行っていないチームでも今後数日以内にマイナーリーガーの解雇が行われる見込み。その規模は1000人を超える可能性があるという。

     チーム関係者によると、今回解雇された選手の大半は、新型コロナウイルスの感染拡大によってスプリング・トレーニングが中断されていなかった場合、スプリング・トレーニングの終了までに解雇されていた可能性が高いという。しかし、各球団が一斉に多くのマイナーリーガーを解雇し始めたことへの反響は大きく、野球選手としてのキャリアが終わってしまったと感じている選手もいるようだ。

     ジ・アスレチックのケン・ローゼンタールは「トランザクションは凍結されており、マイナーリーグの2020年シーズンはキャンセル可能性が高いため、解雇された選手たちは少なくとも2020年シーズン中は戻ってくる場所がないかもしれない」と伝えている。現在の球界にはマイナーリーグの規模縮小、要するに球団削減に向けた動きがあり、今回の大量解雇を機にその動きが加速していく可能性も否定できない。そうなれば、今回解雇された選手たちが野球選手としてのキャリアを継続するのはさらに困難になるだろう。

     メジャーリーグ各球団は、4月と5月にマイナーリーガーに対して週給400ドルを支払うことに合意していた。しかし、6月以降の動きについては球団ごとに対応が異なっており、マリナーズやパドレスのように通常のマイナーリーグのシーズンが行われる8月末まで給与の支払いを約束している球団もあれば、ひとまず6月だけ給与の支払いを約束し、その後は1ヶ月単位で判断するとしている球団もある。その一方で、アスレチックスは6月以降は給与を支払わないことをマイナーリーガーへ通達し、大きな批判を集めている。

  • 最強チーム決定戦 2001年マリナーズなどベスト8が出揃う

    2020.5.29 11:40 Friday

     シミュレーション企画「MLBドリーム・ブラケット2」は、日本時間5月29日に3回戦が行われ、イチローと佐々木主浩がメンバー入りしている2001年マリナーズなどベスト8が出揃った。8組の対戦のうち、スイープで決着したカードは1つもなく、6組が第6戦または第7戦までもつれる熱戦となった。準々決勝は日本時間6月2日に行われる予定となっている。

     2004年レッドソックスは1961年ヤンキースとの「時空を超えたライバル対決」となり、4勝1敗でベスト8進出を決めた。デービッド・オルティスとマニー・ラミレスの2人を中心に打線が機能し、5試合中3試合で2ケタ得点を記録するなど5試合で合計40得点。1勝1敗で迎えた第3戦からの3連勝で宿敵ヤンキースを撃破した。

     2001年マリナーズは2011年レンジャーズとの熱戦を制し、4勝3敗でベスト8進出を決めた。3勝3敗で迎えた第7戦は6対6の同点で終盤に突入し、7回裏にエドガー・マルティネスの2ランとマイク・キャメロンのタイムリー二塁打で3点を勝ち越し。8回裏には二死からイチローが内野安打で出塁し、続くマーク・マクレモアのタイムリー二塁打でダメ押しの10点目を奪った。4点リードの最終回は佐々木が無失点に抑えて試合終了。上原浩治と建山義紀がメンバー入りしているレンジャーズは3回戦敗退となった。

     そのマリナーズと準々決勝で対戦することになったのがニグロリーグから参戦している1942年カンザスシティ・モナークスだ。2連勝のあと、2対12、0対7と2019年アストロズに圧倒されたものの、第5戦はサチェル・ペイジがジャスティン・バーランダーとの投げ合いを制し、第6戦では打線がアストロズ救援陣を攻略して逆転勝利を収めた。1994年モントリオール・エクスポズが1986年メッツに敗れたため、特別参加チームでは唯一の勝ち残りとなっている。

     日本時間5月29に行われた3回戦の結果は以下の通り(最大7試合の4勝先取制。スコアは勝敗を表す)。

    ア・リーグ ブロック1
    2004年レッドソックス 4-1 1961年ヤンキース
    1954年インディアンス 4-1 1970年オリオールズ

    ア・リーグ ブロック2
    1942年モナークス 4-2 2019年アストロズ
    2001年マリナーズ 4-3 2011年レンジャーズ

    ナ・リーグ ブロック1
    1975年レッズ 4-2 1957年ブレーブス
    1960年パイレーツ 4-3 1997年マーリンズ

    ナ・リーグ ブロック2
    1986年メッツ 4-3 1994年エクスポズ
    1995年ブレーブス 4-2 2019年ナショナルズ

  • 球団史上最高の先発右腕は誰だ!? MLB公式サイトの番記者が選出

    2020.5.28 18:45 Thursday

     メジャーリーグ公式サイトでは、レギュラーシーズンの開幕延期によって試合がない期間を利用し、各球団の「オールタイム・チーム」を決定する企画を実施している。捕手、一塁手、二塁手、三塁手、遊撃手、左翼手、中堅手、右翼手、指名打者に続く第10弾は先発右腕。各球団の番記者が歴代の先発右腕のなかからトップ5を選出して紹介している。

    アメリカン・リーグ東部地区

    オリオールズ
    【1位】ジム・パーマー(1965-84)
    268勝、521先発、211完投、53完封、先発での防御率2.80、2212奪三振はいずれも球団記録。20勝8回、サイ・ヤング賞3回。
    【2位】マイク・ムシーナ(1991-2000)
    【3位】マイク・ボディッカー(1980-88)
    【4位】ミルト・パパス(1957-65)
    【5位】デニス・マルティネス(1976-86)

    レッドソックス
    【1位】ペドロ・マルティネス(1998-2004)
    1000イニング以上の投手のなかで勝率.760、奪三振率10.95、被打率.206は球団史上ベスト。1999年と2000年にサイ・ヤング賞。
    【2位】ロジャー・クレメンス(1984-96)
    【3位】サイ・ヤング(1901-08)
    【4位】スモーキー・ジョー・ウッド(1908-15)
    【5位】ルイス・ティアント(1971-78)

    ヤンキース
    【1位】レッド・ラフィング(1930-42,45-46)
    231勝、426試合、391先発、261完投、40完封、3168.2投球回はいずれも先発右腕による球団記録。1936年から4年連続20勝。
    【2位】メル・ストットルマイアー(1964-74)
    【3位】アリー・レイノルズ(1947-54)
    【4位】ウェイト・ホイト(1921-30)
    【5位】マイク・ムシーナ(2001-08)

    レイズ
    【1位】ジェームス・シールズ(2006-12)
    87勝と19完投のほか、1454.2投球回、1250奪三振、8完封、217先発はいずれも球団記録。2007年から6年連続2ケタ勝利。
    【2位】クリス・アーチャー(2012-18)
    【3位】マット・ガーザ(2008-10)
    【4位】アレックス・カッブ(2011-17)
    【5位】ジェレミー・ヘリクソン(2010-14)

    ブルージェイズ
    【1位】ロイ・ハラデイ(1998-2009)
    2003年に22勝7敗、防御率3.25、204奪三振でサイ・ヤング賞。2002年からの8年間で2ケタ勝利7回を含む130勝をマーク。
    【2位】デーブ・スティーブ(1979-92,98)
    【3位】ジム・クランシー(1977-88)
    【4位】パット・ヘントゲン(1991-99,2004)
    【5位】ロジャー・クレメンス(1997-98)

    アメリカン・リーグ中部地区

    ホワイトソックス
    【1位】エド・ウォルシュ(1904-16)
    1908年に49先発を含む66試合に登板して40勝、42完投、11完封、防御率1.42をマーク。在籍13年間の防御率1.81は球団記録。
    【2位】テッド・ライオンズ(1923-42,46)
    【3位】レッド・フェイバー(1914-33)
    【4位】ジャック・マクダウェル(1987-88,90-94)
    【5位】エディ・シーコット(1912-20)

    インディアンス
    【1位】ボブ・フェラー(1936-41,45-56)
    266勝、2581奪三振、484先発、279完投、3827投球回はいずれも球団記録。最多勝6回、最多奪三振7回、ノーヒッター3回。
    【2位】アディ・ジョス(1902-10)
    【3位】ボブ・レモン(1946-58)
    【4位】コリー・クルーバー(2011-19)
    【5位】アーリー・ウィン(1949-57,63)

    タイガース
    【1位】ジャスティン・バーランダー(2005-17)
    投手三冠に輝いた2011年にMVPとサイ・ヤング賞を同時受賞。新人王に輝いた2006年からの12年間で2ケタ勝利11回、合計183勝。
    【2位】ジャック・モリス(1977-90)
    【3位】デニー・マクレーン(1963-70)
    【4位】マックス・シャーザー(2010-14)
    【5位】ジム・バニング(1955-63)

    ロイヤルズ
    【1位】ブレット・セイバーヘイゲン(1984-91)
    1985年に20勝6敗、防御率2.87、1989年にも23勝6敗、防御率2.16の好成績をマークし、ともにサイ・ヤング賞を受賞。
    【2位】ケビン・エイピアー(1989-99,2003-04)
    【3位】デニス・レナード(1974-83,85-86)
    【4位】ザック・グレインキー(2004-10)
    【5位】マーク・グビザ(1984-96)

    ツインズ
    【1位】バート・ブライレブン(1970-76,85-88)
    ツインズの一員として殿堂入りした唯一の投手。通算8回のシーズン200奪三振はすべてツインズでプレーした年に記録。
    【2位】ブラッド・ラドキー(1995-2006)
    【3位】ジム・ペリー(1963-72)
    【4位】カミロ・パスカル(1954-66)
    【5位】デーブ・ゴルツ(1972-79)

    アメリカン・リーグ西部地区

    アストロズ
    【1位】ロイ・オズウォルト(2001-10)
    143勝はジョー・ニークロ(144)に次ぐ球団2位。291先発はラリー・ダーカー(320)、ニークロ(301)に次ぐ球団3位。
    【2位】ラリー・ダーカー(1964-76)
    【3位】ノーラン・ライアン(1980-88)
    【4位】ジャスティン・バーランダー(2017-現在)
    【5位】J・R・リチャード(1971-80)

    エンゼルス
    【1位】ノーラン・ライアン(1972-79)
    1973年にメジャー史上最多のシーズン383奪三振。1973年から3年連続、合計4度のノーヒッターを達成(1973年は2度)。
    【2位】ジェレッド・ウィーバー(2006-16)
    【3位】マイク・ウィット(1981-90)
    【4位】ジョン・ラッキー(2002-09)
    【5位】ディーン・チャンス(1961-66)

    アスレチックス
    【1位】キャットフィッシュ・ハンター(1965-74)
    メジャー3年目の1967年から8年連続2ケタ勝利、1971年から4年連続20勝。1968年には球団史上初の完全試合を達成。
    【2位】チーフ・ベンダー(1903-14)
    【3位】デーブ・スチュワート(1986-92,95)
    【4位】ティム・ハドソン(1999-2004)
    【5位】エディ・ロンメル(1920-32)

    マリナーズ
    【1位】フェリックス・ヘルナンデス(2005-19)
    2010年にサイ・ヤング賞を受賞し、2012年には完全試合を達成。169勝、2524奪三振、2729.2投球回はいずれも球団記録。
    【2位】フレディ・ガルシア(1999-2004)
    【3位】岩隈久志(2012-17)
    【4位】エリック・ハンソン(1988-93)
    【5位】マイク・ムーア(1982-88)

    レンジャーズ
    【1位】ノーラン・ライアン(1989-93)
    通算6&7度目のノーヒッター、通算5000奪三振、通算300勝はすべてレンジャーズ在籍期間に記録。1990年は43歳で奪三振王。
    【2位】チャーリー・ハフ(1980-90)
    【3位】ファージー・ジェンキンス(1974-75,78-81)
    【4位】コルビー・ルイス(2002-04,10-16)
    【5位】ケビン・ブラウン(1986-94)

    ナショナル・リーグ東部地区

    ブレーブス
    【1位】グレッグ・マダックス(1993-2003)
    1992~95年に1位票108のうち98を獲得して4年連続サイ・ヤング賞(1999~2002年のランディ・ジョンソンと史上2人だけ)。
    【2位】ジョン・スモルツ(1988-2008)
    【3位】キッド・ニコルズ(1890-1901)
    【4位】フィル・ニークロ(1964-83,87)
    【5位】ティム・ハドソン(2005-13)

    マーリンズ
    【1位】ホゼ・フェルナンデス(2013-16)
    2013年に12勝6敗、防御率2.19で新人王。2016年は16勝8敗、防御率2.86、253奪三振で2度目のオールスター・ゲーム選出。
    【2位】ジョシュ・ジョンソン(2005-12)
    【3位】ケビン・ブラウン(1996-97)
    【4位】ジョシュ・ベケット(2001-05)
    【5位】リッキー・ノラスコ(2006-13)

    メッツ
    【1位】トム・シーバー(1967-77,83)
    198勝、防御率2.57、3045.2投球回、2541奪三振、171完投、44完封はいずれも球団記録。サイ・ヤング賞3回、1967年新人王。
    【2位】ドワイト・グッデン(1984-94)
    【3位】ジェイコブ・デグロム(2014-現在)
    【4位】ロン・ダーリング(1983-91)
    【5位】デービッド・コーン(1987-92,2003)

    フィリーズ
    【1位】ロビン・ロバーツ(1948-61)
    1952~53年に28試合連続完投を記録。1950年代の1516奪三振、237完投、3011.2投球回はリーグ1位、199勝と30完封は同2位。
    【2位】ピート・アレクサンダー(1911-17,1930)
    【3位】カート・シリング(1992-2000)
    【4位】ジム・バニング(1964-67,70-71)
    【5位タイ】ロイ・ハラデイ(2010-13)
    【5位タイ】アーロン・ノラ(2015-現在)

    ナショナルズ
    【1位】スティーブン・ストラスバーグ(2010-現在)
    2009年ドラフト全体1位指名で入団。1695奪三振は球団史上最多。112勝はスティーブ・ロジャース(158)に次ぐ球団史上2位。
    【2位】マックス・シャーザー(2015-現在)
    【3位】スティーブ・ロジャース(1973-85)
    【4位】ペドロ・マルティネス(1994-97)
    【5位】デニス・マルティネス(1986-93)

    ナショナル・リーグ中部地区

    カブス
    【1位】ファージー・ジェンキンス(1966-73,82-83)
    移籍2年目の1967年から6年連続20勝を記録し、1971年はリーグ最多の24勝でサイ・ヤング賞。2038奪三振と347先発は球団記録。
    【2位】モーデカイ・ブラウン(1904-12,16)
    【3位】グレッグ・マダックス(1986-92,2004-06)
    【4位】チャーリー・ルート(1926-41)
    【5位】カルロス・ザンブラーノ(2001-11)

    レッズ
    【1位】バッキー・ウォルターズ(1938-48)
    1939年に27勝11敗、防御率2.29、137奪三振で投手三冠を達成。翌1940年も最多勝と最優秀防御率の二冠。1944年にも最多勝。
    【2位】ポール・デリンジャー(1933-42)
    【3位】ジム・マロニー(1960-70)
    【4位】ドルフ・ルケ(1918-29)
    【5位】マリオ・ソト(1977-88)

    ブリュワーズ
    【1位】ベン・シーツ(2001-08)
    シドニー五輪でアメリカ代表の金メダル獲得に貢献。2004年に記録した1試合18奪三振とシーズン264奪三振はともに球団記録。
    【2位】ヨバニ・ガヤード(2007-14)
    【3位】クリス・ボシオ(1986-92)
    【4位】ムース・ハース(1976-85)
    【5位】ピート・ブコビッチ(1981-86)

    パイレーツ
    【1位】ベーブ・アダムス(1907-26)
    在籍18年間で2ケタ勝利11回を含む194勝をマーク。1909年のワールドシリーズでは3試合に先発して3完投・1完封・3勝の大活躍。
    【2位】ボブ・フレンド(1951-65)
    【3位】サム・リーバー(1898-1910)
    【4位】ディーコン・フィリップ(1900-11)
    【5位】バーン・ロー(1950-67)

    カージナルス
    【1位】ボブ・ギブソン(1959-75)
    251勝、255完投、56完封、3884.1投球回、3117奪三振はいずれも球団記録。1968年には防御率1.12という驚異的な数字をマーク。
    【2位】ディジー・ディーン(1930,1932-37)
    【3位】ジェシー・ヘインズ(1920-37)
    【4位】アダム・ウェインライト(2005-現在)
    【5位】クリス・カーペンター(2004-12)

    ナショナル・リーグ西部地区

    ダイヤモンドバックス
    【1位】ブランドン・ウェブ(2003-09)
    2006年に16勝8敗、防御率3.10の好成績でサイ・ヤング賞を受賞。2008年は22勝7敗、防御率3.30をマークして2度目の最多勝。
    【2位】カート・シリング(2000-03)
    【3位】ザック・グレインキー(2016-19)
    【4位】ダン・ヘイレン(2008-10)
    【5位】ミゲル・バティースタ(2001-03,06)

    ロッキーズ
    【1位】ウバルド・ヒメネス(2006-11)
    2009年に球団記録の19勝をマークしてサイ・ヤング賞の投票で3位にランクイン。今年はマイナー契約で9年ぶりのチーム復帰。
    【2位】アーロン・クック(2002-10)
    【3位】ヨーリス・チャシーン(2009-14)
    【4位】ヘルマン・マルケス(2016-現在)
    【5位】ジョン・グレイ(2015-現在)

    ドジャース
    【1位】ドン・ドライスデール(1956-69)
    1968年に58.2回連続無失点のメジャー記録を樹立(当時)。自己最多の25勝を挙げた1962年にサイ・ヤング賞。最多奪三振3回。
    【2位】ドン・サットン(1966-80,88)
    【3位】ダジー・バンス(1922-32,35)
    【4位】オーレル・ハーシュハイザー(1983-94,2000)
    【5位】ドン・ニューカム(1949-51,54-58)

    パドレス
    【1位】ジェイク・ピービー(2002-09)
    2007年に投手三冠を達成してサイ・ヤング賞を受賞。1348奪三振は2位のアンディ・ベネス(1036)に大差をつけての球団記録。
    【2位】アンディ・アシュビー(1993-99,2004)
    【3位】アンディ・ベネス(1989-95)
    【4位】ケビン・ブラウン(1998)
    【5位】エド・ウィットソン(1983-84,86-91)

    ジャイアンツ
    【1位】クリスティ・マシューソン(1900-16)
    372勝、434完投、79完封、4779.2投球回、2504奪三振はいずれも球団記録。1936年第1回殿堂入りメンバーの5人のうちの1人。
    【2位】フアン・マリシャル(1960-73)
    【3位】エイモス・ルーシー(1890-95,97-98)
    【4位】ゲイロード・ペリー(1962-71)
    【5位】ティム・リンスカム(2007-15)

  • 選手会はさらなる年俸削減に応じない姿勢 交渉の行方は?

    2020.5.28 13:30 Thursday

     メジャーリーグ機構は選手会に対し、50%ずつの収益分配のシステムを撤回し、年俸額に応じて削減の割合を変更するシステムを提案したが、メジャーリーガーたちの反応は芳しいものではなかった。日本時間5月28日には、マックス・シャーザー(ナショナルズ)が自身のTwitterでさらなる年俸削減に応じるつもりはないことを明言。2020年シーズンの開幕に向けて、メジャーリーグ機構と選手会は妥協点を見出すことができるのだろうか。

     シャーザーは、ツイートした画像(メモ帳のスクリーンショット)のなかで「他の選手と最新の動向について話し合ったが、年俸削減についてこれ以上メジャーリーグ機構と関わる理由はない」と自身の主張を明確にした。さらに「以前にも日割りの給与という形で減給の交渉を行ったが、選手会が入手している現在の情報に基づくと、2度目の減給に応じる正当性はない」としてさらなる減給を断固拒否。シャーザーによると、他の選手たちも同じ意見を持っているという。

     メジャーリーグ機構側は、無観客でのシーズン開催となれば収入の大幅減は避けられず、選手へ支払うサラリーをさらに削減したいと考えている。一方、選手会はすでに年俸削減に関する交渉は終わっており、これ以上の減給は受け入れられないというスタンスだ。今のところ、両者の溝が埋まる気配は見られない。

     ESPNのジェフ・パッサンによると、選手会は今週中にメジャーリーグ機構に対して経済面の問題についての提案を行う予定だという。ただし、シャーザーがツイートしたように、サラリーについて譲歩するつもりは全くないようだ。

     また、日割りの給与を主張している選手会は、メジャーリーグ機構が提案する82試合制ではなく、100試合前後でのシーズン開催を望んでいることが報じられている。ジ・アスレチックのケン・ローゼンタールは「試合を追加すれば、選手たちはより多くの給与を手にすることができるからだ」と伝えている。

     無観客開催によるダメージをなるべく小さくしたいメジャーリーグ機構。少しでも多くのサラリーを得たい選手会。両者が妥協点を見つけ、2020年シーズンの開幕を迎えられることを祈るばかりである。

  • ドラフトまであと2週間 最新の1巡目指名予想

    2020.5.28 12:55 Thursday

     日本時間5月28日、メジャーリーグ公式サイトのジム・キャリスは、ドラフト1巡目の指名予想のアップデート版を公開した。キャリスが自身の予想をアップデートするのは2週間ぶりだが、全体1位指名予想のスペンサー・トーケルソン一塁手を含め、上位の顔ぶれはほとんど変わっていない。今年のドラフトは日本時間6月11~12日に開催予定となっている。

     タイガースが全体1位で指名すると予想されたトーケルソンは、強打が魅力の大学生一塁手である。キャリスは、トーケルソンについて「打撃面でのオールラウンドな才能は2001年のマーク・テシェイラ以来」と高く評価。テキサスA&M大のエイサ・レイシー投手がタイガースの「プランB」であると推測している。

     全体2位のオリオールズはバンダービルト大のオースティン・マーティン外野手兼三塁手、全体3位のマーリンズはレイシーを指名するとの予想。一時は全体1位指名クラスの評価を得ていたエマーソン・ハンコック投手(ジョージア大)は、一部のチームから投球フォームなどへの評価が思わしくなく、全体6位指名権を持つマリナーズまで指名されないという予想になっている。

     全体29位までの指名予想は以下の通り。メジャーリーグ公式サイトではこれらの29選手を含むドラフト候補200人分のスカウティング・レポートを公開しているので、ぜひ参考にしていただきたい(https://www.mlb.com/prospects/2020/draft/)。

    1位 タイガース スペンサー・トーケルソン一塁手(アリゾナ州立大)
    2位 オリオールズ オースティン・マーティン外野手兼三塁手(バンダービルト大)
    3位 マーリンズ エイサ・レイシー投手(テキサスA&M大)
    4位 ロイヤルズ ニック・ゴンザレス遊撃手兼二塁手(ニューメキシコ州立大)
    5位 ブルージェイズ ザック・ビーン外野手(スプルース・クリーク高)
    6位 マリナーズ エマーソン・ハンコック投手(ジョージア大)
    7位 パイレーツ ヘストン・ケアスタッド外野手(アーカンソー大)
    8位 パドレス マックス・マイヤー投手(ミネソタ大)
    9位 ロッキーズ リード・デトマーズ投手(ルイビル大)
    10位 エンゼルス ロバート・ハッセル外野手(インディペンデンス高)
    11位 ホワイトソックス パトリック・ベイリー捕手(ノースカロライナ州立大)
    12位 レッズ オースティン・ヘンドリック外野手(ウエスト・アレゲニー高)
    13位 ジャイアンツ ケイド・キャバリ投手(オクラホマ大)
    14位 レンジャーズ ギャレット・クローシュ投手(テネシー大)
    15位 フィリーズ ギャレット・ミッチェル外野手(カリフォルニア大ロサンゼルス校)
    16位 カブス タイラー・ソダーストロム捕手(ターロック高)
    17位 レッドソックス ミック・エイベル投手(ジェズイト高)
    18位 ダイヤモンドバックス ニック・ビツコ投手(セントラル・バックス・イースト高)
    19位 メッツ コール・ウィルコックス投手(ジョージア大)
    20位 ブリュワーズ ピート・クロウ=アームストロング外野手(ハーバード・ウエストレイク高)
    21位 カージナルス ジョーダン・フォスキュー二塁手(ミシシッピ州立大)
    22位 ナショナルズ クレイトン・ビーター投手(テキサス工科大)
    23位 インディアンス ディロン・ディングラー捕手(オハイオ州立大)
    24位 レイズ ジャレッド・ケリー投手(レフュリオ高)
    25位 ブレーブス クリス・マクマーン投手(マイアミ大)
    26位 アスレチックス ボビー・ミラー投手(ルイビル大)
    27位 ツインズ カルメン・ムロジンスキー投手(サウスカロライナ大)
    28位 ヤンキース エド・ハワード遊撃手(マウント・カーメル高)
    29位 ドジャース スレイド・チェッコーニ投手(マイアミ大)

  • 忘れられているかもしれない新人王 MLB公式サイトが特集

    2020.5.28 12:10 Thursday

     日本時間5月28日、メジャーリーグ公式サイトのマニー・ランダワは過去の新人王受賞者のなかから「忘れられているかもしれない」10人を特集する記事を公開した。2003年にヤンキースの松井秀喜を抑えてアメリカン・リーグ新人王となったアンヘル・ベローア(当時ロイヤルズ)も選出されている。

     2003年のベローアは158試合に出場して打率.287、17本塁打、73打点、21盗塁、OPS.789をマーク。新人王投票では88ポイントを獲得し、84ポイントの松井に勝利した。しかし、それ以降はこれを上回る活躍を見せることはなく、2年後の2005年には早くも総合評価指標のWARがマイナスに突入。2009年まで5年連続でマイナスのWARを記録し、2009年限りでメジャーの舞台から姿を消した。

     2002年の両リーグの新人王も10人のなかに選ばれている。ア・リーグ新人王となったエリック・ヒンスキー(当時ブルージェイズ)は151試合に出場して打率.279、24本塁打、84打点、13盗塁、OPS.845をマーク。メジャー12年間で137本塁打を放ったが、デビューイヤーを上回るインパクトを残すことはなかった。ナショナル・リーグ新人王のジェイソン・ジェニングス(当時ロッキーズ)は32試合に先発して16勝8敗、防御率4.52をマーク。2003年と2004年も2ケタ勝利を記録したが、防御率は5点台で、自己ベストの防御率3.78をマークした2006年は9勝どまりだった。

     ドジャースが5年連続で新人王を輩出したときの「5人目」となったトッド・ホランズワースは1996年にナ・リーグ新人王を受賞。149試合に出場して打率.291、12本塁打、59打点、21盗塁、OPS.785をマークしたが、1992年のエリック・ケアロス、1993年のマイク・ピアッツァ、1994年のラウル・モンデシー、1995年の野茂英雄に比べると地味であることは否めない。メジャーで12年間プレーしたホランズワースだが、規定打席をクリアしたのはこの年だけだった。

     ランダワが選出した他の6人は、1950年ナ・リーグ新人王のサム・ジェスロー(当時ブレーブス)、1980年ア・リーグ新人王のジョー・シャーボノー(当時インディアンス)、1992年ア・リーグ新人王のパット・リスタッチ(当時ブリュワーズ)、1994年ア・リーグ新人王のボブ・ハムリン(当時ロイヤルズ)、2004年ア・リーグ新人王のボビー・クロスビー(当時アスレチックス)、2009年ナ・リーグ新人王のクリス・コグラン(当時マーリンズ)という顔ぶれになっている。

  • 最強チーム決定戦 2001年マリナーズなどがベスト16進出

    2020.5.28 11:25 Thursday

     シミュレーション企画「MLBドリーム・ブラケット2」の2回戦のうち、8組の対戦が日本時間5月28日に行われ、2001年マリナーズ、1994年モントリオール・エクスポズ、1942年カンザスシティ・モナークスなど8チームがベスト16進出を決めた。3回戦は日本時間5月29日に行われる予定となっている。

     イチローや佐々木主浩がメンバー入りしている2001年のマリナーズは1988年アスレチックスと対戦した。フレディ・ガルシアとジェイミー・モイヤーの好投で第1戦と第2戦を制したあと、第3戦はデーブ・ヘンダーソンに逆転弾を浴びて敗れたが、第4戦に快勝して王手。第5戦は先発全員安打で4点を奪い、1点リードの最終回を佐々木が締めくくって4勝1敗でベスト16進出を決めた。

     1994年エクスポズは1979年パイレーツと対戦し、第7戦までもつれる熱戦の末、4勝3敗でベスト16進出となった。第5戦でバート・ブライレブンの前に2安打完封を喫し、パイレーツに王手をかけられたものの、第6戦はラリー・ウォーカーの活躍もあって快勝。第7戦は8回にダリン・フレッチャーのタイムリーで勝ち越しに成功し、ロースコアの接戦を制した。

     ニグロリーグから参戦している1942年モナークスは、史上最多の125勝(ポストシーズンを含む)をマークした1998年ヤンキースと対戦。サチェル・ペイジの快投で第1戦を制したあと、第2戦には敗れたが、第3戦と第4戦は合計24安打23得点と打線が爆発し、ベスト16進出に王手をかけた。その後、第6戦でデレク・ジーターが延長10回にサヨナラ弾を放つなどヤンキースも粘りを見せたが、第7戦は第1戦に続いてモナークスが1対0で勝利。延長10回にニュート・アレンが放ったタイムリー二塁打が決勝打となった。

     日本時間5月28日に行われた2回戦の結果は以下の通り(最大7試合の4勝先取制。スコアは勝敗を表す)。

    ア・リーグ ブロック2
    1942年モナークス 4-3 1998年ヤンキース
    2019年アストロズ 4-2 1993年ブルージェイズ
    2011年レンジャーズ 4-0 2002年エンゼルス
    2001年マリナーズ 4-1 1988年アスレチックス

    ナ・リーグ ブロック2
    1986年メッツ 4-2 1998年パドレス
    1994年エクスポズ 4-3 1979年パイレーツ
    2019年ナショナルズ 4-3 2011年ダイヤモンドバックス
    1995年ブレーブス 4-1 2004年カージナルス

  • MLB機構の年俸削減案 トラウトは約70%減の大幅カットに

    2020.5.27 18:10 Wednesday

     日本時間5月27日、メジャーリーグ機構が選手会に対して年俸削減案の提示を行ったことが明らかになった。ESPNが報じている内容によると、高年俸の選手ほど年俸のカット幅が大きい仕組みとなっており、最低保証年俸クラスの選手が90%の金額を得られるのに対し、2020年メジャー最高年俸のマイク・トラウト(エンゼルス)は30%ほどの金額しか得られない。今回のプランは選手会によって却下される可能性が高いと見られている。

     今回メジャーリーグ機構が提示したプランのなかには、82試合制で開催するレギュラーシーズンの日程についても記されている。3週間のスプリング・トレーニングを行い、最終週には各球団3試合ずつ練習試合を開催。そして、7月上旬に開幕して9月27日に終了するスケジュールとなっている。ただし、選手会はもう少し長くシーズンを開催することを希望しているようだ。

     選手の年俸については、以下のようなプランが提示されている。

    【1】最低保証年俸(56万3500ドル)までの部分は90%を支払う
    【2】56万3501ドルから100万ドルまでの部分は72.5%を支払う
    【3】100万1ドルから500万ドルまでの部分は50%を支払う
    【4】500万1ドルから1000万ドルまでの部分は40%を支払う
    【5】1000万1ドルから2000万ドルまでの部分は30%を支払う
    【6】2000万1ドル以上の部分は20%を支払う

     たとえば、メジャーに昇格したばかりの最低保証年俸の選手は56万3500ドル(約6062万円)の90%にあたる50万7150ドルが今年の年俸となり、82試合制であればこの金額の162分の82にあたる25万6706ドル(約2761万円)を手にすることになる。

     一方、高額年俸の選手はかなりの減額を強いられることになり、たとえばトラウトの今年の年俸は3766万6666ドル(約40億5192万円)。まず、これを提示されたプランに従って

    【1】56万3500ドル
    【2】43万6500ドル
    【3】400万ドル
    【4】500万ドル
    【5】1000万ドル
    【6】1766万6666ドル

    という6つの部分に分ける。【1】は90%、【2】は72.5%、【3】は50%、【4】は40%、【5】は30%、【6】は20%が支払われるので

    【1】50万7150ドル
    【2】31万6463ドル
    【3】200万ドル
    【4】200万ドル
    【5】300万ドル
    【6】353万3333ドル

    となり、これを合計した1135万6946ドルという金額が今年の年俸となる。82試合制であればこれの162分の82にあたる574万8577ドル(約6億1839万円)がトラウトに支払われることになる。

     以前、選手会は試合数に応じた割合で年俸が支払われることに合意しており、トラウトは82試合制であれば1906万5843ドルを得るはずだった。しかし、メジャーリーグ機構は無観客でシーズンを開催する場合のプランとして、選手会に対して年俸削減案を提示。今回提示されたプランに従えば、トラウトのサラリーは約69.8%減(1906万5843ドル→574万8577ドル)となる。

     3週間のスプリング・トレーニングを実施して7月上旬に開幕するのであれば、6月上旬までにはメジャーリーグ機構と選手会が合意に達する必要があると考えられている。残された時間はそれほど多くないだけに、今後の交渉の行方が注目される。

  • シーズン100勝以上で2位 MLB公式サイトが特集

    2020.5.27 17:00 Wednesday

     日本時間5月27日、メジャーリーグ公式サイトのデービッド・アドラーはシーズン100勝以上を記録しながら2位に終わったチームを特集する記事を公開した。シーズン100勝以上でも1位になれるとは限らず、100勝以上で2位となったケースは10チームも存在する。その内訳は、1969年の地区制導入以降が4チーム、1903年のワールドシリーズ開始から1968年までが6チームとなっている。

     2001年のアスレチックスは、マーク・マルダー、ティム・ハドソン、バリー・ジートという強力三本柱に加え、ジェイソン・ジアンビ、ミゲル・テハーダ、エリック・シャベスなど野手陣も充実し、102勝をマーク。しかし、同じア・リーグ西部地区に所属するマリナーズが歴代最多タイの116勝を記録したため、アスレチックスは地区2位でワイルドカードを獲得するにとどまった。ポストシーズンでは、ヤンキースとの熱戦の末、2勝3敗で地区シリーズ敗退となった。

     両リーグ2地区制のラストイヤーとなった1993年には、バリー・ボンズを獲得したばかりのジャイアンツが103勝をマーク。前年の90敗からの大幅なジャンプアップとなり、打率.336、46本塁打、123打点の活躍を見せたボンズはMVPに選出された。しかし、ジャイアンツはレギュラーシーズン最終戦でドジャースに敗れ、ロッキーズを破ったブレーブスが104勝で地区優勝。当時はワイルドカードがなかったため、ジャイアンツはポストシーズンにすら進めなかった。

     直近では、2018年に100勝をマークしたヤンキースが108勝のレッドソックスの後塵を拝して2位となっている。ヤンキースはアスレチックスとのワイルドカード・ゲームを制して地区シリーズでレッドソックスと対戦したが、1勝3敗で敗退。ヤンキースを破ったレッドソックスは、リーグ優勝決定シリーズでアストロズ、ワールドシリーズでドジャースをそれぞれ4勝1敗で破り、2013年以来5年ぶりのワールドシリーズ制覇を成し遂げた。

     なお、残りの7チームは以下の通り(カッコ内は1位のチーム)。

    1980年オリオールズ:100勝62敗(ヤンキース:103勝59敗)
    1962年ドジャース:102勝63敗(ジャイアンツ:103勝62敗)
    1961年タイガース:101勝61敗(ヤンキース:109勝53敗)
    1954年ヤンキース:103勝51敗(インディアンス:111勝43敗)
    1942年ドジャース:104勝50敗(カージナルス:106勝48敗)
    1915年タイガース:100勝54敗(レッドソックス:101勝50敗)
    1909年カブス:104勝49敗(パイレーツ:110勝42敗)

  • ドラフト1巡目指名選手を最も多く輩出している学校は?

    2020.5.27 15:30 Wednesday

     日本時間5月27日、メジャーリーグ公式サイトのサラ・ラングスはドラフト1巡目指名選手の輩出人数が多い学校を特集する記事を公開した。1965年の第1回ドラフト以降、1巡目指名選手を最も多く輩出した高校はフロリダ州タンパにあるヒルズボロー高だが、6人というのは全体の33位タイに過ぎない。ランキング上位には、優れた選手育成プログラムを持つ大学がズラリと並ぶ結果となった。

     ヒルズボロー高から1巡目指名された選手は、1971年全体14位のリッチ・プイーグ、1981年全体16位のバンス・ラブレイス、1982年全体5位のドワイト・グッデン、1986年全体6位のゲーリー・シェフィールド、1989年全体15位のカイカイ・ジョーンズ、1990年全体10位のカール・エバレットの6人だ。

     1巡目指名選手を最も多く輩出しているのは、スタンフォード大で23人(全体10位以内は11人)。唯一の全体1位指名選手であるマーク・アッペル(2013年)はメジャー昇格を果たせなかったが、マイク・ムシーナ(1990年全体20位)など優秀な人材を数多くプロの世界へ送り込んでいる。

     2位はバリー・ボンズ(1985年全体6位)らを輩出したアリゾナ州立大で21人(全体10位以内は13人)。今年のドラフトで全体1位指名の最有力候補に挙げられているスペンサー・トーケルソンもアリゾナ州立大の選手だ。

     3位は19人でテキサス大(全体10位以内は8人)とフロリダ州立大(全体10位以内は6人)が並んでいる。前者はロジャー・クレメンス(1983年全体19位)、後者はバスター・ポージー(2008年全体5位)の出身校である。

     5位には17人のバンダービルト大が(全体10位以内は9人)でランクイン。デービッド・プライスが2007年、ダンズビー・スワンソンが2015年に全体1位指名を受けており、2004年以降に限れば1巡目指名選手13人は最多となっている。今年のドラフトでもオースティン・マーティンが遅くとも全体3位までには指名されることになるだろう。

  • 同じ日に生まれた2人の殿堂入りスラッガー 52歳の誕生日

    2020.5.27 13:35 Wednesday

     現地時間5月27日、ジェフ・バグウェル、フランク・トーマスという2人の殿堂入りスラッガーが揃って52歳の誕生日を迎える。通算449本塁打を放ったバグウェルと同521本塁打のトーマスは、ともに1968年5月27日生まれ。トーマスは有資格初年度の2014年に得票率83.7%、バグウェルは7度目のチャレンジとなった2017年に得票率86.2%でそれぞれアメリカ野球殿堂入りを果たしている。

     バグウェルは、1989年に地元レッドソックスから4巡目指名を受けてプロ入りし、翌1990年8月にベテラン救援右腕ラリー・アンダーセンとのトレードでアストロズへ移籍。1991年にメジャーデビューして156試合で打率.294、15本塁打、82打点、OPS.824をマークし、準満票で新人王に選出された。

     1994年には打率.368、39本塁打、116打点、OPS1.201の大活躍で打点王のタイトルを獲得し、MVPを受賞。一塁手ながら足も速く、1997年に43本塁打&31盗塁、1999年に42本塁打&30盗塁で2度の「40-30」を達成している。

     肩の故障により2005年は自己最少となる39試合のみの出場に終わり、翌2006年も戦列復帰を果たせず、同年オフに現役引退を表明。メジャー生活15年はアストロズ一筋で、通算2314安打、打率.297、449本塁打、1529打点、202盗塁、OPS.948をマークした。

     一方、「ビッグ・ハート」ことトーマスは、1989年のドラフト1巡目(全体7位)指名でホワイトソックスに入団し、翌1990年にメジャーデビュー。1991年には早くもシルバースラッガー賞を受賞し、この年から1997年まで7年連続「打率3割・20本塁打・100打点・100四球・100得点」というメジャー新記録を打ち立てた。

     1993年は打率.317、41本塁打、128打点、OPS1.033、翌1994年は打率.353、38本塁打、101打点、OPS1.217の好成績を残し、2年連続でMVPを受賞。1997年には打率.347で首位打者のタイトルを獲得した。21世紀に入ってからは故障が増え、打率も悪化。それでも2003年に42本塁打、105打点、アスレチックスへ移籍した2006年にも38歳で39本塁打、114打点をマークし、意地を見せた。

     メジャー生活19年で通算2468安打、打率.301、521本塁打、1704打点、出塁率.419をマークし、通算OPS.974は歴代14位の数字。トーマスより上で殿堂入りしていないのは、4位のバリー・ボンズ、9位のマニー・ラミレス、10位のマーク・マグワイア、そして8位のマイク・トラウト(エンゼルス)の4人だけである。

  • 「仮想の本塁打競争」を開催 勝者はファン投票で決定

    2020.5.27 12:25 Wednesday

     日本時間5月27日、メジャーリーグ公式サイトは「The What-If Derby」と題して仮想の本塁打競争を開催することを発表した。この企画には、過去の強打者と現役のスラッガーが8人ずつ、合計16人が参戦。大会はトーナメント方式で行われ、各ラウンドの勝者はInstagram、Twitter、Facebookでのファン投票によって決定される。

     1回戦はOB選手と現役選手のマッチアップとなっており、ケン・グリフィーJr.とクリスチャン・イェリッチ(ブリュワーズ)、ブラディミール・ゲレーロとブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)、アレックス・ロドリゲスとアーロン・ジャッジ(ヤンキース)、フランク・トーマスとジャンカルロ・スタントン(ヤンキース)、デービッド・オルティスとマイク・トラウト(エンゼルス)、マーク・マグワイアとピート・アロンゾ(メッツ)、ハンク・アーロンとブライス・ハーパー(フィリーズ)、バリー・ボンズとコディ・ベリンジャー(ドジャース)が対戦する。

     メジャーリーグ公式サイトによると、出場選手の合計本塁打数は6100本を超え、オールスター・ゲーム選出は合計127回。ボンズの7回を筆頭に、MVPも合計22回受賞しており、マグワイア(1992年)、グリフィーJr.(1994年・1998年・1999年)、トーマス(1995年)、ボンズ(1996年)、ゲレーロ(2007年)、オルティス(2010年)、スタントン(2016年)、ジャッジ(2017年)、ハーパー(2018年)、アロンゾ(2019年)には実際のホームラン・ダービーで優勝した経験もある。

     ファン投票は3つのSNS(Instagram、Twitter、Facebook)で行われ、3つのうち2つ以上のSNSでより多くの票を集めた選手が次のラウンドへ進出するルールとなっている(1回戦のファン投票は日本時間5月28日にスタート)。16人の猛者たちによって争われるこの大会を制するのは、いったいどの選手だろうか。

  • 最強チーム決定戦 1975年レッズなどがベスト16進出

    2020.5.27 11:45 Wednesday

     シミュレーション企画「MLBドリーム・ブラケット2」の2回戦のうち、8組の対戦が日本時間5月27日に行われ、1975年レッズ、1957年ブレーブスなど8チームがベスト16進出を決めた。1975年レッズは2012年ナショナルズ、1957年ブレーブスは1967年カージナルスをそれぞれスイープで撃破。2回戦の残り8組の対戦は日本時間5月28日に行われ、ベスト16の顔ぶれが決定する。

     「ビッグ・レッド・マシン」として知られる1975年のレッズは、第1戦に先発したジャック・ビリンガムが8回途中1安打無失点の快投を見せると、打線は8回裏に一挙4点を先制。4対0で完封勝利を収めた。第2戦も8回裏がターニングポイントとなり、レッズは1点ビハインドから2点を奪って逆転に成功。その勢いのまま、第3戦と第4戦にも勝利してスイープで2012年ナショナルズを破り、ベスト16進出を決めた。

     1957年ブレーブスは、ウォーレン・スパーンとルー・バーデットの好投で第1戦と第2戦に連勝すると、第3戦も中盤に主導権を握って5対3で勝利した。第4戦は1967年カージナルスが得点したあとにブレーブスがすぐ追い付く展開となり、6対6の同点で迎えた9回裏にビル・ブルトンの犠牲フライでブレーブスがサヨナラ勝ち。すべて2点差以内の接戦となったが、ブレーブスがスイープでベスト16進出となった。

     ニグロリーグから参戦している1931年ホームステッド・グレイズは、ミッキー・マントルとロジャー・マリスの「MM砲」を擁する1961年ヤンキースと対戦。ジョシュ・ギブソンが打率.435、2本塁打、7打点の活躍を見せたが、ベスト16に進出したのはお互い2勝ずつで迎えた第5戦から2連勝したヤンキースだった。エースのホワイティ・フォードは14イニングを3安打1失点に抑えて2勝をマーク。第6戦で先発全員安打を記録するなど、ヤンキース打線は終始好調だった。

     日本時間5月27日に行われた2回戦の結果は以下の通り(最大7試合の4勝先取制。スコアは勝敗を表す)。

    ア・リーグ ブロック1
    1961年ヤンキース 4-2 1931年グレイズ
    2004年レッドソックス 4-3 1996年レンジャーズ
    1970年オリオールズ 4-3 1983年ホワイトソックス
    1954年インディアンス 4-1 1985年ロイヤルズ

    ナ・リーグ ブロック1
    1975年レッズ 4-0 2012年ナショナルズ
    1957年ブレーブス 4-0 1967年カージナルス
    1960年パイレーツ 4-3 1969年カブス
    1997年マーリンズ 4-3 1984年パドレス

  • 世界一になれなかったベストチーム MLB公式サイトが特集

    2020.5.26 18:30 Tuesday

     レギュラーシーズンで圧倒的な強さを見せたチームが勝ち上がるとは限らないのが、メジャーリーグのポストシーズンの面白さである。史上最多のシーズン116勝を記録した1906年のカブスと2001年のマリナーズがともにワールドシリーズ王者となっていないのが、その代表例と言えるだろう。メジャーリーグ公式サイトのウィル・レイッチは、「世界一になれなかったベストチーム」として11チームを紹介している。

     昨年のアストロズは、シーズン107勝、地区制導入後では歴代3位となる得失点差+280を記録したにもかからず、ワールドシリーズでナショナルズの前に敗退。ジャスティン・バーランダー、ゲリット・コール、ザック・グレインキーという球史に残る強力三本柱を擁しながら世界一にはなれなかった。

     近年では、2017年のドジャースも104勝、得失点差+190という強さを見せながら、世界一にはあと一歩届かなかった。3勝3敗で迎えたアストロズとのワールドシリーズ第7戦、先発のダルビッシュ有が5点を失って2回途中で降板したのは記憶に新しい。

     2004年のカージナルスは、アルバート・プーホルス、ジム・エドモンズ、スコット・ローレンという強力打線にシーズン途中でラリー・ウォーカーを加え、105勝、得失点差+196を記録。しかし、ワールドシリーズではレッドソックスの勢いにのまれ、1勝もできないまま敗退となった。

     2001年のマリナーズは、オフに退団したアレックス・ロドリゲスに代わってイチローが加入し、そのイチローやブレット・ブーンの活躍もあって史上最多タイのシーズン116勝を記録。得失点差は+300に達した。ところが、ポストシーズンではリーグ優勝決定シリーズでヤンキースの前に敗退。マリナーズがポストシーズンに進出したのは、現時点ではこの年が最後である。

     レイッチが選出した残りの7チームは以下の通り。

    1988年アスレチックス(104勝・得失点差+180)
    1969年オリオールズ(109勝・得失点差+262)
    1963年ヤンキース(104勝・得失点差+167)
    1954年インディアンス(111勝・得失点差+242)
    1946年レッドソックス(104勝・得失点差+198)
    1931年アスレチックス(107勝・得失点差+232)
    1906年カブス(116勝・得失点差+323)

  • メジャーを代表するユーティリティ・プレーヤーたち

    2020.5.26 17:45 Tuesday

     日本時間5月26日、メジャーリーグ公式サイトのトーマス・ハリガンは、ユーティリティ・プレーヤーを特集記事を公開した。事実上の引退状態となっているベン・ゾブリストのほか、現役選手ではマーウィン・ゴンザレス(ツインズ)、ハビアー・バイエズ(カブス)、マット・カーペンター(カージナルス)が球界を代表するユーティリティ・プレーヤーとして取り上げられている。

     ゾブリストはレイズ時代の2009年に打率.297、27本塁打、91打点、17盗塁、出塁率.405、OPS.948という好成績をマーク。WAR8.6(Baseball-Reference版)は野手としてリーグ1位の数字だった。しかし、この年のゾブリストに100試合以上出場したポジションはなく、二塁の91試合が最多。このほか、右翼59試合、遊撃13試合、左翼9試合、中堅7試合、一塁3試合、三塁1試合と内外野すべてのポジションで出場した。

     ハリガンによると、3つ以上の異なるポジションで10試合以上に出場した選手がWAR8.6以上(Baseball-Reference版)を記録した例は、これまでに6度しかないという(1900年以降)。最初の達成者は1920年のベーブ・ルース(左翼・中堅・右翼)、次の3度はスタン・ミュージアル(1943年と1948年は左翼・中堅・右翼、1951年は一塁・左翼・中堅)、そして2009年のゾブリスト(二塁・遊撃・右翼)と昨年のコディ・ベリンジャー(一塁・中堅・右翼)が記録しているだけである。

     ゾブリストはキャリアを通して内野と外野を兼任し、2015年と2016年にはそれぞれロイヤルズとカブスでワールドシリーズ制覇を経験。2016年はワールドシリーズMVPにも輝いた。ユーティリティ・プレーヤーの代名詞的存在でもあり、球界を代表するユーティリティ・プレーヤーであることに疑いの余地はないだろう。

     バイエズやカーペンターは、チーム事情に合わせて複数のポジションを守りながらも強打でチームに貢献している選手だ。バイエズはMVP投票で2位となった2018年に二塁で104試合、遊撃で65試合、三塁で22試合に出場。カーペンターは一塁、二塁、三塁の3ポジションでそれぞれ通算200試合以上に出場している。

     ゴンザレスもデビュー以来、内外野の多くのポジションを守り、2017年には打率.303、23本塁打、90打点、OPS.907の好成績をマーク。しかし、この年を例外として、基本的には平均以下の打者に過ぎず、ゾブリストやバイエズ、カーペンターと比べると物足りなさが残るのも事実である。

     ハリガンはこの4人以外に、マーティン・プラド、ショーン・フィギンス、クレイグ・カウンセル、マーク・ロレッタ、ビップ・ロバーツ、トニー・フィリップス、ペドロ・ゲレーロ、セザー・トバーを球界を代表するユーティリティ・プレーヤーとして紹介している。

     なお、ピート・ローズ(二塁→外野→三塁→一塁)、ロビン・ヨーント(遊撃→外野)、クレイグ・ビジオ(捕手→二塁→外野→二塁)など、シーズンごとにポジションを移動した選手については、今回の特集の対象外となっている。

  • 見事な活躍を見せた各球団の「非殿堂入り選手」たち

    2020.5.26 16:50 Tuesday

     メジャーリーグ公式サイトのウィル・レイッチは、殿堂入りしていない選手を対象として、球団ごとに過去40年で見事な活躍を見せた選手を1人ずつ選出する特集記事を公開した。マイク・トラウトやアルバート・プーホルスとは違い、これらの選手がアメリカ野球殿堂に迎えられる可能性は低いものの、ファンにとっては忘れ難い選手ばかりが並んでいる。

    アメリカン・リーグ東部地区

    オリオールズ:ブレイディ・アンダーソン(1996年)
    149試合 打率.297 50本塁打 110打点 21盗塁 OPS1.034
    前年16本塁打のリードオフマンが突如として本塁打を量産。76四球&22四球で出塁率.396をマーク。翌年は18本塁打と本来の姿に戻った。

    レッドソックス:ジョン・バレンティン(1995年)
    135試合 打率.298 27本塁打 102打点 20盗塁 OPS.931
    史上唯一の50本塁打&50二塁打を達成したアルバート・ベルやMVPを受賞したモー・ボーンを上回るWAR8.3(Baseball-Reference版)を記録した。

    ヤンキース:王建民(2006年)
    34試合 19勝6敗1セーブ 防御率3.63 218.0回 76奪三振
    シンカー主体の打たせて取るピッチングを展開し、218.0回を投げて奪三振は76個だけだったが、被本塁打もわずか12本に抑えた。

    レイズ:フェルナンド・ロドニー(2012年)
    76試合 2勝2敗48セーブ 防御率0.60 74.2回 76奪三振
    通算防御率4点台(当時)の平凡なリリーバーが新天地レイズで大ブレイク。制球が安定し、74.2回を投げて自責点はわずか5だった。

    ブルージェイズ:パット・ヘントゲン(1996年)
    35試合 20勝10敗0セーブ 防御率3.22 265.2回 177奪三振
    両リーグ最多の10完投&3完封で265.2回を投げ、自己ベストの20勝をマーク。21勝のアンディ・ペティットを抑えてサイ・ヤング賞を受賞した。

    アメリカン・リーグ中部地区

    ホワイトソックス:カルロス・クエンティン(2008年)
    130試合 打率.288 36本塁打 100打点 7盗塁 OPS.965
    メジャー3年目、移籍1年目でブレイクを遂げ、シルバースラッガー賞を受賞。故障で最後の26試合を欠場し、惜しくも本塁打王は逃した。

    インディアンス:トラビス・ハフナー(2006年)
    129試合 打率.308 42本塁打 117打点 0盗塁 OPS1.097
    本塁打と打点で自己ベストを更新し、長打率.659とOPS1.097はともにリーグ1位。全盛期は短かったが、リーグを代表する強打者だった。

    タイガース:アニバル・サンチェス(2013年)
    29試合 14勝8敗0セーブ 防御率2.57 182.0回 202奪三振
    自己最多の14勝を挙げ、最優秀防御率のタイトルも獲得。ジャスティン・バーランダーやマックス・シャーザーと強力ローテを形成した。

    ロイヤルズ:ホルヘ・ソレアー(2019年)
    162試合 打率.265 48本塁打 117打点 3盗塁 OPS.922
    2017年マイク・ムスターカス(38本塁打)の記録を更新し、シーズン本塁打の球団記録を樹立。球団史上初の本塁打王となった。

    ツインズ:ジョー・メイズ(2001年)
    34試合 17勝13敗0セーブ 防御率3.16 233.2回 123奪三振
    メジャー3年目にしてブレイクを遂げ、17勝をマークしてオールスター・ゲーム選出。2ケタ勝利は1度きりで、通算48勝に終わった。

    アメリカン・リーグ西部地区

    アストロズ:モーガン・エンズバーグ(2005年)
    150試合 打率.283 36本塁打 101打点 6盗塁 OPS.945
    本塁打、打点、OPSの各部門でチームトップの成績を残し、チームのリーグ優勝に大きく貢献。MVP投票では4位にランクインした。

    エンゼルス:アンドレルトン・シモンズ(2017年)
    158試合 打率.278 14本塁打 69打点 19盗塁 OPS.752
    メジャー屈指の遊撃守備のほか、打撃面や走塁面でも活躍し、自己ベストとなるWAR7.8(Baseball-Reference版)をマークした。

    アスレチックス:マーカス・セミエン(2019年)
    162試合 打率.285 33本塁打 92打点 10盗塁 OPS.892
    WAR8.9(Baseball-Reference版)を記録してMVP投票では3位にランクイン。全162試合スタメン出場はメジャー全体で1人だけだった。

    マリナーズ:ブレット・ブーン(2001年)
    158試合 打率.331 37本塁打 141打点 5盗塁 OPS.950
    打撃三部門で自己ベストを大幅に更新する大活躍を見せ、打点王のタイトルを獲得。WAR8.8(Baseball-Reference版)はイチローを上回った。

    レンジャーズ:マイク・マイナー(2019年)
    32試合 14勝10敗0セーブ 防御率3.59 208.1回 200奪三振
    自己最多の14勝を挙げ、自身初のシーズン200奪三振を記録。WAR7.8(Baseball-Reference版)は投手で球団史上最高の数字となった。

    ナショナル・リーグ東部地区

    ブレーブス:ロニー・スミス(1989年)
    134試合 打率.315 21本塁打 79打点 25盗塁 OPS.948
    自身唯一の2ケタ本塁打。リーグ1位の出塁率.415を記録し、WAR8.8(Baseball-Reference版)は野手では過去40年間でチーム1位の数字である。

    マーリンズ:ジョシュ・ジョンソン(2010年)
    28試合 11勝6敗0セーブ 防御率2.30 183.2回 186奪三振
    自身3度目の2ケタ勝利を記録し、最優秀防御率のタイトルも獲得。9年間で規定投球回到達は3度だけと故障の多いキャリアを過ごした。

    メッツ:ランス・ジョンソン(1996年)
    160試合 打率.333 9本塁打 69打点 50盗塁 OPS.841
    両リーグ最多の227安打を放ち、これは現在もメッツの球団記録。両リーグ最多の21三塁打、自己最多の50盗塁とスピードも発揮した。

    フィリーズ:ジョン・デニー(1983年)
    36試合 19勝6敗0セーブ 防御率2.37 242.2回 139奪三振
    被本塁打をわずか9本に抑え、自己最多の19勝で最多勝のタイトルを獲得。マリオ・ソトとの争いを制し、サイ・ヤング賞に輝いた。

    ナショナルズ:アルフォンゾ・ソリアーノ(2006年)
    159試合 打率.277 46本塁打 95打点 41盗塁 OPS.911
    16年間のキャリアのうちナショナルズ在籍は1年だけだったが、この年に史上4人目かつ現時点では最後となる「40-40」を達成した。

    ナショナル・リーグ中部地区

    カブス:デレク・リー(2005年)
    158試合 打率.335 46本塁打 107打点 15盗塁 OPS1.080
    メジャー9年目のシーズンに自己最高の成績を残し、首位打者のタイトルを獲得。レオン・リーの息子、レロン・リーの甥としても知られる。

    レッズ:ダニー・ジャクソン(1988年)
    35試合 23勝8敗0セーブ 防御率2.73 260.2回 161奪三振
    両リーグ最多の15完投(うち6完封)を記録し、23勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得。通算112勝の20%以上をこの年だけで記録した。

    ブリュワーズ:ジェロミー・バーニッツ(1998年)
    161試合 打率.263 38本塁打 125打点 7盗塁 OPS.838
    チームがア・リーグからナ・リーグに移った1年目のシーズンに見事な活躍。160安打、38本塁打、125打点はいずれも自己ベストだった。

    パイレーツ:ジョン・スマイリー(1991年)
    33試合 20勝8敗0セーブ 防御率3.08 207.2回 129奪三振
    キャリア唯一のシーズン20勝をマークし、最多勝のタイトルを獲得。オールスター・ゲームに選出され、サイ・ヤング賞の投票では3位だった。

    カージナルス:ジョン・テューダー(1985年)
    36試合 21勝8敗0セーブ 防御率1.93 275.0回 169奪三振
    両リーグ最多の10完封を含む21勝を挙げ、サイ・ヤング賞の投票で2位にランクイン。先日、カージナルスの球団殿堂入りが決まった。

    ナショナル・リーグ西部地区

    ダイヤモンドバックス:ルイス・ゴンザレス(2001年)
    162試合 打率.325 57本塁打 142打点 1盗塁 OPS1.117
    選球眼の優れた中距離打者というイメージから一転、57本塁打を量産。MVP投票ではバリー・ボンズ、サミー・ソーサに次ぐ3位となった。

    ロッキーズ:カイル・フリーランド(2018年)
    33試合 17勝7敗0セーブ 防御率2.85 202.1回 173奪三振
    メジャー2年目にして急成長を遂げ、サイ・ヤング賞の投票で4位にランクイン。「投手として球団史上最高のシーズン」と言われている。

    ドジャース:ショーン・グリーン(2001年)
    161試合 打率.297 49本塁打 125打点 20盗塁 OPS.970
    移籍2年目でともに自己ベストとなる49本塁打、125打点を記録する大活躍。シーズン49本塁打は現在もドジャースの球団記録となっている。

    パドレス:チェイス・ヘッドリー(2012年)
    161試合 打率.286 31本塁打 115打点 17盗塁 OPS.875
    誰もが予想しなかった打撃開眼で打点王のタイトルを獲得。本塁打は前年の4本から急増したが、15本を超えたのはこの年だけだった。

    ジャイアンツ:アトリー・ハマカー(1983年)
    23試合 10勝9敗0セーブ 防御率2.25 172.1回 127奪三振
    両リーグ1位の防御率2.25をマークし、オールスター・ゲームにも選出。ちなみに、娘はヤン・ゴームス(ナショナルズ)の妻である。

Next Page »