English Español 韓国語
  • 野球の国際化を目指すメジャーリーグ

    2017.2.23 16:49 Thursday

    近年のメジャーリーグはアメリカやカナダ出身者だけではなく、ドミニカ共和国やベネズエラ、プエルトリコなどの選手達が増えている。過去のWorld Baseball Classic(WBC)ではドミニカ代表が全勝優勝を果たすなど野球界において中南米出身者の力が大きくなってきている。

    メジャー球団は光る現役を発掘しようと各地に野球アカデミーを設立したり、有望選手発掘イベントを開催したりと裏で常にスカウト活動をしている。先日、ドミニカで6回目となるイベントが行われた。これは2011年にドミニカとベネズエラで始まり、翌年からMLBと提携して正式な国際的な選手発掘イベントとなった。

    その中にエクスポズなど9球団でプレーしたオーランド・カブレラ氏がいた。彼は過去にエクスポズなど9球団で活躍した遊撃手でゴールドグラブ賞2回受賞の実績を持ち、2004年にはレッドソックスで世界一にも輝いたこともある。通算2055本安打を放ち、2011年を最後にメジャーでプレーしていない。

    今回はドミニカやベネズエラだけではなくブラジルやコロンビア、パナマから54人の選手が集まった。ダッシュから始まり、内外野の守備や打撃練習、そして最後には試合が行われた。このイベントは継続して開催され今後は実践形式の練習も多くなるという。その際には300人以上のスカウトや球団関係者が視察に訪れる予定だ。

    主に中南米を中心に選手発掘を行っているメジャーリーグは最近ではスペインやドイツ、南アフリカやオランダ・キュラソー島にコーチを派遣して各国の野球発展に努めている。今回開催されたイベントがより世界中に広がり、将来的にはより多国籍のリーグになることだろう。リーグは既に将来を見据えている。

  • ウィータースがナショナルズ移籍へ

    2017.2.22 17:27 Wednesday

    エキシビションゲームがいよいよ始まる。初戦はダイヤモンドバックスがカルフォルニア州にあるアンテロープ・バレー大学と対戦し、開幕ロースター生き残りをかけてし烈が展開されていく。試合が目前に迫っている中、FAとなっていたマット・ウィータースがナショナルズに移籍すると報じられた。

    ウィータースは30歳の捕手で長い間、オリオールズの扇の要として活躍してきた選手。これまでにオールスター4回に選出され、ゴールドグラブ賞も2回獲得している実力者だ。また、守りだけではなく打撃もウリでシーズン20本塁打以上を3回記録しており、打てる捕手としてチームを支えた。昨年のシーズン通じての成績は打率.243 本塁打17 打点66だった。

    報道によると2年2100万ドルの契約で最初のシーズン終了後に契約を破棄できる
    オプトアウトが盛り込まれているという。ナショナルズはオフにウィルソン・ラモスを放出したことで正捕手となりうる選手を探していた。ウィータースはオリオールズで8年間ホームを守ってきた実績がある。

    ダスティン・ベイカー監督はウィータースの獲得に関して「彼はリーグを代表する捕手の1人だった」と実力を高評価している。

    無事に移籍が決まったウィータースは2014年にトミー・ジョン手術を受けたことがあり、過去2年間は復活を試みていた。昨年は124試合に出場して久々に正捕手の座についた。昨年は17本塁打と打撃が復活したのをみてベイカー監督はナショナルズ打線に
    活気を与えてくれると期待を寄せている。

    ウィータースの加入により、デレク・ノリスやホセ・ロバトン、ペデロ・セベリーノらと正捕手争いが過熱していく。果たして開幕戦で先発マスクを被っているのは誰なのか。

  • 次に300勝投手になるのは誰!?

    2017.2.22 17:13 Wednesday

    野球において記録は選手にとってステータスとなる。昨年はイチロー(マーリンズ)がメジャー通算3000本安打をはじめ、500盗塁や日米通算4300本安打など次々と金字塔を打ち立てていた。もちろん、彼が現役を続ければ続けるほどその記録は伸びていく。野手に限らず投手においても大きな記録に到達できるかどうかは選手次第となる。

    投手部門では「300勝クラブ」という通算300勝を記録した選手が入会できるクラブがあり、現在では24人が所属している。最後に入会したのはランディ・ジョンソンで彼は2009年に45歳で300勝に到達した。

    現在では先発ローテーションも確立し、なかなか300勝に到達する選手は現れなくなった。2000年以降ではジョンソンを含めてわずかに4人で大きな壁となっている。それでも現役を続けている選手の中で将来300勝を目指せる選手が何人かいる。

    〇クレイトン・カーショー(ドジャース)
    28歳にして126勝を挙げている。7年連続2桁勝利を記録しており、2011年と2014年にはシーズン21勝だった。300勝まで174勝を積み重ねる必要があるが、大きなケガもなく順調に進めば達成できる可能性が高い。

    〇フェリックス・フェルナンデス(マリナーズ)
    30歳で通算154勝。過去2桁勝利は10回を数えるチームのエースだ。300勝まであと146勝に迫っている。

    〇マディソン・バムガーナー(ジャイアンツ)
    現在27歳で昨年は通算100勝に到達した。6年連続2桁勝利を挙げており、今季もエースとしてチームをけん引する。300勝まで残り200勝だ。

    現在、300勝に最も近いのはバートロ・コローン(ブレーブス)の233勝、C.C.サバシアの223勝だ。しかしコローンは43歳であり、サバシアは36歳だ。現役を続けるかどうかは本人次第になるが300勝到達までは厳しいとされている。

    果たして次に300勝投手になるのは誰なのか。その誕生をファンは待ちわびている。

« Previous Page