English Español 韓国語
  • ナショナルズ・ストラスバーグが快投で今季14勝目

    2019.7.29 16:40 Monday

    【ドジャース4-11ナショナルズ】@ナショナルズ・パーク

     ナショナルズは、先発のスティーブン・ストラスバーグが7回100球を投げて被安打2、奪三振9、無四球、失点1という見事なピッチングを見せ、ドジャースに11対4で快勝。ストラスバーグは、両リーグ単独トップとなる今季14勝目(4敗)をマークした。5回表に1点を先制されたナショナルズだったが、その裏に3点を奪って逆転し、6回裏と8回裏にそれぞれ4点を追加。ドジャースの反撃を3点にとどめ、危なげなく逃げ切った。ストラスバーグはこれで日本時間6月22日のブレーブス戦から7先発連続の白星。一方、ドジャース先発のウォーカー・ビューラーは、6回途中8安打7失点(自責点4)と崩れ、今季2敗目(9勝)を喫した。

     5回表にマット・ビーティのタイムリー二塁打で先制を許したナショナルズは、その裏にブライアン・ドージャーの15号2ランとアンソニー・レンドンのタイムリーで3点を奪い、逆転に成功。6回裏には一死満塁からストラスバーグとレンドンのタイムリーなどで4点を追加し、8回裏にもレンドンの2点タイムリーとフアン・ソトの18号2ランで4点を追加した。8回表を2番手のワンダー・スエロが無失点に抑えたあと、9回表に3番手のマイケル・ブレイゼックがコリー・シーガーに9号3ランを浴びたものの、大勢に影響はなし。「3番・三塁」のレンドンは、3本のタイムリーを放ち、3安打3打点の大活躍でチームの勝利に大きく貢献した。

  • 前日逆転負けのレイズ 7点ビハインドから逆転勝利

    2019.7.29 14:20 Monday

    【レイズ10-9ブルージェイズ】@ロジャース・センター

     前日の試合で7点リードからの逆転負けを喫したレイズがブルージェイズに「リベンジ」を果たした。5回終了時点で1対8と7点のビハインドを背負ったレイズは、試合後半に打線が活性化。6回表に3点を返したあと、6回裏に1点を追加されたものの、7回表に2点、8回表に3点を返して9対9の同点に追い付き、9回表には一死満塁からジョーイ・ウェンドルのセカンドゴロの間に勝ち越しに成功した。このリードを5番手のオリバー・ドレイクと6番手のディエゴ・カスティーヨが守り抜き、前日の「リベンジ」を達成。4番手のチャズ・ローが今季初勝利、カスティーヨが今季8セーブ目をマークし、ブルージェイズ5番手のダニエル・ハドソンは今季3敗目(6勝)となった。

     ジャスティン・スモークの18号ソロ、ビリー・マッキニーの7号2ランなどでブルージェイズに試合の主導権を握られたレイズだったが、7点ビハインドの6回表にトラビス・ダーノウの2点タイムリー二塁打とネイト・ロウのタイムリーで3点を返して反撃を開始。5点ビハインドの7回表には崔志萬(チェ・ジマン)が10号2ランを放って3点差に詰め寄り、8回表には一死一塁からギジェルモ・エレディア(3号2ラン)とウィリー・アダメス(12号ソロ)の連続アーチで一気に同点とした。そして、9回表にはロウのヒットと2つの四球で一死満塁のチャンスを迎え、ウェンドルのセカンドゴロの間に三塁走者のオースティン・メドウズが勝ち越しのホームイン。この1点が決勝点となり、レイズが鮮やかな逆転勝利を収めた。

  • 3位フィリーズが首位ブレーブスに勝利 6.5ゲーム差

    2019.7.29 13:45 Monday

    【ブレーブス4-9フィリーズ】@シチズンズバンク・パーク

     ナ・リーグ東部地区で首位ブレーブスを追う3位フィリーズは、打線が4本塁打を含む12安打9得点と爆発し、9対4でブレーブスを撃破。トレード期限が7月末に迫るなか、首位とのゲーム差を6.5に縮めた。6回までブレーブス打線を無得点に封じた先発のアーロン・ノラは、7回表にエンダー・インシアーテ(4号3ラン)とヨハン・カマルゴ(4号ソロ)に連続アーチを浴びて4点を失ったものの、7回途中4失点の力投で今季9勝目(2敗)をマーク。一方、ブレーブス先発のケビン・ゴースマンは、フィリーズ打線に3本のアーチを浴び、6回6失点で今季6敗目(3勝)を喫した。

     初回にブライス・ハーパーの18号ソロで先制したフィリーズは、3回裏にアダム・ヘイズリーが3号ソロ、5回裏にJ.T.リアルミュートが14号グランドスラムを放ち、6点をリード。7回表に先発のノラが4点を失ったものの、直後の7回裏にはブレーブス救援陣を攻めてリーズ・ホスキンスの22号2ランとヘイズリーのタイムリーで3点を追加し、試合の行方を決定づけた。日本時間5月30日以降は22勝28敗となかなか波に乗れないフィリーズだが、ワイルドカード圏内からは1ゲーム差の位置につけている。トレード市場ではチームの弱点を補うことのできる選手の獲得を狙っており、今後もポストシーズン進出を諦めることなく、勝利を目指して戦い続ける。

  • 大谷の15号同点ソロも実らず エンゼルス3連敗

    2019.7.28 18:00 Sunday

    【オリオールズ8-7エンゼルス】@エンゼル・スタジアム

     エンゼルスは、2点ビハインドの1回裏にマイク・トラウトの34号2ランで同点とし、2回裏には2点を奪って勝ち越しに成功。逆転を許した直後の3回裏には大谷翔平がセンターへの15号ソロを放って5対5の同点に追い付いたものの、リリーフ陣が粘れず、7対8でオリオールズに敗れた。ポストシーズン進出に向けて波に乗りたいエンゼルスだが、勝率リーグワースト2位のオリオールズを相手に痛恨の3連敗。大谷は「3番・指名打者」で先発出場し、空振り三振、15号ソロ、レフトフライ、セカンドゴロ、申告敬遠で4打数1安打1打点だった(打率.293)。

     8対7でエンゼルスを破り3連勝となったオリオールズは、メジャー新記録を樹立した。3回表にペドロ・セベリーノが勝ち越しの10号ソロを放つと、6回表にはジョナサン・ビヤーが再び勝ち越しとなる13号ソロ。これでチームとしての1試合複数本塁打は10試合連続となり、メジャー新記録となった。とはいえ、オリオールズの今季のチーム本塁打数は134であり、これはリーグ12位に過ぎない。レナト・ヌニェスが25本塁打、トレイ・マンシーニが24本塁打を放って打線を牽引しているものの、その他はビヤーの13本塁打、ドワイト・スミスJr.の12本塁打、セベリーノの10本塁打が目立つ程度。「上位打線にも下位打線にもオールスターに複数回出場するような選手はいないんだけどね」とブランドン・ハイド監督は自嘲気味に話していた。

  • 主砲が5試合連発となる逆転弾 カージナルス単独首位

    2019.7.27 19:35 Saturday

    【アストロズ3-5カージナルス】@ブッシュ・スタジアム

     カージナルスは、2対2の同点で迎えた8回表に痛恨の押し出し四球でアストロズに勝ち越しを許したものの、直後の8回裏にポール・ゴールドシュミットが5試合連発となる23号3ランを放ち、逆転に成功。9回表をクローザーのカルロス・マルティネスが無失点に抑え、5対3で勝利して連勝を6に伸ばした。この日、ナ・リーグ中部地区同率首位のカブスと同3位のブリュワーズによる直接対決でカブスが敗れたため、カージナルスはカブスに1ゲーム差をつけて単独首位に浮上。オールスター後は12勝3敗、直近10試合は9勝1敗と勢いに乗っており、2015年以来4年ぶりのポストシーズン進出が現実味を帯びてきた。

     アストロズがホゼ・ウルキディ、カージナルスがジャック・フラハティの先発で始まった一戦は、4回表にマイケル・ブラントリーの16号2ランでアストロズが先制。カージナルスは、4回裏にコルテン・ウォンのタイムリーで1点を返し、7回裏にはマット・ウィータースがライトへの9号ソロを放って同点に追い付いた。8回表、カージナルスは3番手のジョン・ガントが二死満塁のピンチを招いて降板し、4番手のアンドリュー・ミラーがブラントリーに対して痛恨の押し出し四球。しかし、8回裏に無死二・三塁のチャンスを迎え、主砲ゴールドシュミットがセンターへの23号3ランを放ち、一気に試合をひっくり返した。ミラーは今季4勝目(4敗)、マルティネスは今季10セーブ目をマーク。逆転弾を浴びたアストロズ3番手のライアン・プレスリーが今季2敗目(2勝)となった。

  • オリオールズがエンゼルスに快勝 大谷は三塁打を放つ

    2019.7.27 18:55 Saturday

    【オリオールズ9-3エンゼルス】@エンゼル・スタジアム

     オリオールズは、2回表に大量6点を奪うなど、2回までに7点を先行。延長16回までもつれる熱戦となった前日とは打って変わって、危なげのない試合運びでエンゼルスを9対3で破った。オリオールズ先発のアッシャー・ウォジャハウスキーは、7回100球を投げて被安打3、奪三振6、与四球1、失点2という安定したピッチングを展開し、今季2勝目(3敗)をマーク。エンゼルス先発のニック・トロピアーノは、5回6安打7失点で今季初黒星(0勝)を喫した。また、エンゼルスの大谷翔平は、「3番・指名打者」で先発出場。ライトライナー、ライトへの三塁打、ショートゴロ、センターライナーで4打数1安打だった(打率.293)。

     初回にアンソニー・サンタンデールの犠牲フライで先制したオリオールズは、2回表に打線が繋がり、一死一・三塁からスティービー・ウィルカーソンのファーストゴロの間に1点を追加すると、二死満塁となってサンタンデールの2点タイムリーとレナト・ヌニェスの25号3ランで一挙6得点のビッグイニングに。5回裏にマット・サイスの2号2ランで2点を返されたものの、先発のウォジャハウスキーは7回3安打2失点の好投を見せた。5点リードで迎えた9回表には、トレイ・マンシーニの24号2ランでリードを広げ、その裏のエンゼルスの攻撃をジャスティン・アップトンの5号ソロによる1点のみに抑えて試合終了。サンタンデールは3安打3打点の活躍で、チームの勝利に貢献した。

  • ツインズが史上最速でシーズン200本塁打に到達!

    2019.7.27 18:05 Saturday

    【ツインズ6-2ホワイトソックス】@ギャランティード・レート・フィールド

     ツインズは、2回表にバイロン・バクストンの犠牲フライ、マックス・ケプラーの27号3ラン、ネルソン・クルーズのタイムリーで一挙5点を先制。ケプラーの一発は今季チーム通算200本目となり、史上最速となる103試合目でのシーズン200本塁打到達となった(従来の記録は2005年レンジャーズの122試合)。また、今季のツインズは、103試合で201本のアーチを架けており、これは1シーズン(162試合)に換算すると300本を超える驚異のペース。昨年ヤンキースが樹立したシーズン267本塁打のメジャー記録を更新するのは、ほぼ確実な情勢となっている。

     2回表に一挙5点を先制したツインズは、3回裏にアダム・エンゲルの2号2ランで2点を返されたものの、7回表にネルソン・クルーズの26号ソロで1点を追加。そのまま6対2でホワイトソックスを破った。ツインズ先発のマイケル・ピネイダは、7回96球を投げて被安打6、奪三振5、与四球1、失点2という安定したピッチングで今季7勝目(5敗)をマーク。2番手のルイス・ソープは8回からの2イニングを2安打無失点に抑え、試合を締めくくった。一方、敗れたホワイトソックスは、先発のディラン・シーズが5回7安打5失点で今季3敗目(1勝)。打線は8安打を放ったものの、得点圏で5打数ノーヒットに終わるなど思うように繋がらず、エンゲルの2号2ランによる2得点のみに終わった。

  • Rソックス・ベッツが3打席連続アーチ ヤンキース撃破

    2019.7.27 17:30 Saturday

    【ヤンキース5-10レッドソックス】@フェンウェイ・パーク

     レッドソックスは、リードオフマンのムーキー・ベッツが3打席連続アーチを含む4安打5打点の大暴れ。ベッツの活躍もあり、宿敵・ヤンキースを10対5で破った。ベッツは今回が通算5度目の1試合3本塁打となり、これはアレックス・ロドリゲス、マーク・マグワイア、カルロス・デルガードらと並んで史上3位タイの数字。あと1試合で歴代最多(ジョニー・マイズとサミー・ソーサの6試合)に並ぶ。また、メジャーリーグでは、日本時間7月24日にロビンソン・カノー(メッツ)、同25日にポール・デヨング(カージナルス)、同26日にネルソン・クルーズ(ツインズ)が1試合3本塁打を記録。4日連続での達成は史上初の快挙となった。

     ヤンキースがジェームス・パクストン、レッドソックスがアンドリュー・キャッシュナーの先発で始まった一戦は、初回にベッツの16号先頭打者アーチとJ.D.マルティネスの21号2ランでレッドソックスが3点を先制。3回裏にはベッツの17号ソロとマルティネスのタイムリー三塁打でリードを5点に広げ、4回裏にベッツが18号2ランを放って大量7点リードとなった。1点を返された直後の6回裏にはベッツとラファエル・デバースのタイムリー二塁打で2点を追加し、7回表に2点を返されるも、7回裏にはサム・トラビスのタイムリー二塁打で10点目。その後のヤンキースの反撃を2点にとどめ、10対5で勝利した。キャッシュナーは7回途中10安打3失点の粘投で今季10勝目(5敗)をマーク。パクストンは4本塁打を浴び、4回9安打7失点で今季6敗目(5勝)を喫した。

  • オリオールズ・ウィルカーソン 野手史上初のセーブ

    2019.7.26 18:10 Friday

    【オリオールズ10-8エンゼルス(延長16回)】@エンゼル・スタジアム

     オリオールズのスティービー・ウィルカーソンが、6時間19分に及ぶ長期戦を史上初の快挙で締めくくった。延長15回表にオリオールズが3点を勝ち越したあと、エンゼルスが3点を奪って追い付き、延長16回に突入した一戦は、オリオールズが延長16回表にジョナサン・ビヤーの12号2ランで勝ち越しに成功。その裏、投手を使い果たしたオリオールズは、「8番・中堅」で先発出場していたウィルカーソンを10番手としてマウンドに送り出した。ウィルカーソンは、ブライアン・グッドウィンをセンターフライ、コール・カルフーンをショートゴロ、アルバート・プーホルスをセンターフライに打ち取り、三者凡退の好投でセーブを記録。1969年にセーブが公式記録となって以降、野手がセーブを記録するのは史上初の珍事となった。

     オリオールズが8回表にドワイト・スミスJr.の犠牲フライとウィルカーソンのタイムリー二塁打で4対4の同点に追い付き、9回表にトレイ・マンシーニの23号ソロで勝ち越した一戦は、9回裏にグッドウィンの9号ソロでエンゼルスが同点とし、延長戦に突入。延長15回表にオリオールズがジェイス・ピーターソンとハンザー・アルベルトのタイムリーで3点を勝ち越すも、その裏、エンゼルスはデービッド・フレッチャーの押し出し四球とマイク・トラウトのタイムリー二塁打で同点とし、延長16回にもつれ込んだ。延長16回表、エンゼルスは前のイニングに3失点を喫したグリフィン・キャニングを続投させたが、ビラーの12号2ランでオリオールズが勝ち越し。その裏をウィルカーソンが三者凡退に抑え、10対8でオリオールズが延長16回の死闘を制した。

     なお、エンゼルスの大谷翔平は、定位置の「3番・指名打者」で先発出場。四球、死球、レフトライナー、レフトライナー、空振り三振、四球、レフトフライ、レフトフライで3度出塁し、今季8個目の盗塁を決めたが、5打数ノーヒットに終わり、今季の打率は.294となった。

  • 大砲クルーズが3本塁打 ツインズ5本塁打で大勝

    2019.7.26 13:30 Friday

    【ツインズ10-3ホワイトソックス】@ギャランティード・レート・フィールド

     ツインズは、通算385本塁打の大砲、ネルソン・クルーズが自身初の1試合3本塁打をマークするなど、打線が5本塁打を含む12安打10得点と爆発。先発のホゼ・ベリオスも好投し、10対3でホワイトソックスに大勝した。クルーズが23号ソロ、24号2ラン、25号2ランと3本のアーチを放ったツインズは、マックス・ケプラーが26号2ラン、ミゲル・サノーも17号2ランを放ち、1試合5本塁打以上は今季9度目。これは1977年のレッドソックスを上回るメジャー新記録となった。7回3失点(自責点2)の好投を見せたベリオスは今季9勝目(5敗)。ホワイトソックスは先発のルーカス・ジオリトが4本塁打を浴びるなど5回7失点と炎上し、今季5敗目(11勝)を喫した。

     初回にクルーズの23号ソロで先制したツインズは、2回裏にヨアン・モンカダの19号ソロで同点に追い付かれたものの、3回表にクルーズの24号2ランで勝ち越しに成功。5回表にはケプラーの26号2ランとクルーズの25号2ランでリードを6点に広げ、5回裏にレウリー・ガルシアのタイムリーで1点を返されるも、6回表にはサノーの17号2ランとホルヘ・ポランコのタイムリーで3点を追加し、ホワイトソックスを突き放した。6回裏にAJリードの犠牲フライで1点を返されたが、ベリオスは7回3失点と好投し、2番手のショーン・ポッペンが終盤2イニングを無失点に抑えて試合終了。ベリオスは日本時間6月7日以来の白星となった。

  • Rソックス大勝 ヤンキース・田中が12失点の大炎上

    2019.7.26 12:55 Friday

    【ヤンキース3-19レッドソックス】@フェンウェイ・パーク

     レッドソックスは、ヤンキース先発の田中将大に猛攻を浴びせ、初回に大量7点を先制。4回裏には5点を追加し、その後も得点を重ねて19対3で大勝した。レッドソックス先発のリック・ポーセロは、6回6安打3失点と先発の役割を果たし、今季9勝目(7敗)をマーク。田中は4回途中まで87球を投げ、被安打12、奪三振4、与四球3、失点12という大炎上で今季6敗目(7勝)を喫した(防御率4.79)。田中は、ロンドンで行われた日本時間6月30日のレッドソックス戦でも1回持たず6失点と炎上しており、5失点以上の登板は早くも今季7度目。登板ごとに好不調の波が激しい、不安定なシーズンとなっている。

     1回裏のレッドソックスは、無死一・二塁からザンダー・ボガーツの22号3ランで先制し、二死満塁からジャッキー・ブラッドリーJr.とムーキー・ベッツの連続二塁打で4点を追加。一挙7得点のビッグイニングとなった。2回表にヤンキースが2点を返したものの、4回裏にはラファエル・デバースの21号ソロ、マイケル・チャビスのタイムリー二塁打、ミッチ・モアランドの2点タイムリー二塁打で4点を追加し、田中をノックアウト。2番手のスティーブン・タープリーがクリスチャン・バスケスにタイムリー二塁打を許したため、田中には12失点が記録された。5回表にカイル・ヒガシオカの1号ソロでヤンキースが1点を返すも、レッドソックスは5回裏に3点、6回裏に1点を追加し、8回裏にはサンディ・レオンの4号2ランとボガーツの23号ソロでさらに3得点。ボガーツは2本塁打を含む4安打4打点の大活躍を見せ、チームの勝利に大きく貢献した。

  • カージナルスが4連戦スイープ 同率地区首位に浮上

    2019.7.26 12:35 Friday

    【カージナルス6-3パイレーツ】@PNCパーク

     カージナルスは、4番のポール・ゴールドシュミットが4試合連発となる22号ソロを放つなど、3本塁打などで6点を奪い、先発のマイルズ・マイコラスを援護。マイコラスは6回3失点と試合を作り、6対3でパイレーツを破って敵地での4連戦をスイープした。先発の役割を果たしたマイコラスは今季7勝目(10敗)をマーク。カージナルスはこれで5連勝となり、カブスと並んでナ・リーグ中部地区の同率首位に浮上した。一方のパイレーツは、本拠地で被スイープを喫して5連敗。先発のジョー・マスグローブは5回6失点(自責点5)で今季9敗目(7勝)となった。

     初回にホゼ・マルティネスのタイムリーとポール・デヨングの犠牲フライで2点を先制したカージナルスは、3回裏にブライアン・レイノルズの犠牲フライで1点を返されたものの、4回表にゴールドシュミットの22号ソロとコルテン・ウォンの8号ソロで2点を追加。5回表にもデクスター・ファウラーの11号2ランで2点を追加し、一発攻勢で試合の主導権を握った。6回裏にマイコラスがスターリング・マーテイのタイムリー二塁打などで2点を失い、3点差に迫られたが、7回以降はジョン・ガント、アンドリュー・ミラー、カルロス・マルティネスのリレーでパイレーツの反撃をシャットアウト。同率地区首位に浮上したカージナルスは、マット・カーペンター、ジェッド・ジョーコ、マーセル・オズーナといった主力打者が今後続々と戦列復帰する見込みであり、トレード市場では投手の補強を目指すことになりそうだ。

  • エンゼルスが今季の「フリーウェイ・シリーズ」に全勝

    2019.7.25 16:15 Thursday

    【エンゼルス3-2ドジャース】@ドジャー・スタジアム

     お互いの本拠地球場が1本の高速道路で結ばれていることから「フリーウェイ・シリーズ」と呼ばれるエンゼルスとドジャースの対戦は、日本時間7月25日の試合が今季最終戦となり、エンゼルスが3対2で勝利を収めた。エンゼルスは、今季ドジャースに対して4戦全勝となり、「フリーウェイ・シリーズ」の4試合をスイープ。「フリーウェイ・シリーズ」がスイープとなるのは、インターリーグ(交流戦)導入初年度の1997年にドジャースが4戦全勝を記録して以来であり、エンゼルスにとっては球団史上初の「フリーウェイ・シリーズ」のスイープとなった。エンゼルス先発のハイメ・バリアが5回1失点で今季4勝目(3敗)、6番手のハンセル・ロブレスが今季16セーブ目をマーク。ドジャース先発のロス・ストリップリングは5回2失点で今季4敗目(4勝)を喫した。

     初回にコール・カルフーンのタイムリー二塁打で先制したエンゼルスは、4回表にカルフーンの23号ソロで1点を追加。直後の4回裏にジャスティン・ターナーの14号ソロで1点を返されるが、6回表にはデービッド・フレッチャーのヒット&二盗と捕手オースティン・バーンズの悪送球で無死三塁のチャンスを迎え、マイク・トラウトの犠牲フライでリードを2点に広げた。その後、6回裏にコリー・シーガーのタイムリーで1点差に詰め寄られたが、7回裏を4番手のテイラー・コール、8回裏を5番手のキャム・ベドロージアン、9回裏を6番手のロブレスが無失点に抑えて逃げ切り。ベンチスタートとなったエンゼルスの大谷翔平は、8回表にコールの代打として登場し、ドジャース4番手のペドロ・バイエズから四球を選んだ(打率.300)。

  • グレゴリアスが連日の活躍 ヤンキース打ち合い制す

    2019.7.25 15:40 Thursday

    【ヤンキース10-7ツインズ】@ターゲット・フィールド

     ヤンキースは、14対12で大乱戦を制した前日に続き、15安打10得点の猛攻でツインズを撃破。2連勝で貯金は今季最多タイの31となった。2点ビハインドの2回表に4点を奪って逆転に成功したヤンキースは、3回表に2点、4回表に3点を追加し、4回表終了時点で6点をリード。その後、ツインズの反撃に遭い、2点差まで追い上げられたものの、9回表に1点を追加し、10対7で点の取り合いを制した。4回途中6失点で降板した先発のJ.A.ハップをリリーフし、3回1/3を3安打1失点に抑えた2番手のネスター・コルテスJr.が今季4勝目(0敗)、4番手のアロルディス・チャップマンが今季26セーブ目をマーク。ツインズは、先発のジェイク・オドリッジが4回10安打9失点と大炎上し、今季5敗目(11勝)を喫した。

     初回にエディ・ロサリオの22号2ランで先制を許したヤンキースは、2回表にディディ・グレゴリアスのタイムリー二塁打、マイク・トックマンの2点タイムリー三塁打、オースティン・ロマインの犠牲フライで4点を奪って逆転に成功。2回裏にジェイク・ケイブの犠牲フライで1点を返されるも、3回表にはアーロン・ヒックスの12号ソロとグレイバー・トーレスの20号ソロで2点を追加し、4回表にはヒックスのタイムリーとグレゴリアスの2点タイムリー三塁打でリードを6点に広げた。4回裏にマーウィン・ゴンザレスの12号2ランとミッチ・ガーバーの犠牲フライで3点、5回裏にネルソン・クルーズの22号ソロで1点を返され、2点差に詰め寄られたものの、9回表にはエドウィン・エンカーナシオンがダメ押しの30号ソロ。前日の試合で5打数5安打7打点の大暴れを見せたグレゴリアスは、この試合でも5打数3安打3打点の活躍でチームの勝利に貢献した。

  • ロイヤルズ・ケラーが快投 ブレーブス2連戦スイープ

    2019.7.25 15:00 Thursday

    【ロイヤルズ2-0ブレーブス】@サントラスト・パーク

     アトランタから45マイルほどしか離れていないジョージア州フラワリーブランチで生まれ、ブレーブスのファンとして育ったロイヤルズのブラッド・ケラーが、敵地サントラスト・パークでのブレーブス戦に先発。ナ・リーグ東部地区の首位を走る強豪を相手に7回4安打無失点の快投を見せ、今季7勝目(9敗)をマークした。ロイヤルズは、2回表にエラー絡みで2点を先制し、ケラーからジェイク・ディークマン、イアン・ケネディと繋ぐリレーでリードを守り、2対0で完封勝利。ケネディは今季19セーブ目をマークした。ブレーブスは走者を一度も得点圏に進められず、ほとんど無抵抗のまま完封負け。ブレーブス先発のフリオ・テーランは、6回4安打2失点(自責点0)と好投するも、今季7敗目(5勝)を喫した。

     2回表のロイヤルズは、先頭のホルヘ・ソレアーが四球を選んで出塁し、一死後にババ・スターリングが二塁打を放って二・三塁のチャンス。ここでニッキー・ロペスがサードゴロに倒れ、二死一・二塁となったものの、続くメイブリス・ビローリアの打球が一塁フレディ・フリーマンのタイムリーエラーを誘発し、1点を先制した。さらに、二死一・三塁からケラーがセンターへのタイムリーを放って2点目。自身のタイムリーで貴重な2点目を叩き出したケラーは、7回88球を投げて被安打4、奪三振3、与四球1、無失点という安定感抜群のピッチングでチームを勝利に導いた。勝率リーグ12位のロイヤルズだが、ナ・リーグ東部地区の首位を走るブレーブスとの2連戦をスイープ。後半戦は9勝3敗と好調を維持している。

  • インディアンス・ビーバーが快投 1安打完封で10勝目

    2019.7.25 14:35 Thursday

    【インディアンス4-0ブルージェイズ】@ロジャース・センター

     インディアンスは、先発のシェーン・ビーバーが6回までノーヒッターを継続する見事なピッチングを披露。7回裏先頭のエリック・ソガードに二塁打を浴び、快挙達成はならなかったものの、その後は再びブルージェイズ打線にヒットを許さず、102球で1安打完封勝利を成し遂げた。9回102球を投げ、被安打1、奪三振10、与四球1、無失点という素晴らしいピッチングを見せたビーバーは、2年連続の2ケタ勝利となる今季10勝目(3敗)をマーク。一方、ブルージェイズ先発のマーカス・ストローマンは、ビーバーに負けじと7回5安打1失点の好投を見せたが、打線の援護がなく、今季11敗目(6勝)を喫した。

     ビーバーが快投を続けるなか、ストローマンの前に4回まで無得点に封じられていたインディアンスは、5回表二死からグレッグ・アレンがヒットで出塁し、続くケビン・プラウェッキーのタイムリー二塁打で1点を先制。8回表には、2番手のダニエル・ハドソンからフランシスコ・リンドーアが二塁打&三盗で一死三塁のチャンスを作り、オスカー・メルカドの犠牲フライで貴重な追加点を手に入れた。さらに9回表には、3番手のウィルマー・フォントから一死二・三塁のチャンスを作り、ジョーダン・ループロウのピッチャーゴロとアレンのタイムリーで2点を追加してダメ押し。9回裏のビーバーは、ブランドン・ドルーリーをセンターライナー、ソガードをショートゴロ、そしてフレディ・ギャルビスを空振り三振に仕留め、自身の快投を締めくくった。

  • カージナルス打線爆発 1イニング9得点 デヨング3HR

    2019.7.25 14:20 Thursday

    【カージナルス14-8パイレーツ】@PNCパーク

     カージナルスは、2点ビハインドで迎えた2回表に、メジャータイ記録となる8本の長打(二塁打5本・本塁打3本)を放ち、一挙9点を奪って逆転に成功。ポール・デヨングが3本塁打を含む4安打5打点の大活躍を見せるなど、打線が爆発し、パイレーツを14対8で破った。カージナルス先発のアダム・ウェインライトは、5回4失点と不安定なピッチングながら打線の援護に恵まれ、今季7勝目(7敗)をマーク。一方、パイレーツ先発のジョーダン・ライルズは、2回途中8失点(自責点5)と炎上し、今季7敗目(5勝)を喫した。後半戦に入って好調のカージナルスは、これで4連勝。地区首位のカブスとの0.5ゲーム差をキープし、地区優勝争いでもワイルドカード争いでも2位につけている。

     遊撃ケビン・ニューマンのエラーからスタートしたカージナルスの2回表の攻撃は、デヨングの16号同点2ラン、コルテン・ウォンとジャイロ・ムニョスの連続二塁打、アンドリュー・キズナーの1号2ラン(メジャー初本塁打)であっという間に5得点。その後もデクスター・ファウラーのタイムリー二塁打、ポール・ゴールドシュミットの21号2ラン、デヨングとウォンの連続二塁打で4点を追加し、1イニング8長打&9得点というビッグイニングとなった。デヨングは、4回表に17号2ラン、8回表に18号ソロを放ち、球団史上12人目となる1試合3本塁打を記録。遊撃手として1試合3本塁打を記録するのは、1900年以降では球団史上初の快挙となった。

  • カブスが好調ジャイアンツを破る 地区首位をキープ

    2019.7.25 13:05 Thursday

    【カブス4-1ジャイアンツ】@オラクル・パーク

     カブスは、ハビアー・バイエズの25号ソロ、クリス・ブライアントの21号2ラン、アルバート・アルモーラJr.の10号ソロと3本のアーチが飛び出し、好調のジャイアンツに4対1で勝利。地区2位のカージナルスとの0.5ゲーム差をキープし、ナ・リーグ中部地区において首位の座を守った。先発のタイラー・チャットウッドが4回4安打1失点で降板したあと、2番手として登板して1回2/3を無失点に抑えたカイル・ライアンが今季3勝目(1敗)、6番手のクレイグ・キンブレルが今季7セーブ目をマーク。ジャイアンツは、先発のタイラー・ビーディが3本塁打を含む10安打を浴び、6回途中4失点で今季4敗目(3勝)を喫した。

     初回にバイエズの25号ソロで先制したカブスは、3回表にブライアントの21号2ランで3点をリード。先発のチャットウッドが3回裏に二死からヒットと四球で一・二塁のピンチを招き、スティーブン・ボートのタイムリーで1点を返されたものの、4回表にアルモーラJr.が10号ソロを放ち、再びリードを3点に広げた。チャットウッドが4回限りで降板したあとは、ライアン、ローワン・ウィック、ペドロ・ストロップ、ブランドン・キンツラー、キンブレルと5人のリリーバーが無失点リレーを展開し、3点のリードを守って4対1で逃げ切り。かつての正遊撃手アディソン・ラッセルがマイナー降格、右膝を痛めたブライアントが途中交代、主砲アンソニー・リゾーが退場、エース左腕のジョン・レスターが発熱により先発回避と誤算が続出したなか、カブスは好調のジャイアンツを相手に大きな1勝を手に入れた。

  • トレード濃厚のマリナーズ・リーク 7回3失点で9勝目

    2019.7.25 12:30 Thursday

    【レンジャーズ3-5マリナーズ】@T-モバイル・パーク

     7月末までにトレードで放出されることが確実視されているマリナーズのマイク・リークが、1安打完封勝利を達成した前回登板に続き、7回3失点の力投を見せ、今季9勝目(8敗)をマークした。味方打線が4点を先制した直後の6回表に、ルーグネッド・オドーアに18号3ランを浴びたリークだが、粘り強いピッチングを見せ、9安打を浴びながらも失点はこの3点だけ。8回表は2番手のアンソニー・バース、9回表には3番手のロエニス・エリアスが三者凡退に抑え、マリナーズは5対3で逃げ切った。一方、敗れたレンジャーズは、こちらも放出の可能性が取り沙汰されているエース左腕のマイク・マイナーが6回5失点(自責点4)で今季6敗目(8勝)。打線も得点圏で9打数1安打に終わるなど、好機を生かせなかった。

     4回まで両軍無得点で進行した一戦は、5回裏先頭のダニエル・ボーグルバックが24号ソロを放ち、マリナーズが先制。さらに、カイル・シーガーとJ.P.クロフォードにもタイムリーが出て、相手のエラーもあり、マリナーズはこの回一挙4点を先制した。直後の6回表にリークがオドーアに18号3ランを浴び、1点差に詰め寄られたものの、6回裏にはボーグルバックが2打席連発となる25号ソロ。その後、2点のリードをリークからバース、エリアスと繋ぐリレーで守り抜いた。7月に入って4先発で2勝1敗、防御率2.59と好調のリークは、トレード期限まで残り1週間ということもあり、今回がマリナーズでの最後の登板となる可能性もある。今後はトレード交渉の行方に注目が集まりそうだ。

  • マーテイ&ケリーの活躍でDバックス勝利 平野1回零封

    2019.7.25 12:00 Thursday

    【オリオールズ2-5ダイヤモンドバックス】@チェイス・フィールド

     ダイヤモンドバックスは、2番のケテル・マーテイが4打数2安打2打点、8番のカーソン・ケリーが3打数1安打3打点をマークし、2人でチームの全5得点を叩き出す活躍。5対2でオリオールズを破り、貯金を1とした。ダイヤモンドバックス先発のテイラー・クラークは、2本のソロ本塁打を浴びたものの、6回4安打2失点の好投で今季3勝目(3敗)をマーク。2番手の平野佳寿は、二死満塁のピンチを招きながらも無失点に抑えて今季10ホールド目、5番手のヨアン・ロペスは9回表無死一・二塁のピンチを凌ぎ、メジャー初セーブをマークした。一方、敗れたオリオールズは、先発のジョン・ミーンズが4回途中6安打3失点で今季8敗目(6勝)。打線もソロ本塁打2本による2点どまりだった。

     4回表にアンソニー・サンタンデールの8号ソロで先制を許したダイヤモンドバックスは、直後の4回裏に一死一・二塁のチャンスを迎え、ケリーが左中間への12号3ランを放って逆転に成功。6回表にトレイ・マンシーニの22号ソロで1点差に詰め寄られたが、その裏にマーテイが22号ソロを放ち、再び2点リードとした。続く7回裏には、二死二・三塁からティム・ロカストロの内野安打で二死満塁とチャンスを広げ、マーテイの押し出し四球で貴重な1点を追加。8回表を3番手のアーチー・ブラッドリーが無失点に抑え、9回表はクローザーのグレッグ・ホランドが連続四球で降板する誤算こそあったものの、ロペスが後続3人を打ち取り、3点のリードを守り抜いた。

« Previous PageNext Page »