English Español 韓国語
  • 田中が2死三塁のピンチを持ち前の投球で脱する

    2017.5.3 15:00 Wednesday


    4勝目をかけて臨んだブルージェイズ戦。田中は6回に2死三塁のピンチを迎える。ここで打席に立ったのはジャスティン・スモーク。フルカウントから投じられた球。果たしてその結果は!?

  • イチローのメジャー通算3000本安打を祝福

    2017.5.1 02:59 Monday


    昨年9月に行う予定だったメジャー通算3000本安打の記念式典を開催。「3000」と書かれたイチローを象徴する記念物も登場した

  • ダルビッシュの10奪三振を10秒まとめ

    2017.4.30 00:10 Sunday


    エンゼルス戦で先発登板したダルビッシュは2桁10奪三振を記録し、メジャー通算50勝まで残り1勝と迫った。トミー・ジョン手術を受けてもなお進化を続ける彼の投球に目が離せない。

  • 前田の力強い投球で勝利を挙げる

    2017.4.29 00:29 Saturday


    フィリーズ戦に先発した前田は7回を投げて5安打2失点と好投し、今季初のクオリティースタートを達成。チームも5対3と勝利して嬉しい勝ち星がついた。

  • 多くのファンが待ち焦がれたイチローの凱旋

    2017.4.28 00:01 Friday


    マリナーズを離れてから数年が経った今でもイチローはレジェンド選手の1人として讃えられている。このマーリンズ対マリナーズの一戦は本人はもちろん、多くのファンにとっても大きな感動を与えたことだろう

  • ホームラン攻勢で大勝のヤンキース 田中も3連勝

    2017.4.20 13:00 Thursday


    ヤンキースは初回から打線が奮起し、2番ヘドリーの3号2ランで先制。
    2回にも8番ロマインの適時打などで2点を加える。
    4回に1点を返されるが5回に2アウトから連打でランナーをためると、
    5番カストロが3号3ランを放つ。
    続く6番ジャッジにも5号ソロが飛び出し、リードを7点に広げ試合を決めた。
    先発の田中は初回から落ち着いた投球で低めを丁寧につき、2回の無死一・二塁のピンチも併殺で切り抜けた。
    4回にアブレイユに適時二塁打を浴び1点を失ったが、後続を抑え失点はこの1点のみ。
    7回98球を投げ6被安打1失点6奪三振の好投で3連勝。
    ホワイトソックスは先発のコビーが5回8失点と試合を作れなかった。

  • イチローがセーフコ・フィールドで感動的な一発

    2017.4.20 00:29 Thursday


    古巣・マリナーズの本拠地であるセーフコ・フィールドに帰ってきたイチローはこの試合の9回に迎えた打席で本塁打を放ち、多くのファンを感動の渦に巻き込んだ

  • 田中に待望の今季初勝利 チームも5連勝

    2017.4.15 13:00 Saturday


    初回、1死一塁から3番カーペンターに1号2ランを浴びいきなり2点を失う。
    しかしヤンキースもその裏、無死一塁から2番カストロの2号2ランで同点に追いつく。
    さらに2回には8番ロマインの1号ソロで勝ち越し、5回にも1点を加えリードを広げる。
    田中は2回以降は立ち直り、6回1/3を5安打3失点5奪三振と先発として最低限の働きをしてマウンドを中継ぎ陣に託す。
    7回以降はクリッパード、ベタンセス、チャップマンの鉄壁リリーフ陣がカージナルス打線を0点に抑えた。
    田中は3試合目にして嬉しい今季初勝利、チャップマンが3セーブ目をあげた。
    チームは5連勝で貯金を2とした。
    カージナルスは先発のワカが6回4失点で初黒星。
    打線も7回に1点差まで迫り、1死二・三塁の好機を作ったが、あと1本が出なかった。
    チームも今季初の連勝とはならず、勝率5割の壁に届かない日が続いている。

  • ヤンキースはリリーフ陣が崩れ痛い逆転負け 田中の初勝利はお預けに

    2017.4.8 13:00 Saturday


    試合が動いたのは2回、2死二・三塁から9番トレイエスの2点適時打で先制する。
    先発の田中は3回までオリオールズ打線を0点に抑えるが4回、先頭マチャドへの四球から2死二塁のピンチを招くと6番カスティーヨに適時打を打たれ失点してしまう。
    ヤンキースは5回にカストロの適時打などで2点を加えリードを広げる
    打線の援護に応えたい田中であったが直後の5回裏、無死一・二塁からマチャドの適時二塁打とトランボのゴロの間に2点を失い、5回を終えたところで救援陣に後を託した。
    6回から登板したウォーレンが7回に1死二塁とすると、すぐさま中継ぎエースのベタンセスに交代するが、まさかの3連打で2点を失い逆転を許してしまう。
    田中の今季初勝利はお預けとなり、チームも3連敗。
    さらに5回途中にキャッチャーのサンチェスがわき腹を痛め途中交代している。
    一方のオリオールズはこれで開幕から無傷の4連勝。
    マチャドが2試合連続で適時打を放つなど、中軸が好調を維持している。

  • アレナドが9回に勝ち越しホームラン

    2017.4.7 14:05 Friday


    ブリュワーズ戦の1対1の同点の場面で左中間スタンドに飛び込む一発が飛び出し勝ち越し

  • エース田中が大乱調でヤンキースは開幕黒星スタート

    2017.4.3 13:00 Monday


    初回、先頭のディカーソンに安打、2番キアマイナーに二塁打を打たれ、無死二・三塁のピンチを招くと、3番ロンゴリアの犠飛で先制点を奪われる。その後も制球の定まらない田中は満塁とし、6番モリソンに2点適時打を浴び、初回から3点を失う。
    すぐに味方の反撃があり立て直しをしたい田中だったが、2回もコントロールが定まらず、四球の走者を一塁に置いてロンゴリアに1号2ランを浴び再びリードを広げられてしまう。
    そして3回にはモリソンに1号ソロを浴び、2回途中でメジャー移籍後ワーストとなる7失点を喫し降板した。
    一方レイズ先発のアーチャーは2回にジャッジの適時二塁打などで2点を失うが、3回以降はヤンキース打線を寄せ付けず、7回2失点5奪三振の好投で開幕戦初勝利。
    最終回はピンチを招くがコロメが後続を抑え1セーブ目。
    田中は過去2年も開幕投手を務めたがいずれも勝利をあげることはできず、今年も残念な開幕となった。

  • サンチェスが特大のスリーラン

    2017.3.31 09:38 Friday

    フィリーズ戦の初回にレフト方向へ大きな一発を放ちヤンキースが9対0と大量リード

    フィリーズ戦の初回にレフト方向へ大きな一発を放ちヤンキースが9対0と大量リード

  • ゲラがブリュワーズの開幕投手

    2017.3.31 09:36 Friday

    チームの命運を握る開幕戦に向けて意気込みを語る

    チームの命運を握る開幕戦に向けて意気込みを語る

  • ロッキーズ対パドレスで蜂が出現

    2017.3.31 09:34 Friday

    試合中に大量の蜂が乱入して一時中断に

    試合中に大量の蜂が乱入して一時中断に

  • ダニエルGMがオドルに馬をプレゼントへ

    2017.3.31 09:31 Friday

    オドルとの長期契約を結んだレンジャーズは彼に馬をプレゼント

    オドルとの長期契約を結んだレンジャーズは彼に馬をプレゼント

  • ハーパーは攻守にわたってチームに貢献

    2017.3.31 09:28 Friday

    レッドソックス戦の初回にセンターへ適時打を放つとその裏の守備でも風に流された打球を捕球

    レッドソックス戦の初回にセンターへ適時打を放つとその裏の守備でも風に流された打球を捕球

  • コリンズ監督がファミリアの処分について言及

    2017.3.30 10:24 Thursday

    15試合の出場停止となったファミリアの穴を埋める選手の活躍を期待

    15試合の出場停止となったファミリアの穴を埋める選手の活躍を期待

  • パドレスのスプリングキャンプが終了

    2017.3.30 10:20 Thursday

    アンディ・グリーン監督が開幕ロースターについて言及

    アンディ・グリーン監督が開幕ロースターについて言及

  • バーディはマイナースタート

    2017.3.30 10:19 Thursday

    ホワイトソックストリプルAに降格を発表

    ホワイトソックストリプルAに降格を発表

  • 開幕戦を見据えるシンダーガード

    2017.3.30 10:16 Thursday

    開幕投手を任された彼は初戦で投げる準備は万端

    開幕投手を任された彼は初戦で投げる準備は万端

« Previous PageNext Page »