English Español 韓国語
  • レッズがリリーフ右腕・ヒューズを2年契約で獲得

    2017.12.27 11:00 Wednesday

     日本時間12月27日、レッズはブリュワーズからノンテンダーFAとなっていたジャレッド・ヒューズと2年契約を結んだことを発表した。ヒューズはこれまでにパイレーツで6年、ブリュワーズで1年プレイ。来季も引き続きナ・リーグ中部地区所属の球団でプレイすることになった。

     SBネーションが報じたところによると、ヒューズの年俸は2018年、2019年とも212万5000ドルであり、2020年の契約は年俸300万ドルの球団オプションまたは25万ドルのバイアウトとなっているようだ。よって、トータルで450万ドル(212万5000ドル+212万5000ドル+25万ドル)が保証される契約となっている。

     現在32歳のヒューズは2012年からの5シーズンのうち4シーズンで63試合以上に登板するなど、パイレーツではブルペンの一角として活躍したが、今季開幕直前に解雇。その後すぐにブリュワーズと契約し、今季は67試合に登板して5勝3敗1セーブ12ホールド、防御率3.02をマークした。今季の成績は決して悪くなく、通算防御率2.85を誇る安定したリリーバーだが、ブリュワーズは年俸の高騰を嫌ってヒューズをノンテンダーFAに。再契約を結ぶことも検討していたようだが、最終的にヒューズはレッズと契約することを選択した。

     今季のレッズは救援防御率がメジャーワースト4位の4.65に終わり、ライセル・イグレシアス、マイケル・ローレンゼン、ワンディ・ペラルタ以外に計算できるリリーバーを必要としていた。レッズは先発ローテーションも不安定でブルペンの投球イニング数が増加する傾向にあり(今季はメジャー2位の610イニング)、70試合前後の登板を期待できるヒューズの加入はブライアン・プライス監督にとって朗報となるに違いない。通算奪三振率5.78とリリーバーとしては極端に奪三振率が低いヒューズだが、通算ゴロ率は62.3%の高水準。本塁打が出やすく、打者有利と言われる本拠地グレートアメリカン・ボールパークにフィットする投手と言えるだろう。


     関連ニュース


     関連動画

      10月11日 2017年レッズ名場面集

  • ヤンキースがサバシアとの再契約を正式に発表

    2017.12.27 10:30 Wednesday

     ワールドシリーズまであと1勝届かず敗退したとき、CCサバシアは「やり残した仕事がある」と話していた。日本時間12月27日、ヤンキースはサバシアと1年1000万ドルで再契約を結んだことを正式に発表。やり残した仕事を遂行するために、37歳のベテラン左腕がヤンキースに戻ってきた。

     今季のサバシアは27試合に先発して14勝5敗、防御率3.69をマークした。投球イニングは148回2/3止まりであり、3年ぶりに規定投球回到達を逃したものの、14勝はルイス・セベリーノと並んでチーム最多の数字。チーム敗戦直後の10先発では9勝0敗、防御率1.71という素晴らしい成績を残して連敗ストッパーとしての役割を見事に果たし、ポストシーズンでの4先発でも防御率2.37と安定したピッチングを見せた。「今のヤンキースは若いチームだ。素晴らしいチームに成長すると思うよ。ヤンキースは俺のホームなんだ。このチームが成長していく様子を見届けたいんだよ」とリーグ優勝決定シリーズ敗退後に語っていたサバシアにとって、まさに希望通りの再契約となった。

     サバシアとの再契約により、ヤンキースの先発ローテーションの顔ぶれはセベリーノ、田中将大、ソニー・グレイ、サバシア、ジョーダン・モンゴメリーの5人でほぼ確定。アダム・ウォーレンやチャド・グリーンらも先発候補となるが、ヤンキースはより強固な先発ローテーションを形成するためにゲリット・コール(パイレーツ)、パトリック・コービン(ダイヤモンドバックス)、マイケル・フルマー(タイガース)らの獲得を狙っている。いずれにしてもサバシアには先発4~5番手として先発ローテーションを下支えする役割が期待されることになるだろう。

     エンゼルスやブルージェイズからの関心が報じられていたサバシアだが、代理人のカイル・サウザンドが「CC(サバシア)が考慮に入れるようなオファーもあったけど、最終的に彼はヤンキースでワールドシリーズに勝ちたいと思ったんだ。彼は(ヤンキースの)チームメイトやクラブハウスを愛しているし、ヤンキースが向かっている未来も気に入っている。ヤンキース・ファンのもとにもう一度ワールドシリーズ制覇を届けたがっているよ」と語ったように、あくまでも最優先はヤンキースとの再契約だった。通算250勝到達(あと13勝)も視野に入るヤンキース10年目のシーズン。ベテラン左腕の活躍に期待したい。


     関連ニュース

      12月26日 ヤンキースがコール&ハリソンのダブル獲得を狙う?

      12月23日 グレゴリウスの原点と自覚する自身の役割

      12月22日 ヤンキース パイレーツ・コールの獲得交渉が本格化か

      12月17日 サバシアが1年契約でヤンキースと再契約

      12月13日 ヤンキースがヘッドリー&ミッチェルをパドレスへ放出

      12月12日 ヤンキースがパイレーツのエース右腕の獲得に動く?

      12月12日 ヤンキースがスタントン獲得を正式発表 背番号は「27」

      12月10日 スタントンのヤンキース移籍が球団間で合意 ジャッジと共演へ

      12月5日 大谷争奪戦から脱落のヤンキース サバシアと再契約の可能性

      12月5日 ヤンキースがブーンの監督就任を正式に発表


     関連動画

  • パイレーツ・ハードル監督 ベルのさらなる成長に期待

    2017.12.26 18:30 Tuesday

     もうすぐ2017年が終わり、2018年を迎えようとしているが、パイレーツはいまだ来季の方針(優勝を狙うのか、2019年以降を見据えて動くのか)を決めかねている。しかし、どちらの道を選択するにしても、ジョシュ・ベルが重要な役割を担うことは間違いない。

     メジャー2年目を迎えた今季のベルは正一塁手として159試合に出場し、打率.255、26本塁打、90打点、OPS.800をマーク。ナ・リーグの新人王投票ではコディ・ベリンジャー(ドジャース)、ポール・デヨング(カージナルス)に次ぐ3位にランクインした。しかし、ベルは「20本塁打以上打てるなんて思っていなかった。でも、打率3割は残せると思っていたんだ。来年こそはやってみせるよ」と今季のパフォーマンスに満足した様子を見せない。むしろ、攻守両面でさらなるレベルアップを目指している。

     パイレーツの看板選手と言えばアンドリュー・マカッチェンだ。しかし、来季終了後にフリーエージェントとなるマカッチェンにはトレードの噂が絶えず、早ければ今オフ中にもチームを去る可能性がある。となれば、当然ながらベルにはマカッチェンに代わる看板選手へと成長することが期待される。打撃面での課題はより安定した成績を残すことだ。今季のベルは5月にOPS.680、9月にOPS.639と落ち込んだ以外は全ての月でOPS.815以上をマーク。この好不調の波を無くすことができれば、ワンランク上の打者へと成長できるはずだ。また、守備面ではスローイングの安定性を高めるために送球する際の腕の角度を調整することに取り組む予定だ。

     パイレーツには2007~2009年のアダム・ラローシュ以降、2年連続で開幕スタメンに名を連ねた一塁手がいない(2010年ジェフ・クレメント、2011年ライル・オーバーベイ、2012年ギャレット・ジョーンズ、2013年ギャビー・サンチェス、2014年トラビス・イシカワ、2015年ペドロ・アルバレス、2016年ジョン・ジェイソ、2017年ベル)。しかし、ベルの登場により来季以降、その心配は無用だろう。クリント・ハードル監督は「今までにたくさんの選手と出会ってきたけど、そのなかで最も興味深い選手の一人だよ。様々な視点で物事を見ることができ、それを自らの行動に反映できるんだ」とベルを高く評価する。ベルが自らの課題を着実に克服し、ピッツバーグを代表するスター選手となる日はそう遠くはなさそうだ。


     関連ニュース


     関連動画

  • 打撃力向上を目指す韋駄天・ハミルトン

    2017.12.26 17:30 Tuesday

     レッズのリードオフマン、ビリー・ハミルトンは4年連続で56盗塁以上をマークしているように球界屈指のスピードスターとして知られている。しかし、今季の出塁率は.299とリードオフマン失格の数字。ハミルトンは今オフの目標に打撃力アップを掲げている。

     今季のハミルトンは8月末までに55盗塁をマークし、盗塁王レースのトップを快走していた。ところが、9月上旬に左手親指を骨折。2週間ほどで戦列復帰を果たしたものの、盗塁数をほとんど伸ばすことができず、ディー・ゴードン(今季マーリンズ、現在マリナーズ)に抜かれて4年連続のリーグ2位に終わった。過去2シーズンに続いてまたしてもシーズン終盤の故障によってタイトルを逃す結果となってしまったが、過去2シーズンと違って今回は比較的軽傷。ハミルトンは打撃力アップという目標を掲げ、来季に向けてすでにトレーニングを開始している。

     「もし打席でもっとコンスタントに結果を残せるようになれば、僕のキャリアはより良いものになると思うんだ。もし僕が自分の仕事をしっかりできれば、僕たちは勝てるチームになれると思う。それは僕自身のキャリアにも好影響を与えるだろう」

     昨季は打率.260、出塁率.321と自己ベストの数字を残したハミルトンだが、今季は打率が.247、出塁率が.299へと悪化し、三振の数は93から133へと急増。出塁率が3割に満たないようではリードオフマン失格だった。特に右打席(対左投手)では打率.219、出塁率.241と大苦戦(左打席では打率.259、出塁率.322)。本来の打席である右打席での不振が大きく足を引っ張っていた。

     「右打席の調子が良い年は左打席で打てないし、左打席の調子が良い年は右打席で打てないんだ。両方の打席で同じようにしっかり打てるように努力しているところだよ。今オフの目標は両方の打席でしっかり打てるように準備することさ」

     ハミルトンの出塁率が1番打者の平均レベルまで上昇すれば、それだけジョーイ・ボットーら中軸が打点を稼ぐ機会が増加することになる。そうすれば自ずとチームが勝利するチャンスも増えるだろう。また、出塁率の上昇に伴って盗塁数も増加し、悲願の初タイトルに手が届くはずだ。打撃力アップに成功したハミルトンが他球団の大きな脅威となることは間違いないだけに、今オフのハミルトンの取り組みに期待したい。


     関連ニュース


     関連動画

      10月11日 2017年レッズ名場面集

  • ヤンキースがコール&ハリソンのダブル獲得を狙う?

    2017.12.26 16:30 Tuesday

     パイレーツのエース、ゲリット・コールの獲得に乗り出していることが報じられているヤンキースだが、複数の有望株を放出し、コールだけでなく二塁と三塁をこなせるジョシュ・ハリソンの獲得も目指しているようだ。二塁と三塁に不安を抱えるヤンキースがパイレーツとのトレードにより一気に戦力を整える可能性が出てきた。

     ヤンキースはジャンカルロ・スタントンの加入により外野が人員余剰気味となり、余剰戦力となった有望株のクリント・フレイジャーをメインピースとしてコールの獲得に動いていることが報じられていた。ところが、ニューヨーク・デイリー・ニュースのクリスティー・アカートとビル・マッデンによると、チャンス・アダムスとミゲル・アンドゥハーの有望株2人もトレードのパッケージに含まれる可能性があるという。アダムスは今季AA級とAAA級で合計15勝5敗、防御率2.45の好成績をマークしたトップ・プロスペクトであり、アカートとマッデンはフレイジャー、アダムス、アンドゥハーの3人全員がパッケージに含まれるのであれば、コールとハリソンを同時に獲得するトレードに発展する可能性が高いと伝えている。

     ヤンキースはスタントンとのトレードでスターリン・カストロをマーリンズへ放出しており、正二塁手が不在の状況。また、トッド・フレイジャーがフリーエージェントとなり、チェイス・ヘッドリーをパドレスへ放出したため、三塁も人材を欠いている。トップ・プロスペクトのグレイバー・トーレスを二塁または三塁に抜擢したとしてもまだ1枠空いている状況であり、二塁と三塁の両方をこなせるハリソンはヤンキースにベストフィットする人材であると言える。

     コールを先発投手補強のメインターゲットとしているヤンキースだが、パトリック・コービン(ダイヤモンドバックス)やマイケル・フルマー(タイガース)に触手を伸ばしているとの報道もある。しかし、コールはあと2年保有できるのに対してコービンはあと1年しか保有できず、あと5年保有できるフルマーの対価は極めて大きなものになることが予想されているという状況もあり、ヤンキースはコール獲得を最優先に考えているようだ。コールは2008年にヤンキースの1巡目指名を拒否して大学進学を選択しており、ヤンキースの「10年越しのコール獲得」が実現するのか注目だ。


     関連ニュース

      12月23日 グレゴリウスの原点と自覚する自身の役割

      12月22日 ヤンキース パイレーツ・コールの獲得交渉が本格化か

      12月17日 サバシアが1年契約でヤンキースと再契約

      12月13日 ヤンキースがヘッドリー&ミッチェルをパドレスへ放出

      12月12日 ヤンキースがパイレーツのエース右腕の獲得に動く?

      12月12日 ヤンキースがスタントン獲得を正式発表 背番号は「27」

      12月10日 スタントンのヤンキース移籍が球団間で合意 ジャッジと共演へ

      12月5日 大谷争奪戦から脱落のヤンキース サバシアと再契約の可能性

      12月5日 ヤンキースがブーンの監督就任を正式に発表


     関連動画

  • 将来の殿堂入り候補選手10人をピックアップ

    2017.12.26 15:30 Tuesday

     来年1月25日(現地時間)に殿堂入り投票の結果が発表され、新たな殿堂入り選手が明らかになる。ここでは現役選手のなかから殿堂入りの可能性がありそうな10人をピックアップし、殿堂入りの可能性を探ってみよう。ただし、イチロー、アルバート・プーホルス、ミゲル・カブレラといった殿堂入りを確実視されている選手は対象外となっている。

     まずはザック・グレインキー(ダイヤモンドバックス)。2016年の大不振により殿堂入りルートから外れたかのように思われたが、今季の好成績(17勝7敗、防御率3.20)により再び殿堂入り候補に浮上してきた。現在34歳で通算172勝。向こう5シーズンでどれだけの白星を上積みできるかがカギとなりそうだ。

     マックス・シャーザー(ナショナルズ)はペドロ・マルティネスのように全盛期の傑出度・支配力で勝負するタイプ。現在33勝で通算141勝ながら、ここ5シーズンはメジャーでもトップクラスの成績を残しており、サイ・ヤング賞をすでに3度受賞。200勝が最低ノルマであることはもちろんだが、全盛期をできるだけ長く維持することがカギとなるだろう。

     クレイグ・キンブレル(レッドソックス)はマリアーノ・リベラとトレバー・ホフマンの2人しか到達していない600セーブの大台が目標となる。ナ・リーグのセーブ記録保持者であるホフマンは早ければ今回の投票で殿堂入りを果たすことになりそうだが、2008年のグース・ゴセージを最後にフルタイムのリリーバーが殿堂入りを果たしていないように、リリーバーに対する評価はそれほど高くない。できるだけ長くクローザーの座に留まり、セーブを積み上げていきたいところだ。

     興味深いのはヤディアー・モリーナ(カージナルス)。打撃成績を見る限りでは殿堂入りにははるかに及ばない。しかし、モリーナにはゴールドグラブ賞8回という圧倒的な守備力がある。捕手でモリーナより受賞回数が多いのはジョニー・ベンチ(10回)だけだ。守備力が殿堂入りクラスであることに疑いの余地はなく、通算打撃成績をどれだけ伸ばせるかがポイントとなりそうだ。

     捕手ではバスター・ポージー(ジャイアンツ)も気になる存在だ。打撃力は歴代の捕手のなかでも上位に位置するポージーだが、故障リスクなどを考慮した関係で近年は捕手としての出場が減少傾向にある。捕手としてはトップクラスの打撃力も一塁手としては突出したレベルではなく、捕手としての出場機会をどれだけ確保できるかが殿堂入りの行方を左右することになるだろう。

     通算237勝をマークしているCCサバシア(ヤンキース)も殿堂入り候補の一人だ。2014年からの3シーズンで計18勝に終わったサバシアだが、今季は14勝5敗、防御率3.69の好成績をマーク。すでに37歳だが、250勝の大台突破が見えてきた。なるべく長く現役を続け、可能な限り300勝のラインに近付いていきたいところである。

     クリス・セール(レッドソックス)は全盛期が終わらないうちにサイ・ヤング賞を獲得しておかねばならない。奪三振王のタイトルを2度獲得しているセールだが、サイ・ヤング賞のみならず、最多勝や最優秀防御率のタイトルも獲得できていない。比較されることの多いランディ・ジョンソンは30代中盤以降に成績を伸ばしたが、セールが同じルートを辿る保証はないため、ピークを迎えつつある今のうちになるべく多くのタイトルやアウォードを手にしておきたいところだ。

     ジャンカルロ・スタントン(ヤンキース)は今季のパフォーマンス(打率.281、59本塁打、132打点)をあと数年維持できるのであれば、有力な殿堂入り候補と言える。ヤンキースとの契約はあと10年残っており、その10年間に平均43.3本塁打をマークすれば通算本塁打数は700の大台に到達する。今季のパフォーマンスを数年維持できるのであれば、十分に達成可能な数字だろう。

     ジャスティン・バーランダー(アストロズ)もグレインキーと同様に、ここからの踏ん張りが重要になる。現在34歳で通算188勝。故障でわずか5勝に終わった2015年から持ち直してここ2シーズンで31勝をマークしており、殿堂入りに向けてまずは250勝の大台が目標となるだろう。2018年は通算200勝、2020年には通算3000奪三振のマイルストーン到達が有力視される。

     そして最後はジョーイ・ボットー(レッズ)。通算出塁率.428は歴代8位という高水準だが、同じく抜群の選球眼を誇ったフランク・トーマスらと比較すると本塁打数や打点数に不満が残る。率系のスタッツは文句なしのレベルであり、一塁手としては本塁打、打点といった積み上げ系のスタッツをどれだけ伸ばすことができるかが殿堂入りのカギを握ることになりそうだ。

  • 44歳・イチローは来季もメジャーで現役続行を希望

    2017.12.26 15:00 Tuesday

     マーリンズに来季の契約オプションを破棄され、フリーエージェントとなっているイチロー。50歳まで現役を続けたい意向を明らかにしている安打製造機は、当然ながら来季もメジャーでプレイするつもりでいる。将来の殿堂入り選手にメジャー18年目となるプレイ機会を与える球団は現れるのだろうか。

     イチローは「ペットショップで売れ残っている大きな犬みたいな感じですよね。もちろん、来年も野球をやりたいですよ」とオファーを待ち続ける状況における自らの心境を口にした。通算3080安打を放っているイチローはすでに将来のアメリカ野球殿堂入りを確実視されており、有資格初年度での殿堂入りの可能性すら取り沙汰されるほど。しかし、イチローが殿堂入りを果たす日はもうしばらく訪れない可能性が高い。50歳までプレイし続ける希望を持っているからだ。

     今季のイチローは代打を中心に136試合に出場し、打率.255、3本塁打、20打点、OPS.649を記録。メジャー17年目にして自己最少の215打席に終わり、50本しかヒットを打てなかった。春先はなかなか調子が上がらず、5月末の時点で打率.176に低迷していたが、6月以降は打率.297、後半戦に限れば打率.299と3割近い打率をマーク。まだまだチームに貢献できることをしっかりアピールした。

     メジャー球団からオファーがなかった場合に日本球界へ復帰する可能性を問われたイチローは「可能性という言葉にはたくさんの使い方がある。ゼロでない限り、可能性はあるけど…」とその可能性を完全には否定しなかった。しかし、あくまでも最優先はメジャーでの現役続行であり、時間の許す限りオファーを待ち続けることになるだろう。

     今オフは例年以上に市場の動きが遅く、イチローのような控え選手の契約が決まるのはスプリング・トレーニングが始まるギリギリの時期になることが予想される。メジャー契約のオファーがなく、マイナー契約からのスタートを強いられる可能性もある。しかし、イチロー自身がメジャーでの現役続行を希望しているのと同様に、多くの野球ファンが来季もメジャーの舞台でイチローの雄姿を見たがっていることは間違いない。現役を続行する機会が与えられることを祈るばかりである。


     関連ニュース


     関連動画

  • 移籍希望のリアルミュート 理想の移籍先はどこだ!?

    2017.12.26 14:30 Tuesday

     ディー・ゴードン、ジャンカルロ・スタントン、マーセル・オズーナと主力選手を次々に放出しているマーリンズ。そんな状況のなかで、正捕手のJ.T.リアルミュートがトレードを要求したとの報道が出ている。実際にトレードされるかどうかはともかく、トレードされた場合にリアルミュートがフィットするであろう球団を探ってみよう。

     リアルミュートは正捕手3年目となった今季、自己最多の141試合に出場して打率.278、17本塁打、65打点、8盗塁、OPS.783の好成績をマークした。打率は昨季の.303から悪化してしまったものの、長打力が増し、17本塁打、65打点、OPS.783はいずれも自己ベスト。8盗塁をマークしたほか、昨季はゼロだった三塁打を5本放つなど、捕手らしからぬスピードも健在だった。盗塁阻止率も昨季に続いて30%台をキープし、昨季まで一度もなかった牽制刺も5度。攻守両面で成長を見せ、自己最高のシーズンを過ごした。

     今オフが年俸調停1年目となるリアルミュートは、来季年俸が420万ドル前後になると予想されており、マーリンズとしては放出を急ぐ理由はない。フリーエージェントになるまでには少なくともあと3年あり、走攻守のバランスが取れた好捕手を無理に放出する必要はないのだ。となると、おのずとマーリンズが要求する対価のクオリティは上昇する。リアルミュートを獲得するチームの条件としては①マーリンズが要求する上質なプロスペクトを抱えていること、②捕手の補強が必要であること、という2つが挙げられるだろう。

     この条件下でマーリンズ以外の29球団を見ていくと、まずナショナルズが浮上してくる。マット・ウィータースが期待外れのシーズンを過ごしたことにより捕手のパフォーマンスは低レベルであり、プロスペクトの層も決して薄くはない。少なくともあと3年保有できる好捕手を獲得できるのであれば、トップ・プロスペクトのビクトル・ロブレスの放出も検討に値するかもしれない。また、クリス・アイアネッタが流出したダイヤモンドバックスもリアルミュートがフィットするチームの一つである。ほかにもロッキーズ、ツインズ、ブリュワーズなどは有望株を抱えているうえに絶対的な正捕手が不在であり、リアルミュートがトレード市場に出てくるのであれば、間違いなく争奪戦に加わるはずだ。再建を進めるパドレスもオースティン・ヘッジスの育成を諦めてリアルミュートへシフトする可能性がある。

     マーリンズがリアルミュートのトレードを急ぐ必要はないため、実際に移籍が実現するかどうかはリアルミュートがどれだけ移籍にこだわるか次第だろう。現時点で確実なのは、リアルミュートがトレード市場に出た場合、数球団による熾烈な争奪戦が繰り広げられるであろうということだけだ。


     関連ニュース


     関連動画

  • ツインズがベテラン左腕・デュークと契約合意へ

    2017.12.26 12:30 Tuesday

     セントポール・パイオニア・プレスのマイク・ベラルディーノによると、ツインズはベテラン左腕のザック・デュークと契約合意に至ったようだ。年俸や契約期間などの詳細については現時点では明らかになっていない。ツインズにとってはフェルナンド・ロドニーに続くブルペン補強となった。

     昨年10月にトミー・ジョン手術を受けたデュークは故障者リストで今季の開幕を迎え、マイナーでのリハビリ登板を経て7月中旬に戦列復帰。そこから27試合に登板して18回1/3を投げ、1勝1敗6ホールド、防御率3.93、被打率.197をマークした。術後9ヶ月という異例のスピードでの戦列復帰となり、奪三振率は昨季の10.03から5.89へと大幅に低下したが、被打率.197、被OPS.647などは決して悪くない数字。BABIP.196とツキに恵まれた部分があったことは否めないが、トミー・ジョン手術からの復帰初年度としてはまずまずのピッチングだった。

     2005年にパイレーツでメジャーデビューを果たしたデュークは2010年まで先発投手として活躍し、2006年に10勝、2009年には自己最多の11勝をマーク。しかし、2010年オフにダイヤモンドバックスへトレードされると、その後はリリーフでの登板機会が急増し、2014年以降は完全にリリーフに専念する形となっている。2014年から2016年まで74試合、71試合、81試合に登板するなどタフさが売りのリリーフ左腕である。

     ツインズは今季途中にブランドン・キンツラーをナショナルズへ放出したほか、シーズン終了後にはマット・ベライルやグレン・パーキンスがフリーエージェントとなり、ブルペンにベテランが不在という状況になっていた。今季ホールド王のテイラー・ロジャースをはじめ、トレバー・ヒルデンバーガー、アラン・ブーズニッツなどイキの良い若手リリーバーはいるものの、そこにロドニーやデュークといったベテランを加え、ブルペンの安定を図る狙いがあると見られる。デュークが「左殺し」として機能すれば、ロジャースをセットアッパーに固定することができ、ブルペンに大きなプラスをもたらすことになるだろう。


     関連ニュース


     関連動画

  • 最近流行りの「xwOBA」とは何か?

    2017.12.26 12:00 Tuesday

     今季、メジャーリーグ関連記事のなかで頻繁に目にするようになった指標がある。「Expected weighted on-base average」、通称「xwOBA」がそれだ。この「xwOBA」とはいったい何なのか。ここでは「xwOBA」について簡単に勉強してみよう。

     「xwOBA」はStatcastによって計測される打球の初速度と発射角度をもとに算出される。打球ごとに「Hit Probability(安打になる確率)」が算出されるのと同様に、各打球には初速度と発射角度をもとに単打になる確率、二塁打になる確率、三塁打になる確率、本塁打になる確率が与えられている。また、四球、死球、単打、二塁打、三塁打、本塁打にはそれぞれ得点期待値が定められている。その得点期待値を実際の打撃結果とともに以下の公式に当てはめたものが「wOBA」と呼ばれる指標である。

     

    wOBA=(敬遠を除く四球×期待値+死球×期待値+単打×期待値+二塁打×期待値+三塁打×期待値+本塁打×期待値)/(打数+敬遠を除く四球+死球+犠飛)

     

     「wOBA」は実際の打撃結果をもとに算出されるが、その部分を打球の初速度と発射角度から予測される打撃結果に置き換えたものが「xwOBA」となる。通常の「wOBA」は実際の打撃結果を用いるため守備力などの影響を受けることになるが、「xwOBA」ではそれらの影響を排除できるというわけだ。しかも、通常の出塁率と同様の感覚で扱うことができる。また、「xwOBA」と「wOBA」の差に注目する場合もあり、「xwOBA-wOBA」が正の値であれば運が悪かった、負の値であれば運が良かったと大まかに把握することができる。

     たとえば、昨季の打率.294、37本塁打、OPS.876から今季は打率.259、33本塁打、OPS.782と大きく成績を落としたマニー・マチャド(オリオールズ)だが、「wOBA」が.374から.335へと大きく下落している一方、「xwOBA」は.372から.357とそれほど大きく下落しているわけではなく、ツキに恵まれなかった側面があることが読み取れる。昨季は「xwOBA-wOBA」がわずかにマイナス(-.002)であったのに対して今季はプラス(.022)に転じていることも不運さを裏付けている。

  • 2017年シーズン 祝祭日のベストパフォーマンスを振り返る

    2017.12.26 11:00 Tuesday

     アメリカには祝祭日が年間10日ある。そのうち、メジャーリーグのシーズン中にある祝祭日は4日だけ。ここではその4日に母の日、父の日、ハロウィンの3日を加えた合計7日について、2017年のベストパフォーマンスを振り返ってみよう。

     まずは母の日(現地時間5月14日)から。マックス・シャーザー(ナショナルズ)はこの日のフィリーズ戦に先発し、6イニングで9安打を浴びながら3失点と粘りのピッチング。5回表にはセザー・ヘルナンデス、オドゥベル・ヘレーラ、アーロン・アルテールを三者連続三球三振に抑え、「Immaculate inning(完璧なイニング)」を達成した。なお、今季メジャーリーグでは合計8度の「Immaculate inning」が達成されている。

     父の日(現地時間6月18日)にはノーラン・アレナード(ロッキーズ)が逆転サヨナラスリーランでサイクルヒットを達成するという離れ業を演じてみせた。1回裏の第1打席で三塁打、4回裏の第2打席で単打、6回裏の第3打席で二塁打を放ったアレナードは、7回裏の第4打席こそ空振り三振に倒れたものの、9回裏、2点差に迫った直後の第5打席、一死一、三塁の場面でマーク・マランソン(ジャイアンツ)の初球のフォーシームを捉え、レフトスタンドへ逆転サヨナラスリーランを叩き込んだのだった。

     メモリアル・デイ(戦没将兵追悼記念日:現地時間5月29日)のツインズ戦では今季限りで現役を引退したカルロス・ベルトラン(アストロズ)が8回表に放ったスリーランを含む4安打3打点の大活躍。アストロズはこの試合、7回終了時点で2対8と6点をリードされていたものの、8回表になんと一挙11得点。9回表にも3点を追加し、最終的には16対8で大勝した。

     現地時間7月4日の独立記念日に行われたレンジャーズ戦では、アンドリュー・ベニンテンディ(レッドソックス)が大暴れ。5回表にダルビッシュ有をノックアウトするスリーランを放つなど、2本塁打を含む5安打6打点の大活躍でチームを11対4の快勝に導いた。新人選手が5安打&2本塁打&6打点を記録したのは1987年のケビン・サイツァー(ロイヤルズ)に次いで史上2人目の快挙となった。

     レイバー・デイ(労働の日:現地時間9月4日)のドジャース戦ではJ.D.マルティネス(ダイヤモンドバックス)が史上18人目となる1試合4本塁打を記録。リッチ・ヒル、ペドロ・バイエズ、ジョシュ・フィールズ、ウィルマー・フォントの4投手からそれぞれ本塁打を放ち、7回表、8回表、9回表には3イニング連続本塁打をマークした。

     コロンブス・デイ(コロンブス記念日:現地時間10月9日)に行われたアストロズ対レッドソックスの地区シリーズ第4戦では、アストロズ打線がリック・ポーセロ、クリス・セール、クレイグ・キンブレルというレッドソックスの強力投手陣をことごとく攻略。9回表にベルトランがキンブレルから放ったタイムリー二塁打による1点が、最終的に勝敗を分けた。この勝利によってアストロズは地区シリーズを突破し、その後、頂点まで駆け上がっていくことになる。

     そして、ハロウィン(現地時間10月31日)に行われたドジャース対アストロズのワールドシリーズ第6戦では、ドジャース守護神のケンリー・ジャンセンが打者6人をパーフェクトに封じる好リリーフ。味方打線がジョク・ピーダーソンのソロ本塁打などで奪った2点のリードを守り抜き、ドジャースはワールドシリーズの対戦成績を3勝3敗のタイとしたのだった。

  • 「史上最高のDH」は殿堂入りできるのか 9度目の挑戦へ

    2017.12.25 18:30 Monday

     現在、メジャーリーグでそのシーズンにベストのパフォーマンスを見せた指名打者に贈られる賞は「エドガー・マルティネス賞」と呼ばれている。これはマリナーズ一筋で18年間活躍したエドガー・マルティネスの功績を称えて2004年に「最優秀指名打者賞」から改称されたものだ。その「史上最高のDH」が9度目の殿堂入りチャレンジを迎えている。

     まずは簡単にエドガーのキャリアを振り返ってみよう。1982年12月にマリナーズと契約し、1987年9月に三塁手としてメジャー昇格。メジャー4年目の1990年には正三塁手に定着し、打率.302、11本塁打、OPS.830をマークした。1992年には打率.343で首位打者に輝き、オールスター・ゲーム初選出、シルバースラッガー初受賞など充実のシーズンを過ごしたが、1993年と1994年は故障により長期離脱。これをきっかけに「史上最高のDH」へ向かうキャリアが始まった。1995年には打率.356で2度目の首位打者に輝き、ヤンキースとの地区シリーズでは球団史に残る「ザ・ダブル」を放つなど、打率.571の大暴れ。2000年には37歳ながら打率.324、37本塁打、145打点、OPS1.002の大活躍を見せ、最後の打撃タイトルとなる打点王を獲得した。

     通算成績は2247安打、514二塁打、309本塁打、打率.312、出塁率.418、長打率.515、OPS.933。首位打者2回、打点王1回、シルバースラッガー賞5回、オールスター・ゲーム選出7回という輝かしい実績を誇り、現役ラストイヤーの2004年にロベルト・クレメンテ賞を受賞したほか、今年8月には現役時代に一貫して背負った「11」が球団史上2人目の永久欠番となった(全球団共通のジャッキー・ロビンソンは除く)。

     通算8000打席以上の選手のうち、打率.310、出塁率.410、長打率.510を全てクリアしている選手はマルティネスを含めて11人しかいない。このうち、殿堂入りを果たしていないのは薬物問題により得票率が伸びないマニー・ラミレス(前回23.8%)と2019年から投票対象者となる予定のトッド・ヘルトンだけだ。全盛期をほぼDH専門で過ごし、守備での貢献がほとんどないエドガーの殿堂入りを否定する識者もいる。しかし、打撃の完成度が球史に残るレベルであったことは間違いなく、それが評価されていることは前回の得票率(58.6%)にも表れている。

     エドガーにとっては今回の投票が9度目の殿堂入りチャレンジ。現時点で明らかになっている103票のうち、エドガーは83票を集め、暫定の得票率は80.6%となっている(殿堂入りラインは得票率75%)。この水準を最後まで維持できるかどうかは不透明だが、指名打者を一つのポジションへと押し上げたエドガーの功績を認める投票者が増えているのは紛れもない事実。今回でなくとも、ラストチャレンジとなる次回の投票で殿堂入りを果たす確率は極めて高いと判断していいのではないだろうか。


     関連ニュース


     関連動画

  • ブリュワーズ・カウンセル監督「アルシアは始まったばかりだ」

    2017.12.25 17:30 Monday

     オーランド・アルシア(ブリュワーズ)はメジャー2年目となった今季、正遊撃手に定着し、特に打撃面では大きな成長を見せた。クレイグ・カウンセル監督は今季のアルシアの活躍を称えつつも、「まだ始まったばかりだ」とアルシアのさらなる成長に期待を寄せている。

     昨年8月にメジャーデビューを果たしたアルシアは、55試合に出場して打率.219、4本塁打、OPS.631に終わった。しかし、今季は正遊撃手として153試合に出場し、打率.277、15本塁打、OPS.731をマーク。OPSは昨季から100ポイントも上昇し、カウンセル監督は「アルシアはたぶん、自分自身には驚いていないと思うよ。むしろ、自身のプレイで他の人々を驚かせたんじゃないかな」とアルシアの活躍が期待以上のものであったことを認めた。さらに、「彼には攻撃面でさらなる成長の余地がたくさんある。彼自身もそう思っているんじゃないかな」と続けた。

     若手選手にはよくあることだが、アルシアの課題は打席でのアプローチである。今季は36四球しか選ばなかったのに対して100三振。全投球に対するスイングの割合は54%に達し、チームでは最高、両リーグの規定打席到達者のなかでも10位に位置する。ストライクゾーン外のボールに対するスイング率38.7%も両リーグ11位。ただし、「ストライクとボールの見極めは経験とともに上達していく。アルシアも年齢とともに成長していくと思うよ」とカウンセル監督は現時点では特に問題視していない。

     アルシアは「オフシーズンの間、しっかりトレーニングを積み、来季はさらに成長できるように努力するよ。野球というスポーツは常に完璧になるために努力しなければならない。全ての面において成長するために努力し続けることが大切なんだ」と語り、打撃面のみならず、長所である遊撃守備を含めた全ての面でレベルアップを目指している。「彼にはこなしていかなければならないステップがまだたくさんあると思う。彼はまだ23歳なんだ。まだ始まったばかりだよ。間違いなく、成長の余地がたくさんある」とカウンセル監督が期待を寄せるアルシアの2018年シーズンに注目したい。


     関連ニュース


     関連動画

  • 現役最年長選手・コローン 古巣とのマイナー契約に前向き

    2017.12.25 16:30 Monday

     現役最年長選手(44歳)のバートロ・コローンはまだプロ野球選手としてのキャリアに別れを告げるつもりはないようだ。ニューヨーク・ポストのマイク・プーマによると、コローンは古巣・メッツとのマイナー契約に前向きな姿勢を見せているという。

     今季のコローンは1年契約で加入したブレーブスで13試合に先発したものの、2勝8敗、防御率8.14という惨憺たる成績に終わり、7月上旬に解雇。3日後にツインズとマイナー契約を結び、オールスター・ブレイク明けにメジャー昇格を果たすと、2年ぶりの完投を記録するなど15先発で5勝6敗、防御率5.18とやや持ち直した。シーズントータルの成績は28先発で143回を投げ、7勝14敗、防御率6.48となっている(14敗と防御率6.48はともにキャリアワースト)。

     コローンは2014年からの3シーズンをメッツの一員として過ごし、15勝、14勝、15勝で計44勝をマーク。ノア・シンダーガード、ジェイコブ・デグロム、マット・ハービー、スティーブン・マッツといった若手投手が台頭してくるなか、経験豊富なベテラン右腕として存在感を発揮し、先発ローテーションを支えた。プーマによると、コローンはマイナー契約を受け入れるのはメッツからのオファーがあった場合のみであり、基本的にはメジャー契約での現役続行を模索しているようだ。

     今季終了後、コローンは「2017年が現役ラストイヤーになるのか」といった旨の質問を受けた際に、「俺はどこにも行かないよ」とグラウンドから去る考えがないことを明言。2014年に母・アドリアーナがこの世を去る前に「45歳まで現役を続けたい」と伝えたコローンは、母との約束を守るつもりでいるのだ。通算240勝の実績があるとはいえ、今季の防御率が6点台半ばの投手に先発ローテーションの座を確約する球団があるとは考えにくい。プーマによるとメッツはコローンとの契約にほとんど興味を持っておらず、コローンにとって母との約束を守るための現実的な選択肢は、メッツ以外の球団とマイナー契約を結び、45歳の誕生日を迎える来年5月24日(現地時間)以降に先発のマウンドに立つことを目指す道になりそうだ。


     関連ニュース


     関連動画

  • ニーシェックの悪ふざけでホスキンスのファンがパニックに?

    2017.12.25 15:30 Monday

     半年ぶりにフィリーズに戻ってきたパット・ニーシェックが背番号を巡るちょっとした悪ふざけ(?)でリーズ・ホスキンスのファンをパニックに陥れた。事の発端はニーシェックがホスキンスから背番号「17」を譲ってもらったとツイートしたことだ。

     日本時間12月16日、ニーシェックは「ホスキンス、背番号17を譲ってくれてありがとう。1ダース分のボールにサインをして来週あたりには渡すよ」とツイート。「17」はニーシェックが今季開幕から7月下旬にロッキーズへ放出されるまで背負っていた番号だ。その後、8月上旬にホスキンスがメジャーへ昇格した際、フィリーズは空き番号となっていた「17」をホスキンスへ与えた。ホスキンスは昇格後の50試合で18本塁打、OPS1.014をマークし、ファンのハートを鷲掴みにしたのだった。

     ホスキンスの鮮烈なデビューにより、背番号「17」のグッズを購入するファンが急増。しかし、ニーシェックのツイートにより、ホスキンスのユニフォームを購入したファンや、ホスキンスのグッズをプレゼントとして購入していたファンは突然パニックに陥った。「ホスキンスは背番号を変えたのか?」「新しい背番号は何番だ?」「古いユニフォームは新しいものと交換してもらえるのか?」「返金してもらえるのか?」「新しいユニフォームはクリスマスまでに届くのか?」「サンタクロースは今頃困っているよ!」

     しかし、事の発端となったツイートから22分後、ニーシェックはホスキンスが引き続き「17」を背負い、自分は別の背番号を選択することをツイートで明言。さらに40分後には「明日チームストアは問い合わせの電話で混乱するかもね」と続けた。実際にどれだけの問い合わせがあったのかは不明だが、ニーシェックの悪ふざけに振り回されたファンは少し気の毒だ。

     日本時間12月17日にはホスキンスが「昨夜、ニーシェックがTwitterで悪ふざけをしていたみたいだね」とツイートし、引き続き「17」を背負うことを明言。自身のファンを安堵させた。その後、ニーシェックは「41」を選ぶことをほのめかすツイートをしたが、これも冗談。「41」は新加入のカルロス・サンタナのもとへ渡り、ニーシェックはメジャーリーガーでは史上初となる「93」を着用することになった。


     関連ニュース


     関連動画

  • ツインズがナポリ獲得に興味を示す

    2017.12.25 14:30 Monday

     ツインズの地元紙、ミネソタ・スター・トリビューンによると、ツインズはマイク・ナポリの獲得に興味を示し、すでに代理人と接触したようだ。ツインズは昨オフもナポリがレンジャーズと契約する前に、ナポリ獲得を目指していたという経緯がある。

     10月末に36歳の誕生日を迎えたナポリは今季、2011~2012年、2015年途中~閉幕に続いて3度目のレンジャーズ在籍となった。一塁手兼指名打者として124試合に出場し、29本塁打を放った一方、打率.193、出塁率.285、OPS.713はいずれもキャリアワースト。四球率が下落し、三振率が上昇するなど、あらゆる面で衰えを感じさせるシーズンとなった。しかし、インディアンスでプレイした2016年には194三振を喫しながらも34本塁打、101打点、OPS.800をマークしており、もう一花咲かすことができる可能性も十分にある。

     ツインズは現時点でレギュラーの指名打者が不在という状況。現有戦力で賄うのであればエドゥアルド・エスコバー、ケニーズ・バルガス、ロビー・グロスマンらが相手投手との相性を考慮しながら日替わりで指名打者に入ることになるが、ナポリが加わるのであれば、正一塁手のジョー・マウアーとナポリを一塁&指名打者で使い分けることになるだろう。

     また、ツインズはナポリの長打力だけでなく、若手選手が多いチームにおいてその経験やリーダーシップにも期待しているようだ。ミゲル・サノー、ホルヘ・ポランコ、バイロン・バクストン、マックス・ケプラーはいずれも24歳、エディ・ロサリオは26歳と一部の主力選手を除いて20代中盤の若手選手がズラリと並ぶツインズ打線。そこにポストシーズンを8度経験し、レッドソックス時代の2013年にワールドシリーズ制覇も経験したナポリを加えることで、若手のさらなる成長を促す狙いがある。

     フリーエージェントの一塁手部門はすでに動き始めており、ナポリに残された選択肢はそれほど多くはない。ア・リーグ一筋で12年間プレイしていた男の新天地は、再びア・リーグ所属の球団になるかもしれない。


     関連ニュース


     関連動画

  • 遅くまでフリーエージェント市場に残りそうな6選手

    2017.12.25 12:30 Monday

     大物FA選手の契約に時間が掛かるのは決して珍しいことではないが、今オフのフリーエージェント市場は全体的にかなりのスローペースとなっている。MLB公式サイトではジム・デュケットが「遅くまで市場に残りそうなFA選手」を6人ピックアップしている。

     デュケットがピックアップしたのはJ.D.マルティネス、マイク・ムスターカス、ロレンゾ・ケイン、ジェイク・アリエタ、ウェイド・デービス、ルーカス・デューダの6選手。マルティネスとデューダ以外の4選手はいずれも元所属球団からクオリファイング・オファーを提示され、それを拒否している。

     マルティネスについてはオフシーズン当初からレッドソックスやジャイアンツが獲得候補に挙げられていたが、いまだ契約が決まっていない。レッドソックスはレギュラー9人の顔ぶれが固まっており、マルティネスの枠を空けるためにはレギュラー選手の放出が必要となる。一方のジャイアンツは来季の予想年俸総額がすでに1億8000万ドルを超えており、マルティネスを獲得すると間違いなくぜいたく税の対象となる上限金額を超えてしまう。このあたりがなかなかマルティネスの契約が決まらない要因になっていると思われる。

     ムスターカスとデービスはトレード市場の影響を受けている。ムスターカスと同じ三塁手ではマニー・マチャド(オリオールズ)やジョシュ・ドナルドソン(ブルージェイズ)がトレードされる可能性が消えておらず、フリーエージェント市場にはトッド・フレイジャーも残っている。デービスと同じクローザーではアレックス・コロメイ(レイズ)が放出される可能性が高まっており、コロメイを逃した球団がデービスやグレッグ・ホランドの獲得に動くという流れになりそうだ。

     ケインとアリエタは年齢による衰えを懸念されている可能性が高い。ケインのように身体能力を売りとする選手は年齢による衰えの影響を大きく受けることが多く、アリエタについてはすでに成績が下り坂となっている。デューダは他の一塁手が続々と契約先を決めており、一塁手の需要がなくなりつつあることが理由として挙げられている。

     これらの選手は希望する契約条件を手に入れることができるのか。あるいは価格が下がったところで意外なチームが獲得するのか。今オフのフリーエージェント市場にはまだまだドラマが待っていそうだ。

  • オリオールズ マチャドをキープする可能性が高まる

    2017.12.25 12:00 Monday

     マニー・マチャドの放出を検討していたオリオールズのもとに、満足のいくオファーは届かなかったようだ。USAトゥデイのボブ・ナイチンゲールによると、オリオールズはマチャドが来季もオリオールズの一員としてプレイする可能性が高いことを示唆している。

     ホワイトソックスやカージナルスが獲得に積極的な姿勢を見せていることが報じられていたマチャド争奪戦。マチャド獲得に動いた球団のうち、ホワイトソックスが最も魅力的なオファーを提示していると言われていたが、そのホワイトソックスのオファーでもオリオールズを満足させることはできず、オリオールズは「質のより高いオファーが提示されなければマチャドを放出する意思はない」ことを明言していた。

     MASNのロッチ・キューバトコのリポートによると、マチャド獲得を狙っていた球団の一つであるカブスは正遊撃手のアディソン・ラッセル、若手外野手のアルバート・アルモーラJr.、便利屋左腕のマイク・モンゴメリーを含めたパッケージを提示していたという。キューバトコが報じた内容を否定するソースもあり、事実かどうかは定かではないが、少なくとも2021年まで保有できる若手実力派遊撃手を筆頭とした即戦力3人を含むパッケージでもオリオールズが首を縦に振らなかったとなると、オリオールズはマチャドの価格を極めて高く設定していることになる。

     来季終了後にフリーエージェントとなるマチャドは契約延長交渉には応じず、フリーエージェント市場で自らの価値を試す可能性が高いと見られている。そのため、マチャドを獲得した球団は来季の1シーズンのみしかマチャドを使えないことになるが、その1シーズンに対してオリオールズが望むハイレベルなパッケージを提示する球団はやはり現れなかった。獲得オファーの質が低かったというよりは、オリオールズが交換要員を高望みしすぎたというのが実情ではないだろうか。なお、マチャドは来季終了後にフリーエージェント市場へ出た場合、ヤンキースやフィリーズなどが獲得に乗り出すことが予想されている。


     関連ニュース


     関連動画

  • メッツがラガレスへの獲得オファーを受付中?

    2017.12.25 11:30 Monday

     MLBネットワークのジョン・ヘイマンによると、メッツのもとにはフアン・ラガレスへの獲得オファーが届いているようだ。メッツの外野手は決して層が厚いとは言えないものの、故障続きで実力を発揮できずにいる好守の外野手がトレードされる可能性はゼロではなさそうだ。

     ラガレスはコンディションさえ万全ならばメジャーでもトップクラスの守備力を誇る外野手である。メジャーデビューを果たした2013年にセンターで守備防御点(DRS)+26をマークしてその名を轟かせると、翌2014年にもセンターでDRS+26をマークしてゴールドグラブ賞を初受賞。リーグ屈指の名手としての地位を確固たるものとした。しかし、自己最多の143試合に出場した2015年はDRS+2と数字を落とし、ここ2シーズンは+8、+15と回復傾向ながら故障続きで出場試合数は100に満たず。打撃面では2014年のOPS.703が自己最高と伸び悩みが続いており、存在感は徐々に薄れつつある。球団オプションを合わせると2020年まで比較的安価な契約が残っており、魅力的なオファーを提示してくる球団があるのならば、放出を検討するのも悪くはないだろう。

     しかし、現在のメッツは左肩の手術を受けたマイケル・コンフォートが来季開幕に間に合うか微妙な状況であり、レフトのヨエニス・セスペデス、ライトのブランドン・ニモと合わせてラガレスはレギュラー格。ラガレスの代わりとなる外野手を獲得できなければ、ラガレスの放出は現実的とは言えない。また、メッツは外野手よりも正二塁手不在の問題を解決する必要があり、ジェイソン・キプニス(インディアンス)やジョシュ・ハリソン(パイレーツ)の獲得に動いていることが取り沙汰されている。ラガレスの放出に動くとしても、正二塁手不在の問題を解決してからということになるだろう。

     存在感を失いつつあるラガレスだが、まだ28歳。故障なく健康にフルシーズンを過ごすことさえできれば、メジャー屈指の名手としてもう一度その名を轟かせることは可能なはずだ。来季はフルシーズン、素晴らしいセンター守備が見られることを期待したい。


     関連ニュース


     関連動画

  • 年末年始の主な移籍を振り返る 過去には名選手が移籍

    2017.12.25 11:00 Monday

     クリスマス・シーズン以降の休暇期間に入ると、移籍市場の勢いもクールダウンする。しかし、今オフは移籍市場の動きが遅く、年末年始の休暇期間に大物選手の移籍が決まる可能性もゼロではない。ここでは年末年始に大物選手が移籍した過去の例を振り返ってみよう。

     まずは殿堂入りの名選手、レジー・ジャクソンだ。メジャー20年目のシーズンを終えた40歳のジャクソンは1986年オフ、12年ぶりのアスレチックス復帰を果たした。現地時間12月24日に古巣と契約したジャクソンは「これ以上、クリスマス・プレゼントは必要ないよ。僕にはこれで十分だ」と大喜び。現役ラストイヤーとなった1987年、ジャクソンは115試合に出場して打率.220、15本塁打、43打点、OPS.699をマークし、21年間の現役生活に別れを告げた。

     続いては「世界の盗塁王」リッキー・ヘンダーソン。1995年オフにアスレチックスからフリーエージェントとなったヘンダーソンは、現地時間12月29日に2年400万ドルでパドレスと契約した。このときすでに37歳だったヘンダーソンは1996年、打率.241と不本意なシーズンを過ごし、翌1997年途中にエンゼルスへトレード。1998年に古巣・アスレチックスへ復帰してリーグ最多の66盗塁を記録すると、1999年にはメッツで40歳ながら打率.315、12本塁打、37盗塁、OPS.889の好成績をマークし、最終的には通算1406盗塁まで数字を伸ばした。

     2001年のワールドシリーズで劇的な一打を放ったルイス・ゴンザレスも年末に移籍した選手の一人だ。ダイヤモンドバックスは現地時間1998年12月28日にカリム・ガルシアとのトレードでタイガースからゴンザレスを獲得。それまでも好打の外野手として活躍していたゴンザレスだが、ダイヤモンドバックス移籍後はワンランク上の強打者へと成長。2001年には打率.325、57本塁打、142打点、OPS1.117という驚異的な打棒を発揮し、ワールドシリーズ第7戦ではバットを折りながらもマリアーノ・リベラ(ヤンキース)からサヨナラ打を放ってチームをワールドシリーズ制覇へと導いた。

     現役選手からはダニエル・マーフィー(ナショナルズ)をピックアップ。2015年のポストシーズンで驚異的な活躍を見せたマーフィーは同年オフにフリーエージェントとなり、現地時間12月24日に3年3750万ドルでナショナルズと契約した。2016年は打率.347、25本塁打、104打点、OPS.985、今季も打率.322、23本塁打、93打点、OPS.928と好成績をマークし、打率は2年連続でリーグ2位。ナショナルズにとって大バーゲンの契約となったことは間違いない。契約最終年となる来季もここ2シーズンと同様の活躍が期待される。

« Previous PageNext Page »