English Español 韓国語
  • ナ西頂上決戦3連戦 初戦はジャイアンツがサヨナラ勝ち

    2021.9.4 15:30 Saturday

    【ドジャース2-3xジャイアンツ】(延長11回タイブレーク)@オラクル・パーク

     85勝49敗でナ・リーグ西部地区の首位に並んでいるドジャースとジャイアンツの3連戦が今日からスタートした。今季の直接対決はここまで8勝ずつ、しかも直接対決での総得点も68点ずつ。全く互角の戦いを繰り広げてきた両チームの今季の直接対決は今回の3連戦を残すのみとなったが、その初戦は「頂上決戦」に相応しく延長タイブレークまでもつれる熱戦となり、最後はドジャースの守備の綻びによりジャイアンツがサヨナラ勝ちを収めた。

     ドジャースがブルペンデーで試合に臨むなか、ジャイアンツは3回裏にオースティン・スレイターのタイムリーで1点を先制。先発のアンソニー・ディスクラファーニが6回2安打無失点の好投を見せ、トニー・ワトソン、タイラー・ロジャースとつなぎ、9回表はクローザーのジェイク・マギーをマウンドに送り込んだ。

     ところが、マギーは一死2・3塁のピンチを招き、ウィル・スミスをセカンドゴロに打ち取ったものの、クリス・テイラーにタイムリーを浴びて2対2の同点。ジャイアンツが9回裏のチャンスを生かせず、試合は延長タイブレークに突入した。

     ジャイアンツは10回表にトレイ・ターナーの犠飛で勝ち越しを許したが、10回裏先頭のブランドン・クロフォードがタイムリーを放って3対3の同点。11回表無死1・3塁のピンチを無失点で切り抜け、最後は11回裏二死満塁からバスター・ポージーのセカンドゴロが二塁ターナーの悪送球を誘い、意外な形でサヨナラ勝ちを収めた。

     二塁ターナー(本来は遊撃手)の送球がわずかに浮き、一塁スミス(本来は捕手)の足がベースから離れてしまったことによるエラーでの決着。11人の投手をつぎ込んで必死の継投を見せたドジャースだったが、1ゲーム差の2位に後退した。

  • 大谷自己最多117球の熱投で9勝目 打撃は4打数0安打

    2021.9.4 14:00 Saturday

    【レンジャーズ2-3エンゼルス】@エンゼル・スタジアム

     エンゼルスは先発の大谷翔平が自己最多となる117球の熱投で7イニングを投げ抜き、被安打7、奪三振8、与四球2、失点2の好投を披露。1点のリードを2番手スティーブ・シーシェックと3番手ライセル・イグレシアスが守り抜き、3対2でレンジャーズを破った。この結果、大谷は今季9勝目(1敗、防御率2.97)をマーク。イグレシアスに今季30セーブ目が記録され、レンジャーズ2番手デニス・サンタナは今季4敗目(2勝)を喫した。

     大谷は打球が右手に当たるアクシデントがあったものの、続投して1回表二死1・2塁のピンチを脱出。2回表一死1塁からジェイソン・マーティンに6号同点2ランを浴びたものの、4回表一死2・3塁のピンチを無失点に切り抜けるなど、その後はレンジャーズ打線に得点を与えなかった。要所でギアを上げ、速球の球速が今季初登板以来となる100マイル超えを記録する場面も。7回2失点の好投で9勝目を挙げ、自身初となる2ケタ勝利に王手をかけた。

     一方、打撃では精彩を欠くパフォーマンスが続いており、今日も2番打者としてスタメン出場したが、セカンドゴロ、サードゴロ併殺打、ライトフライ、空振り三振で4打数ノーヒット。日本時間8月31日のヤンキース戦で42号ソロを放ったのを最後に11打数連続ノーヒットとなり、打率は.258、OPSは.970まで下がってしまった。直近8試合で放ったヒットはソロ本塁打2本だけ。その期間中、28打数2安打(打率.071)とスランプが続いている。

  • 「300」到達 ウェインライト14勝目、モリーナ満塁弾

    2021.9.4 13:00 Saturday

    【カージナルス15-4ブリュワーズ】@アメリカンファミリー・フィールド

     逆転でのワイルドカード獲得に向けて負けられない戦いが続くカージナルス。アダム・ウェインライトとヤディアー・モリーナの先発バッテリー通算300試合目(史上4組目)の一戦は、首位ブリュワーズとの3連戦の初戦となった。カージナルス打線が序盤から大量得点を奪うなか、ウェインライトは7回途中まで4安打2失点(自責点1)の好投を見せ、今季14勝目(7敗)をマーク。9回表にはモリーナが9号グランドスラムを放ち、「300」の大台到達となる記念の一戦に花を添えた。

     カージナルスは1回表にノーラン・アレナードの28号2ランで先制し、2回表にはウェインライトのタイムリーでモリーナが生還するなど2点を追加。3回表にはアレナードに29号ソロ、ハリソン・ベイダーに11号3ランが飛び出し、大量8点のリードを奪った。7回表にタイラー・オニールの22号2ランでリードを広げ、9回表にはモリーナの9号グランドスラムとエドムンド・ソーサの5号ソロでダメ押し。首位ブリュワーズに15対4で大勝した。

     カージナルスのレジェンド、ボブ・ギブソンの女房役を務めたティム・マッカーバーは先日、ウェインライトとモリーナの名バッテリーについて「彼らは個人としてもバッテリーとしても球史に残る偉大な2人だ。彼ら2人がともに成し遂げてきたことを観るのは非常に輝かしい。カージナルスにとって、カージナルスのファンにとって、そして彼ら2人にとって非常に意味のあることだと思う」と語り、名バッテリーが歩んできたキャリアを称えていた。

  • レッズ大敗 秋山翔吾16打数連続ノーヒットで打率.199

    2021.9.4 12:30 Saturday

    【タイガース15-5レッズ】@グレートアメリカン・ボールパーク

     ナ・リーグのワイルドカード争いで2位につけているレッズだが、先発のブラディミール・グティエレスが4回途中4安打4失点(自責点3)で降板するなど投手陣が18安打と打ち込まれ、タイガースに5対15で大敗。この試合が終了した時点で勝率のわずかな差でパドレスに抜かれ、ワイルドカード3位に転落した。大勝したタイガースは5本塁打を含む18安打15得点と打線が爆発。試合を通じて1度もレッズに主導権を渡さなかった。

     2回表にハロルド・カストロのタイムリー二塁打で2点を先制したタイガースは、3回表にジョナサン・スコープが19号ソロ、4回表にジャイマー・キャンデラリオが12号ソロを放ち、5回終了時点で4対3と1点をリード。6回表に打線がつながり、ダスティン・ガーノウの2号2ランなどで一挙6点を追加した。その後もガーノウの3号ソロやロビー・グロスマンの21号3ランで追加点を奪い、15対5で大勝。18安打と15得点はともに今季チーム2番目の記録となった。

     レッズの秋山翔吾は10点ビハインドの7回裏一死3塁の場面で投手の代打として登場したが、ファーストゴロに倒れて走者を還せず。9回裏一死1・2塁で迎えた第2打席ではサードへのファウルフライに倒れ、2打数0安打に終わった。日本時間8月16日のフィリーズ戦で2安打を放ったものの、それ以降は16打数連続ノーヒット。今季の打率は.199、OPSは.524まで下がってしまった。

  • 伏兵たちの活躍でカブス4連勝 筒香嘉智は代打で遊ゴロ

    2021.9.4 09:30 Saturday

    【パイレーツ5-6カブス】@リグリー・フィールド

     カブスは1番マイケル・ハーモシーヨが5打数3安打3打点、2番フランク・シュウィンデルが4打数3安打2打点の活躍を見せ、パイレーツに6対5で勝利。6回裏に飛び出したシュウィンデルの9号ソロが決勝点となり、連勝を4に伸ばした。パイレーツはアンソニー・アルフォードの2本塁打などで5点差を追いついたものの、同点にした直後に痛恨の被弾。エラーでサヨナラ負けした前日に続いて接戦を落とし、4連敗となった。

     7月末にトレードで主力選手を大量に放出したカブスを牽引しているのは無名の伏兵たちだ。4回裏の3号ソロを含む3安打3打点の活躍を見せたハーモシーヨは昨季までエンゼルスでプレーし、今季マイナー契約でカブスに加入した26歳の外野手。一方、6回裏の9号ソロを含む3安打2打点をマークしたシュウィンデルは7月にウエーバーでカブスに加入した29歳の一塁手で、8月はナ・リーグの月間最優秀新人に選ばれた。こうした無名の伏兵たちが予想以上の働きを見せ、現在のカブスの戦いを支えている。

     パイレーツの筒香嘉智は今日もベンチスタートとなり、1点を追う7回表無死走者なしの場面で投手の代打として登場。カブス2番手トレバー・メギルと対戦したが、カウント2-2からの5球目、外角低めへのナックルカーブを打ってショートゴロに倒れた。日本時間8月30日のカージナルス戦で逆転サヨナラ3ランを放ったあとは、4試合で10打数1安打と失速気味。今季の打率は.186、OPSは.629となった。

  • カブスがサヨナラ勝ち パイレーツ・筒香は代打で空三振

    2021.9.3 13:30 Friday

    【パイレーツ5-6xカブス】(延長11回タイブレーク)@リグリー・フィールド

     カブスは2点のリードを守れず、9回表に5対5の同点に追いつかれたが、11回裏に犠打と申告敬遠で一死1・3塁のチャンス。ここでイアン・ハップのポップフライを二塁ウィルマー・ディフォーが落球する間に三塁走者が生還し、サヨナラ勝ちを収めた。11回表を三者凡退に抑えたカブス7番手コディ・ホイヤーが今季6勝目(2敗)をマーク。パイレーツ6番手サム・ハワードには今季3敗目(2勝)が記録された。

     ナ・リーグ中部地区の下位に低迷するチーム同士の対戦となった一戦は、1回表にコリン・モランの8号3ランでパイレーツが先制。パイレーツ先発のミッチ・ケラーは6回6安打8奪三振0失点の好投を見せた。しかし、カブスは7回裏にパイレーツ2番手チャド・クールを攻め、ラファエル・オルテガの9号3ランとハップの18号2ランで逆転に成功。9回表にマイケル・ペレスの2点タイムリーで同点に追いつかれたものの、最後はラッキーな形でサヨナラ勝ちとなった。

     パイレーツの筒香嘉智は7回表一死走者なしの場面でケラーの代打として登場。カブス3番手スコット・エフロスと対戦したが、91.4マイルのシンカーにバットが空を切り、空振り三振に倒れた。パイレーツ移籍後、代打では打率10割、出塁率10割を継続していた筒香だが、「代打成功率100%」はついにストップ。パイレーツ移籍後の成績は打率.278、OPS1.158、今季の通算成績は打率.187、OPS.634となっている。

  • メッツが接戦制す 両軍初回初球先頭打者アーチの珍事も

    2021.9.3 12:00 Friday

    【マーリンズ3-4メッツ】@シティ・フィールド

     メッツは3対3の同点で迎えた7回裏にドミニク・スミスのタイムリーで勝ち越しに成功。この1点を4番手トレバー・メイと5番手エドウィン・ディアスが守り、4連勝で借金を1に減らした。両軍合計7失策と締まらない試合になったものの、そのなかで両軍のリリーフ陣がヒットを1本も許さない好投を披露。メッツ3番手ジューリス・ファミリアが今季9勝目(3敗)、ディアスが今季28セーブ目をマークし、マーリンズ先発のサンディ・アルカンタラに今季13敗目(8勝)が記録された。

     1回表にミゲル・ロハスの8号初球先頭打者アーチとヘスス・アギラーのタイムリーで2点を先制されたメッツは、1回裏にジョナサン・ビヤーが17号初球先頭打者アーチを放って1点差。4回裏無死2塁からフランシスコ・リンドーアのタイムリー二塁打で同点に追いつき、一死3塁からアルカンタラのボークで勝ち越しに成功した。6回表にルイス・ブリンソンの押し出し四球で同点に追いつかれたが、7回裏一死1・3塁のチャンスで代打スミスが勝ち越しタイムリー。この1点を守り抜き、連勝を4に伸ばした。

     なお、この試合では両軍の1番打者が初回に初球を打って先頭打者アーチを放つという珍しい出来事が起こった。ピッチカウント(投球数)の集計が開始された1988年以降、両軍の1番打者が初球先頭打者アーチを放つのは初めて。両軍のリードオフマンは「初回初球先頭打者アーチの打ち合い」という珍しい記録でメジャーリーグの歴史に名を残すことになった。

  • ジャイアンツ連敗ストップで同率首位 明日から直接対決

    2021.9.3 11:30 Friday

    【ブリュワーズ1-5ジャイアンツ】@オラクル・パーク

     ブリュワーズに3連敗を喫するなど、直近6試合で1勝5敗と失速し、ドジャースに地区首位の座を奪われてしまったジャイアンツだが、8月の月間最優秀救援投手に選ばれたブリュワーズのセットアッパー、デビン・ウィリアムスを攻略して5対1で勝利。4連戦の被スイープを回避して連敗を4でストップし、同率首位に浮上した。明日からはドジャースとの今季最後の直接対決となる3連戦がスタート。地区優勝の行方を大きく左右する重要な3試合となりそうだ。

     ブリュワーズがエリック・ラウアー、ジャイアンツがローガン・ウェブの先発で始まった一戦は、1回裏にオースティン・スレイターの10号先頭打者アーチでジャイアンツが先制するも、ブリュワーズは4回表に二死1・2塁のチャンスを迎え、ジェイス・ピーターソンが同点タイムリー。ラウアーが7回3安打4奪三振1失点、ウェブも7回4安打10奪三振1失点の好投を見せ、試合は1対1の同点のまま終盤に突入した。

     ジャイアンツは8回裏、ブリュワーズ2番手ウィリアムスに対し、二死走者なしから二者連続四球で1・2塁のチャンス。ここでダリン・ラフがタイムリー二塁打を放って均衡を破ると、次打者タイロ・エストラーダが4号3ランを放ち、一気に4点のリードを奪った。9回表はクローザーのジェイク・マギーを投入し、5対1で試合終了。ゲーブ・キャプラー監督は「我々にとって本当に必要な勝利だった。これで次のカード(=ドジャース3連戦)をいい形で迎えることができる」と勝利を喜んだ。

  • フィリーズが連日の逆転勝利で6連勝 ブレーブスを猛追

    2021.9.3 11:00 Friday

    【フィリーズ7-6ナショナルズ】@ナショナルズ・パーク

     フィリーズは5回までに6点を先行される苦しい展開となったものの、6回表に3点を返し、8回表には一挙4点を奪って逆転に成功。7対6でナショナルズを破り、連勝を6に伸ばした。フィリーズは前日の試合でも試合中盤以降の集中打で逆転勝利を収めており、7試合連続7得点以上と打線の好調ぶりが光っている。この試合が終了した時点で首位ブレーブスとのゲーム差は1.5に縮小。ブレーブスがロッキーズに敗れて4連敗となれば、1ゲーム差に急接近する。

     3回裏にレーン・トーマスの1号ソロとフアン・ソトの23号2ランで3点、5回裏にソトとジョシュ・ベルの連続タイムリーで再び3点を失い、6点を追う展開となったフィリーズだが、6回表に反撃を開始。2本のヒットとJ・T・リアルミュートの四球で一死満塁のチャンスを作り、アンドリュー・マカッチェンが走者一掃の3点タイムリー二塁打を放って3点差に詰め寄った。

     3点ビハインドで迎えた8回表は先頭のリアルミュートが二塁打でチャンスメイクし、マカッチェンのタイムリーで2点差。ここから一死満塁とチャンスを広げ、二塁ルイス・ガルシアのタイムリーエラーで二者が生還して同点、さらにオドゥベル・ヘレーラの内野ゴロの間に三塁走者が生還して一気にリードを奪った。

     8回裏はアーチー・ブラッドリー、9回裏はイアン・ケネディが無失点に抑えて1点差で逃げ切り。ちなみに、フィリーズが7試合連続7得点以上を記録するは1933年6月以来88年ぶりのことである(球団記録は1903年9月の8試合連続)。

  • Wソックス3連勝 筒香嘉智は二塁打1本で4打数1安打

    2021.9.2 12:30 Thursday

    【パイレーツ3-6ホワイトソックス】@ギャランティードレイト・フィールド

     ホワイトソックスは4回裏にギャビン・シーツの7号3ランで先制すると、2点リードで迎えた8回裏にもシーツがダメ押しの8号ソロ。「8番・DH」でスタメン出場した25歳の新人が4打点の活躍を見せ、チームを3連勝に導いた。ホワイトソックス先発のカルロス・ロドンは今季11勝目(5敗)、5番手リアム・ヘンドリックスは今季31セーブ目をマーク。パイレーツ先発のマックス・クラニックには今季3敗目(1勝)が記録された。

     シーツの一発で3点を先制したホワイトソックスは、5回表にコール・タッカーのタイムリーで1点を返されたが、5回裏にレウリー・ガルシアのタイムリー二塁打などで2点を追加。7回表にアンソニー・アルフォードの2号ソロ、8回表にジェイコブ・ストーリングスのタイムリーで1点ずつを返され、2点差に詰め寄られたが、8回裏先頭のシーツがダメ押しの一発を放ち、勝利を決定づけた。

     パイレーツの筒香嘉智は「6番・DH」でスタメンに名を連ね、2回表の第1打席でロドンからライトへの二塁打。しかし、その後の2打席はファーストゴロと空振り三振に倒れ、2点ビハインドの8回表二死1・2塁で迎えた第4打席はショートフライに打ち取られた。4打数1安打1三振で今季の打率は.188、OPS.638に上昇。パイレーツ移籍後の成績は15試合で打率.286(35打数10安打)、3二塁打、1三塁打、5本塁打、11打点、OPS1.190となっている。

  • ヤンキース連敗ストップ コール快投、大谷4打数0安打

    2021.9.2 11:00 Thursday

    【ヤンキース4-1エンゼルス】@エンゼル・スタジアム

     ヤンキースは13連勝のあと4連敗を喫していたが、先発のゲリット・コールが7回116球を投げて被安打4、奪三振15、与四球0、失点1という素晴らしいピッチングを披露。チームを勝利に導き、見事に連敗ストッパーとなった。好投したコールは今季14勝目(6敗)をマークして自身初のサイ・ヤング賞に一歩前進。ヤンキース3番手アロルディス・チャップマンが今季25セーブ目を記録し、エンゼルス先発のパッキー・ノートンは4回途中6安打3失点でメジャー初黒星(0勝)を喫した。

     カリフォルニア出身のコールはエンゼル・スタジアムから約15マイルほどのところで育ち、ファンとしてエンゼル・スタジアムに通っていた。その慣れ親しんだ球場で見事なピッチングを見せた。12個の三振を奪った登板は今季5度目となり、ヤンキースのシーズン球団記録を更新。また、シーズン9度の2ケタ奪三振は1998年のデービッド・コーンに並ぶ球団タイ記録となった。

     エンゼルスの大谷翔平は「2番・DH」でスタメン出場したが、コールの前に3打席連続空振り三振。9回裏の先頭打者として迎えた第4打席はチャップマンと対戦してセカンドフライに倒れ、4打数0安打3三振で今季の打率は.260、OPSは.978となった。8月は7盗塁を決める一方で打率.202、5本塁打、8打点と打撃不振に苦しんだ大谷だが、9月も好スタートを切ることはできなかった。

  • レッズ大勝で被スイープ回避 秋山翔吾は守備から途中出場

    2021.9.2 10:30 Thursday

    【カージナルス2-12レッズ】(ダブルヘッダー第2試合・7イニング制)@グレートアメリカン・ボールパーク

     レッズはダブルヘッダー第1試合に4対5で敗れ、3連戦の負け越しが決まっていたが、ダブルヘッダー第2試合では打線が3回までに11得点と大爆発。カージナルスに12対2で大勝し、3連戦の被スイープを回避した。ダブルヘッダーを1勝1敗で終え、ワイルドカード2位で並んでいたパドレスが敗れたため、パドレスに0.5ゲーム差をつけてワイルドカード単独2位に。また、カージナルスとのゲーム差は2.5で変わっていない。

     1回表にトミー・エドマンの10号先頭打者アーチで先制を許したレッズだっが、直後の1回裏にニック・カステヤーノスの25号2ランで逆転に成功。2回裏にはカステヤーノスの26号グランドスラム、カイル・ファーマーの13号2ラン、デライノ・デシールズのタイムリー二塁打で大量7点を追加した。さらに3回裏にはファーマーの犠飛とデシールズのタイムリーで2点を追加し、大量10点をリード。4回表にノーラン・アレナードの27号ソロで1点を返されたものの、5回裏にエウヘニオ・スアレスが24号ソロを放ち、ダメ押しした。

     レッズの秋山翔吾は6回表からカステヤーノスに代わって出場し、レフトの守備に就いた。打席は回って来ず、今季の打率は.201、OPSは.530で変わっていない。また、この試合ではカステヤーノスが先端の欠けたバットを使用してホームランを放ったため、カージナルスのマイク・シルト監督がルール確認のためにチャレンジを要求する珍しいシーンもあった。

  • Dバックスが快勝 ダルビッシュ3回途中6失点で9敗目

    2021.9.2 08:30 Thursday

    【パドレス3-8ダイヤモンドバックス】@チェイス・フィールド

     ダイヤモンドバックスはパドレス先発のダルビッシュ有を攻め、3回裏に一挙6点を先制。その後、2本のホームランで3点差まで追い上げられたものの、8回裏に2点を追加し、8対3で快勝した。ダイヤモンドバックス先発のルーク・ウィーバーは6回79球を投げて被安打4、奪三振3、与四球0、失点1という安定したピッチングで今季3勝目(3敗)をマーク。3回途中6失点(自責点5)で降板したダルビッシュには今季9敗目(7勝)が記録された。

     両軍無得点で迎えた3回裏、ダイヤモンドバックスは一死1塁からペイビン・スミスのタイムリー二塁打で先制。一死1・3塁とチャンスを広げ、ダルビッシュの暴投とジョシュ・バンミーターの5号2ランで3点を追加した。二死後、ジェイク・マカーシーが四球を選んで出塁し、メジャー初盗塁に成功。ここでニック・アーメッドにタイムリーが飛び出し、ウィーバーが三塁マニー・マチャドのエラーで出塁したところでダルビッシュはマウンドを降りた。さらに、2番手ナビル・クリスマットからジョシュ・ロハスがタイムリー。ダイヤモンドバックスは一挙6得点のビッグイニングとなった。

     6月末の時点で7勝2敗、防御率2.44の好成績を残していたダルビッシュだが、日本時間6月22日のドジャース戦を最後に白星から遠ざかり、これで自身7連敗。防御率はついに4点台(4.05)に突入してしまった。7月以降の9先発でクオリティ・スタートを達成したのはわずか1度だけ。9先発のうち7試合は4失点以上と苦しいピッチングが続いている。なお、2回2/3での降板は日本時間8月13日のダイヤモンドバックス戦と並ぶ今季最短タイだった。

  • ロッキーズが逆転勝利 復帰登板の有原は4回途中1失点

    2021.9.2 07:30 Thursday

    【ロッキーズ9-5レンジャーズ】@グローブライフ・フィールド

     ロッキーズは2回裏に一挙5点を失ったものの、4回表と5回表に2点ずつを返して1点差とし、9回表にはレンジャーズのミス連発(1イニング4失策)で5点を奪って逆転に成功。9対5で勝利し、敵地での3連戦の被スイープを回避した。ロッキーズ6番手ヨーリス・チャシーンが2回無失点の好リリーフで今季3勝目(1敗)をマーク。レンジャーズ7番手ジョー・バーロウは味方の拙守に足を引っ張られ、2/3回5失点(自責点2)で今季2敗目(0勝)を喫した。

     レンジャーズは有原航平が戦列復帰を果たし、日本時間5月9日のマリナーズ戦以来4ヶ月ぶりとなる先発登板。初回先頭から打者10人を連続でアウトにし、4回表一死からブレンダン・ロジャースに11号ソロを浴びたところで降板したものの、47球を投げて被安打1、奪三振3、与四球0、失点1という好投を見せた。2回裏に5点を先制したレンジャーズは1点リードで最終回に突入。ところが、9回表の守備でミスを連発し、有原の復帰戦を白星で飾ることはできなかった。

     9回表のロッキーズは一死から連続四球で1・2塁のチャンスを迎え、ロジャースの2点タイムリー二塁打で逆転に成功。チャーリー・ブラックモンが一塁ナサニエル・ロウのエラーで出塁して1・3塁となり、トレバー・ストーリーの打球で二塁封殺を狙った三塁チャーリー・カルバーソンの悪送球で二者が生還した。さらに二死3塁からライアン・マクマーンの打球を一塁ロウがファンブルした挙句、悪送球してレンジャーズは1イニング4失策。特に一塁ロウは1イニング3失策という失態を演じた。

  • 菊池7回無失点の好投も8勝目ならず トロが決勝満塁弾

    2021.9.1 14:30 Wednesday

    【アストロズ0-4マリナーズ】@T-モバイル・パーク

     マリナーズは先発の菊池雄星が7回95球を投げて被安打4、奪三振4、与四球2、失点0という好投を見せたものの、アストロズ投手陣を打ち崩せず、7回まで両軍無得点。しかし、8回裏にアストロズのセットアッパー、ケンドール・グレイブマンからエイブラハム・トロが10号グランドスラムを放ち、4対0でアストロズを破った。マリナーズ2番手ポール・シーウォルドが今季9勝目(3敗)をマーク。痛恨の一発を浴びたグレイブマンには今季初黒星(5勝)が記録された。

     7月末のトレードでグレイブマンを同地区ライバルのアストロズへ放出したマリナーズ。ブルペンのリーダー格となっていたグレイブマンの放出はチームに大きな衝撃をもたらした。しかし、今日の試合は両軍無得点で迎えた8回裏一死満塁の場面でグレイブマンとトロという交換相手同士の対戦となり、トロが試合を決める10号グランドスラム。マリナーズ加入後、正二塁手として期待以上の活躍を続けているトロだが、この一発で改めてマリナーズの同僚やファンのハートをガッチリと掴んだに違いない。

     マリナーズの菊池は直近9先発で1勝4敗、防御率6.75と不安定なピッチングが続いていたが、今日はアストロズの強力打線を相手に7回4安打無失点の好投を披露。得点圏に走者を背負っても落ち着いて後続を打ち取り、アストロズに得点を与えなかった。打線の援護に恵まれず、今季8勝目を挙げることはできなかったが、勝利投手に値する見事なピッチング。今季の防御率は4.12となった。

  • エンゼルスがヤンキースに連勝 大谷は本盗を含む2盗塁

    2021.9.1 14:00 Wednesday

    【ヤンキース4-6エンゼルス】@エンゼル・スタジアム

     エンゼルスは4回表に1点を先制されたものの、6対4で逆転勝利。前日に続いてヤンキースを破り、連勝を3に伸ばして借金を1に減らした。エンゼルス2番手ジミー・ハーゲットが1回2/3を無失点に抑える好リリーフで今季初勝利(1敗)、6番手ライセル・イグレシアスは9回表を三者凡退に抑えて今季29セーブ目を記録。ヤンキース先発のジェイムソン・タイオンは5回途中5安打6失点で今季5敗目(8勝)を喫した。

     ヤンキース(10安打)を下回る6安打に終わったエンゼルスだったが、そのうちの1本は4回裏に飛び出したジャレッド・ウォルシュの25号3ラン。2度のダブルスチールを含むチーム合計5盗塁でヤンキースのバッテリーを翻弄し、守備では5つの併殺を記録してヤンキースの反撃の芽を摘んだ。ヤンキースは13連勝を記録した直後に4連敗。13連勝からの4連敗は1982年のブレーブス以来39年ぶりの珍事となった。

     エンゼルスの大谷翔平は「2番・DH」でスタメン出場し、レフトフライ、四球、申告敬遠、ショートへのファウルフライで2打数0安打2四球。今季の打率は.262、OPSは.987となった。ただし、第2打席の四球のあと、一死1・2塁からデービッド・フレッチャーとのダブルスチールを成功させてウォルシュの逆転3ランを呼び込み、第3打席の申告敬遠のあとはフィル・ゴスリンが2点タイムリー。さらに二死1・3塁からゴスリンとのダブルスチールを成功させ、大谷は6点目のホームを踏んだ。これで今季22盗塁。「42本塁打以上かつ22盗塁以上」はア・リーグ史上4人目(7度目)の快挙である。

  • アブレイユ28号ソロで102打点 筒香4打数0安打2三振

    2021.9.1 12:30 Wednesday

    【パイレーツ2-4ホワイトソックス】@ギャランティードレイト・フィールド

     ホワイトソックスは先発のルーカス・ジオリトが5回表の途中に負傷降板したものの、5人のリリーバーが合計4回2/3を2安打無失点に抑える好投。パイレーツとの接戦を制し、4対2で勝利した。ホワイトソックス3番手マイケル・コペックが今季4勝目(2敗)、6番手リアム・ヘンドリックスが今季30セーブ目を記録。パイレーツ先発のブライス・ウィルソンは6回途中6安打4失点で今季6敗目(2勝)を喫した。

     2回裏にヤスマニ・グランダルの18号ソロで先制したホワイトソックスは、3回裏にホゼ・アブレイユが28号ソロを放ち、2点をリード。アブレイユはこの一発で両リーグ最多の打点数を102に伸ばした。5回表にジオリトの暴投とコリン・モランのタイムリーで同点に追いつかれたが、6回裏に無死満塁のチャンスを迎え、ブライアン・グッドウィンの押し出し四球とレウリー・ガルシアの犠飛で2点を勝ち越し。7回表アーロン・バマー、8回表クレイグ・キンブレル、9回表ヘンドリックスとつなぎ、このリードを守り抜いた。

     前の試合で逆転サヨナラ3ランを含む4打点の活躍を見せたパイレーツの筒香嘉智は「6番・一塁」でスタメンに名を連ねたが、見逃し三振、ライトフライ、見逃し三振、センターフライで4打数0安打2三振に終わった。パイレーツ移籍後の成績は14試合で打率.290、5本塁打、11打点、OPS1.246、今季の通算成績は52試合で打率.187、5本塁打、18打点、OPS.634となっている。

  • オリオールズが柳賢振攻略で逆転勝ち ゲレーロJr.は39号

    2021.9.1 11:30 Wednesday

    【オリオールズ4-2ブルージェイズ】@ロジャース・センター

     オリオールズはブルージェイズ先発の柳賢振(リュ・ヒョンジン)の前に6回表二死まで無安打に封じられていたが、ここからリュを攻略して3点を奪い、逆転に成功。最終的には4対2でブルージェイズを破り、連敗を4でストップした。オリオールズ先発のキーガン・エイキンは5回2安打1失点で今季2勝目(8敗)、4番手コール・スルサーが今季6セーブ目を記録。6回途中3安打3失点で降板したリュは今季8敗目(12勝)を喫し、ブルージェイズの連勝は3で止まった。

     3回裏にダニー・ジャンセンの6号ソロでブルージェイズに先制を許したオリオールズだったが、6回表二死からライアン・マウントキャッスルがチーム初安打となる二塁打を放ち、続くオースティン・ヘイズが同点タイムリー。1・2塁となったあと、ラモン・ウリアスがタイムリー二塁打を放ち、2点のリードを奪った。6回裏にブラディミール・ゲレーロJr.の39号ソロで1点差に詰め寄られたが、7回表にジャーマイ・ジョーンズがタイムリーを放ち、再び2点差。このリードを継投で守り抜いた。

     前日の試合で37号、38号を連発して4打点の活躍を見せたゲレーロJr.は、今日も39号ソロを放ち、6月下旬に3試合連続アーチを記録したとき以来の2試合連発。この時点で本塁打王争いトップの大谷翔平(エンゼルス)との差を3本に縮めた。今季の成績は打率.313、39本塁打、96打点、OPS1.008となり、4部門すべてでリーグトップ3以内にランクイン(OPSはリーグトップ)。2012年のミゲル・カブレラ以来9年ぶりとなる三冠王の可能性は、まだ十分に残されている。

  • エンゼルスがヤンキース撃破 大谷は元同僚から42号ソロ

    2021.8.31 14:00 Tuesday

    【ヤンキース7-8エンゼルス】@エンゼル・スタジアム

     エンゼルスは8番ジャック・メイフィールドが9号グランドスラムを放って4打点、9番フアン・ラガレスが2本のタイムリーを含む3安打2打点と下位打線が活躍し、ヤンキースとの熱戦を制して8対7で勝利。2連勝で借金を2に減らした。先制しながらも逆転を許したヤンキースは、2度にわたって同点に追いついたものの、リリーフ陣が踏ん張れず、競り負け。13連勝の直後に3連敗を喫し、首位レイズとのゲーム差は7に広がった。

     初回に2点を先制されたエンゼルスだったが、4回裏にヤンキース先発のコリー・クルーバーを捕まえ、ジョー・アデルのタイムリーとメイフィールドの満塁弾で一挙5点を奪って逆転に成功。5回表に3本のタイムリーで同点に追いつかれたものの、5回裏に大谷翔平が42号勝ち越しソロ、6回裏にラガレスがタイムリー三塁打を放ち、2点のリードを奪った。7回表にジャンカルロ・スタントンの25号2ランで再び同点とされたが、8回裏にラガレスが勝ち越しタイムリー。この1点をクローザーのライセル・イグレシアスが守り抜いた。

     エンゼルスの大谷は「2番・DH」でスタメン出場し、5対5の同点に追いつかれた直後、5回裏の第3打席で元同僚のアンドリュー・ヒーニーと対戦。カウント1-1からの3球目、甘く入ったカーブを逃さず仕留め、ライトへの42号勝ち越しソロを放った。その他の3打席はいずれも見逃し三振に倒れ、4打数1安打1打点3三振。今季の打率は.264、OPSは.988となり、本塁打王争いで2位につけるサルバドール・ペレス(ロイヤルズ)とブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)との差を4本に広げた。

  • ブルージェイズ3連勝 ゲレーロJr.2本塁打4打点の活躍

    2021.8.31 11:30 Tuesday

    【オリオールズ3-7ブルージェイズ】@T-モバイル・パーク

     ブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)の豪打が戻ってきた。8月に入ってわずか3本塁打、直近9試合は本塁打なしと停滞していたゲレーロJr.だが、4回裏に同点の37号ソロを放つと、2点リードで迎えた7回裏には勝利を決定づける38号3ラン。2本塁打4打点の活躍でチームを3連勝に導いた。3ヶ月以上ぶりに1.000を下回っていたOPSも再び1.006へ上昇。シーズン最後の1ヶ月を前に、いよいよ本格復調となるかもしれない。

     22歳以下の打者が9月を迎える前に38本塁打を放つのは、1953年のエディ・マシューズ、1970年のジョニー・ベンチに次ぐメジャー史上3人目の快挙。8月に急失速したとはいえ、ゲレーロJr.は歴史的なペースでアーチを量産しているのだ。打率と本塁打はリーグ2位、打点はリーグ3位と依然として2012年のミゲル・カブレラ以来となる三冠王を狙える位置をキープ。今日の2本塁打をきっかけに、本調子を取り戻すことができれば、カブレラ以来の快挙達成も夢ではない。

     ブルージェイズはサイ・ヤング賞候補の1人であるロビー・レイが7回4安打10奪三振2失点の好投で今季10勝目(5敗)をマーク。通算1000投球回に到達した時点で1241奪三振を記録し、ダルビッシュ有が持つメジャー記録(1222奪三振)を塗り替えた。投打が噛み合ったブルージェイズは7対3でオリオールズを破って3連勝。ワイルドカード2位のレッドソックスとのゲーム差は4.5に縮まっており、残り32試合で大逆転を目指す。

« Previous PageNext Page »